診療科・部門ご案内

診療科 - 脳神経内科 -

診療科 - 脳神経内科 -

堺市立総合医療センタートップページ > 診療科・部門ご案内 > 診療科 > 脳神経内科

読み上げる

脳神経内科

脳神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。
体を動かしたり、感じたりする事や、考えたり覚えたりすることが上手にできなくなったときにこのような病気を疑います。
症状としてはしびれやめまい、うまく力がはいらない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、ひきつけ、むせ、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、頭痛、かってに手足や体が動いてしまう、物忘れ、意識障害など沢山あります。
まず、全身をみることが出来る脳神経内科でどこの病気であるかを見極めることが大切です。
その上で骨や関節の病気がしびれや麻痺の原因なら整形外科に、手術などが必要なときは脳神経外科に、精神的なものは精神科や心療内科にご紹介します。
このようにいろいろな科が関係することもありますが、まずは全身をみることができる脳神経内科にかかっていただき、必要であれば他の科に紹介させていただきます。

このページの目次

担当医師・スタッフ

 
小林 潤也(こばやし じゅんや)
職名 脳神経内科部長
大学
(卒業年)
大阪大学(平成10年)
専門 脳卒中
脳血管内治療
認定資格 日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医・指導医
日本脳神経血管内治療学会専門医
藪本 大紀(やぶもと たいき)
職名 脳神経内科副医長
梶山 裕太(かじやま ゆうた)
職名 脳神経内科副医長
大阪大学招へい教員(神経内科学)
大学
(卒業年)
大阪大学(平成22年)
専門 脳神経内科全般
パーキンソン病
認定資格 内科認定医
神経内科専門医
難病指定医
学会 日本内科学会
日本神経学会
脳卒中学会
日本リハビリテーション学会
日本臨床神経生理学会
江左 佳樹(えさ よしき)
職名 脳神経内科医員
大学
(卒業年)
近畿大学(平成28年)
専門 神経救急
脳卒中・脳血管障害
脳血管内治療
学会 日本神経学会
日本脳卒中学会
日本脳神経血管内治療学会
宮下 典子(みやした のりこ)
職名 外来応援医
藤村 晴俊(ふじむら はるとし)
職名 難病センター センター長
大学
(卒業年)
京都府立医科大学(昭和55年)
専門 神経内科
神経病理
認定資格 神経内科認定医
指導医
神経病理指導医
内科専門医
学会 神経学会
神経病理学会
内科学会
階堂 三砂子(かいどう みさこ)
職名 遺伝診療科部長
ゲノムセンター センター長
難病ゲノムセンター センター長
専門 臨床遺伝
脳神経内科
認定資格 臨床遺伝専門医・指導医
日本神経学会専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本認知症学会専門医・指導医
日本リハビリテーション医学会専門医・認定臨床医
日本温泉気候物理医学会温泉療法医
大阪大学医学部臨床教授
日本神経学会代議員
難病指定医
身体障害者福祉法第15条指定医(肢体不自由)
学会 日本人類遺伝学会
日本遺伝カウンセリング学会
日本神経学会
日本内科学会
日本リハビリテーション医学会
日本認知症学会
日本神経治療学会
日本臨床神経生理学会
日本末梢神経学会
日本経腸静脈栄養学会
日本温泉気候物理医学会

外来診療日割表

外来A   新患受付時間 8:15~11:00

       
初診/再診午前

階堂 三砂子

藤村 晴俊

藪本 大紀

藤村 晴俊

階堂 三砂子

階堂 三砂子

白旗 信行

宮下 典子

午後

階堂 三砂子

小林 潤也

梶山 裕太

階堂 三砂子

階堂 三砂子

白旗 信行

宮下 典子

江左 佳樹

※階堂 三砂子は遺伝診療科

特色・強み

対応疾患

入院診療について

主な脳神経内科の検査

治療実績・成績

平成30年1年間の外来患者数2,954、外来初診患者数437人、入院患者140人、平均在院日数は12.1日です。
外来患者さんの内訳は、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、痙性斜頸などのジストニア、脊髄・脊椎疾患、てんかん、末梢神経・筋疾患などを診療しています。

脳神経内科疾患別 入院患者数
疾患名 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年
脳血管障害 72 37 47 38 52
神経難病 43 36 55 38 34
その他 65 63 36 67 54
合計 180 136 138 143 140

難病申請等の手続きについて

疾患や検査法について

関心のある項目をクリックしてください。詳細をご確認いただけます。

施設認定

関連リンク