地方独立行政法人 堺市立病院機構 堺市立総合医療センター

  • 黒
  • 黄
  • 青
  • 白
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください

堺市立総合医療センタートップページ > 病院からのお知らせ

読み上げる

看護師・助産師 職員採用選考合格者の受験番号を発表します

2020年 6月19日
求職者向け

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

ご意見への回答を掲載しました(2020年2月・3月)

2020年 6月18日
地域の皆さま向け

ご意見への回答を更新しました。こちらをご覧ください。

 

【更新内容】
○「令和2年2月の投書の概要」、「令和2年3月の投書の概要」の追加

 

 

電動リモートコントロールベッドの物品調達に係る公募型見積合せについて

2020年 6月17日
お知らせ

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

 

【関連リンク】 入札・契約・調達情報

除細動器の物品調達に係る公募型見積合せについて

2020年 6月17日
お知らせ

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

 

【関連リンク】 入札・契約・調達情報

看護師・助産師 職員採用選考合格者の受験番号を発表します

2020年 6月16日
求職者向け

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

スポットチェックモニタシステムの物品調達に係る一般競争入札について(終了しました)

2020年 6月12日
お知らせ

スポットチェックモニタシステムの物品調達に係る一般競争入札を公告します。(終了しました)

入札関係書類の交付は終了しました。

本入札に関する質疑はありませんでした。

 

・入札公告

・入札説明書等一式

・提出書類一式

 

【関連リンク】

入札・契約・調達情報

遺伝診療科ページを公開しました

2020年 6月10日
地域の皆さま向け
遺伝診療科ページを公開しました

ゲノムセンターページを公開しました

2020年 6月10日
地域の皆さま向け
ゲノムセンターページを公開しました

管理栄養士の募集要項を掲載しました

2020年 6月10日
求職者向け

 

【関連リンク】

職員募集

リモートレクチャーのご案内(6月18日、6月26日、7月7日、 7月20日、8月3日、8月18日)

2020年 6月5日
求職者向け

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

 

イベント 堺市立総合医療センター リモートレクチャーのご案内
内 容

① 6月18日(木) 総合内科医員 妻鹿 旭  「 血液ガス検査の読み方 ~まずは基本のBoston学派式アプローチとその仕組み~」

② 6月26日(金) 呼吸器内科副部長 西田 幸司 「胸部CTの読み方 ~2次小葉を意識したびまん性肺疾患の見方~」

③ 7月7日(火) 腎代謝免疫内科部長 倭 成史  「 急性血液浄化療法における 5W1H」
④ 7月20日(月) 循環器内科副部長 藤川 純子  「病態生理から理解する心不全」」

⑤ 8月3日(月) 総合内科部長 浜田 禅 「尿検査の考え方~ 症例ベース(検査項目を限定して)での検討 ~」

⑥ 8月18日(火) 糖尿病内科部長 藤澤 智巳  「糖尿病 ~治療の潮流と各種薬物のポジショニング~」

対 象

初期研修医

申込方法

以下のアドレスに①~④の必要事項を記載の上、ご連絡ください。リモート会議アプリ (Cisco Webex Meeting)の参加IDとパスワードをお送りします。 ※スマホ・タブレット・Mac・PCで参加できます。
(アドレス)rinkyo@sakai-hospital.jp
(必要事項)
① 氏名 (ふりがな )
② 卒後年数
③ 勤務先
④このレクチャーを 何で知ったか

申込期限

ご希望のレクチャー予定日時の前日まで

問合先

臨床教育センター
TEL:072-272-9950
(受付時間:月~金曜 9:00~17:00)

 

【関連リンク】
臨床教育センター

イベントカレンダー

関連施設

地方独立行政法人は、公的サービスを提供する役割が法律で義務付けられています。
救急医療や高度医療など市民のみなさんにとって必要な医療を、堺市がサポートしながら、これまでどおりしっかりと提供してまいります。

堺市立病院機構詳細

地方独立行政法人とは

看護部門では、患者さんやご家族が命と向き合うその瞬間(とき)を大切に、専門職としての役割が果たせるよう心がけています。また、社会が求める医療に対応できる豊かな人間性と、看護の実践力の高い看護職を育てています。

看護局詳細

看護局紹介

各科、各部門の垣根が低く、自由に意見交換できる研修環境であり、ベッドサイド教育・カンファレンス・学習会などもたくさん実施しています。各領域の日常よく遭遇する疾患をバランスよく受け持つことができるため、技能・知識をきちんと身につけることができます。

研修医・医学生の方へ

研修医・医学生募集要項

072-272-1199

※おかけ間違いにご注意ください

PAGE TOP