地方独立行政法人 堺市立病院機構 堺市立総合医療センター

  • 黒
  • 黄
  • 青
  • 白
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください

堺市立総合医療センタートップページ > 患者さん向け > さかいほのぼのカフェ「人生会議ってなぁに」を開催しました(3月12日)

読み上げる

さかいほのぼのカフェ「人生会議ってなぁに」を開催しました(3月12日)

2021年 3月18日
患者さん向け

3月12日に、第54回 さかいほのぼのカフェ「人生会議ってなあに?」を開催しました。

 

8名の方にご参加いただき、当院の看護師 古谷 緑より、「人生会議・ACP(アドバンス・ケア・プランニング)とはなにか」、「どのように進めていくのか」、「当院オリジナルの“わたしのノート”の紹介」について、お話しいたしました。

 

参加者の方より、「自分もできるところから始めてみようと思った」「家族と話しあうきっかけになりました」などのご意見をいただきました。

人生会議・アドバンス・ケア・プランニングは、1回だけでなく続けていくことが大切です。次回はぜひ一緒に話し合いましょう。

 

今回のほのぼのカフェは、新しい生活様式を踏まえて、限定公開のYouTubeで動画を配信いたしました。「移動時間が不要でよい」「自宅から見られてよかった」というお声を聞く一方で、「顔を見ながら参加したい」「その場で質問をしたい」「パソコンやタブレットの操作が難しい」などの意見もいただいています。

 

皆さまのご意見も参考にさせていただき、今後のさかいほのぼのカフェの開催方法、内容を考えていく予定です。

次回の開催が決まりましたら、院内掲示やホームページでお知らせしますので、しばらくお待ちください。

 

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

関連施設

地方独立行政法人は、公的サービスを提供する役割が法律で義務付けられています。
救急医療や高度医療など市民のみなさんにとって必要な医療を、堺市がサポートしながら、これまでどおりしっかりと提供してまいります。

堺市立病院機構詳細

地方独立行政法人とは

看護部門では、患者さんやご家族が命と向き合うその瞬間(とき)を大切に、専門職としての役割が果たせるよう心がけています。また、社会が求める医療に対応できる豊かな人間性と、看護の実践力の高い看護職を育てています。

看護局詳細

看護局紹介

各科、各部門の垣根が低く、自由に意見交換できる研修環境であり、ベッドサイド教育・カンファレンス・学習会などもたくさん実施しています。各領域の日常よく遭遇する疾患をバランスよく受け持つことができるため、技能・知識をきちんと身につけることができます。

研修医・医学生の方へ

研修医・医学生募集要項

072-272-1199

※おかけ間違いにご注意ください

PAGE TOP