地方独立行政法人 堺市立病院機構 堺市立総合医療センター

  • 黒
  • 黄
  • 青
  • 白
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください

堺市立総合医療センタートップページ >  医療関係者向け

読み上げる

令和2年度 第2回 臨床カンファレンスを開催します(11月26日)【オンライン対応】

2020年 11月11日
医療関係者向け

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

イベント

令和2年度 第2回 堺市立総合医療センター臨床カンファレンス

内 容

『QOLの維持を目指した消化器がん治療』

<講演1> 『早期胃癌内視鏡治療の現状』

消化器内科 副部長 合原 彩

 

<講演2> 『胃癌周術期の栄養管理について』
胃食道外科 部長 間狩 洋一

栄養管理科 西馬 沙樹

 

<講演3> 『閉塞性大腸癌の治療戦略』
大腸肛門外科 部長 中田 健

 

<質議・応答> 地域の先生方との情報交換

開催日時

2020年11月26日 (木)17:30~19:00

開催場所

堺市立総合医療センター1階ホール

(堺市西区家原寺町1-1-1)

対 象 医療従事者
申込方法

下記フォームで必要事項を送信してください

締め切り 令和2年11月20日(金)17:00
参加費 無料
備 考 この講演は、大阪府医師会生涯研修(カリキュラムコード 9.10.12.54)対象となっておりますので生涯研修チケットをお持ちください。
オンライン(Zoom)でも参加できます!
問合先 堺市立総合医療センター 地域連携センター 担当:新宅
TEL:072-272-9900(直通)
(受付時間:月~金曜 9:00~17:00)

 

【参加申し込みフォーム】

 

 

※「送信」をクリックすると入力内容がすべて空白になりますが、ご応募は完了しております

【堺市医師会勤務医部会主催】新型コロナウイルス感染症に関するパネルディスカッションをライブ配信します(11月21日)

2020年 11月6日
医療関係者向け

 

イベント 堺市医師会勤務医部会主催 パネルディスカッション
内 容

テーマ「新型コロナ感染症に対するこれまでの取り組みとこれからの課題」

司会:

 堺市医師会副会長 岡原クリニック院長 岡原 和弘 先生

 堺市立総合医療センター 感染症対策センター長 森田 正則 先生

発表:

 1.新型コロナウイルス感染症とその対応を時系列で振り返る

   堺市立総合医療センター 感染症対策センター長 森田 正則 先生

 2.入院機関として当院が困ったこと、今後の対策

   堺市立総合医療センター 内科統括部長 西田 幸司 先生

 3.コロナ禍での診療所での診療

   堺市医師会副会長 岡原クリニック院長 岡原 和弘 先生

 4.行政としての対応の振り返りと今後の対策

   堺市健康部保健所 感染症対策課 課長 中井 英子 氏

 5.新型コロナウイルスに対する外来診療、帰国者接触者外来について

   植木病院 副院長 岡崎 浩 先生

 6.コロナ禍での救急搬送、陽性患者転院や発熱患者の対応について

   堺市消防局 救急部 救急ワークステーション 所長 服部 良一 氏

 7.コロナ禍での救急診療とオーバートリアージ患者に対する対応について

   耳原総合病院 救急総合診療科 部長 大矢 亮 先生

 8.コロナ禍での高齢者介護施設での対応と今後の課題(出口問題も含めて)

   堺市老人福祉施設部会 会長

   特別養護老人ホーム 美樹の園 施設長 西尾 正敏 氏

開催日時 2020年11月21日)14:00~16:00
申込み・視聴方法

1.下記フォームで必要事項を送信してください

2.後日、ご入力いただいたメールアドレスにYoutubeのライブ配信URLをお送りします

3.当日、お送りしたURLにアクセスしご視聴ください

対 象 医療・介護従事者
参加費 無料
申し込み締め切り 2020年11月20日(金)17:00
問合先 堺市医師会 道城(どのしろ)
TEL:072-221-2330

 

【参加申し込みフォーム】

終了しました

がん看護コース:特別編 受講生募集のご案内

2020年 11月5日
医療関係者向け

 

 

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

 

イベント がん看護コース:特別編
開催日時

・2020年12月3日(木)17:30~18:30 治療を中断するがん患者・家族への支援 ~今こそ、ACP~
・2021年1月28日(木)17:30~18:30 コロナ禍におけるがん看護実践(仮)

開催方法

オンライン研修

※使用するWeb会議システムは「ZOOM」

対 象 がん看護及びACPに興味のある看護師(定員50名)
受講料

無料

※ただし、インターネット通信料及び資料の印刷にかかる費用等は各自で負担

申込方法

以下のmailアドレスに必要事項を記載のうえ、お申し込みください。(mail以外は不可)

mail:kango-kyoiku@sakai-hospital.jp

必要事項:メールの件名に「令和2年度がん看護コース受講希望」と記載

     本文に①参加希望者の氏名、②勤務先、③電話番号、④e-mailアドレス、⑤経験年数(看

     護師経験年数・現在の部署での経験年数)、⑥参加希望日、⑦受講理由を記載

申込期限 令和2年11月16日(月)17:00
備 考

・申込者多数の場合は、全回ご参加できる方を優先し、厳正な抽選のうえ決定させていただきます。

・受講の決定は、受講決定のメールの返信をもって、受講決定通知書とさせていただきます。

問合先

堺市立総合医療センター 看護局(担当:糟谷)
TEL:072-272-1199(代表)

FAX:072-272-9915
(受付時間:月~金曜 9:00~17:00)

 

【関連リンク】

イベントカレンダー

理事長 門田 守人が「薬剤師の新たな可能性を拓く応援マガジン TURN UP」のインタビュー取材を受けました

2020年 10月29日
医療関係者向け

当法人の理事長 門田 守人が、薬剤師をはじめとする医療関係者向けの雑誌「TURN UP(発行:株式会社ファーマシィ)」のインタビュー取材を受けました。

 

(掲載内容は上記の画像をクリックすると表示されます)

 

【薬剤師の新たな可能性を拓く応援マガジン TURN UP No,49より(提供:株式会社ファーマシィ)】

医師臨床研修マッチング結果が公表されました

2020年 10月26日
医療関係者向け

2020年10月22日(木)、医師臨床研修マッチング結果が発表されました。

今年度は43名の医学生に受験していただき、募集定員数「11名」に対しフルマッチという結果を得ることができました。
これからもさらなる研修内容の充実を図り、より一層研修医教育に力を注いでいく所存です。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

臨床教育センター長

花房 俊昭

初期研修プログラム責任者

北村 大

 

【関連リンク】

臨床教育センター

令和2年度 第1回 堺市立総合医療センターCCを開催します(9月17日)

2020年 9月16日
医療関係者向け

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

イベント

令和2年度 第1回 堺市立総合医療センターCC

内 容

『新型コロナウイルス感染症に関する現状と課題』~第二波を受けてWithコロナ~

<講演1> 『コロナ禍における診療の実際』~当院で経験したケースをふまえて~

感染症対策センター センター長 森田 正則

 

<講演2> 『感染対策できていますか』~基礎知識と感染対策~
感染管理認定看護師 松田 祥子

 

<質議・応答> 地域の先生方との情報交換

開催日時

2020年9月17日 (木)17:30~19:00

開催場所

堺市立総合医療センター1階ホール

(堺市西区家原寺町1-1-1)

対 象 医療従事者
申込方法 申込用紙に必要事項をご記入の上、堺市立総合医療センター地域連携センターにFAXにて送付ください。
参加申込書(PDFファイル)
参加費 無料
備 考 この講演は、大阪府医師会生涯研修(申請中)対象となっておりますので生涯研修チケットをお持ちください。
オンライン(Zoom)でも参加できます!
問合先 堺市立総合医療センター 地域連携センター 担当:新宅、盛上
TEL:072-272-9900(直通)
(受付時間:月~金曜 9:00~17:00)

 

【関連リンク】

感染症内科

感染制御チーム

 

2020年度 第2回 堺市立総合医療センター 臨床病理検討会(CPC)を開催します(8月20日)

2020年 8月20日
医療関係者向け

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

 

イベント 2020年度 第2回堺市立総合医療センター臨床病理検討会(CPC)
テーマ

「STSS(Streptococcal toxic shock syndrome)により急激に重症化した下肢軟部組織感染症の一例」

2年目初期研修医 田中 敬祐

「だんじり祭りで鈍的外傷を契機に発症したA群溶連菌による壊死性軟部組織感染症の一例」

2年目初期研修医 船内 敦司

開催日時

2020年8月20日(木)17:30~19:00

開催場所 堺市立総合医療センター1階ホール

(堺市西区家原寺町1-1-1)

対 象 医療従事者
事前申込 不要
参加費 無料
備 考 この講演は、大阪府医師会生涯研修認定対象となっておりますので生涯研修チケットをお持ちください。
問合先 堺市立総合医療センター臨床教育センター
TEL:072-272-9950(直通)
(受付時間:月~金曜 9:00~17:00)

 

【関連リンク】

臨床教育センター

病理診断科

イベントカレンダー

「薬薬連携 ~地域で取り組む最適な治療~」のご案内(8月29日)

2020年 7月30日
医療関係者向け

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

 

イベント 薬薬連携~地域で取り組む最適な治療~
内 容

《プログラム》

総合司会 堺市立総合医療センター 薬剤科科長 安井 友佳子

 

【はじめに】トレーシングレポートについて 14:30~14:50

 

【講演 1 】特定薬剤使用時の副作用に関する情報提供書(トレーシングレポート)について
~重篤な副作用を呈した症例を提示して~
堺市立総合医療センター 薬剤科 井上 美樹   14:50~15:15

 

【講演 2 】がん治療のトレーシングレポートについて
堺市立総合医療センター 薬剤科 藤井 千賀   15:15~15:30

 

【講演 3 】ポリファーマシー対策チームと薬剤調整加算、薬剤師サマリーについて
堺市立総合医療センター 薬剤科 藤井 一美   15:30~15:45

 

【その他】簡易懸濁データなどホームページにUPしている情報について 15:45~

 

【質疑応答】 15:50~16:00

開催場所

堺市立総合医療センター 1階ホール
(堺市西区家原寺町1丁1番1号)

対 象 保険薬局の薬剤師
申込方法

参加申込書に必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込み下さい。

FAX:072-272-9915

募集人数

先着60名まで

備 考

参加者多数の場合は1薬局1名での参加をお願いいたします。

申込期限

8月3日(月)から8月20日(木)まで

問合先

堺市立総合医療センター 薬剤科 安井 友佳子 
TEL:072-272-1199(代表)

FAX:072-272-9962

(受付時間:月~金曜 9:00~17:00)

 

【関連リンク】

イベントカレンダー

2020年度 第1回 堺市立総合医療センター 臨床病理検討会(CPC)を開催します(7月16日)

2020年 7月14日
医療関係者向け

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

 

イベント 2020年度 第1回 堺市立総合医療センター 臨床病理検討会(CPC)
テーマ

「肺癌末期患者に脳空気塞栓症をきたして死亡した一例」

2年目初期研修医 高橋 実佑

 

「腫瘍随伴性天疱瘡を併発した濾胞性リンパ腫の一剖検例」

2年目初期研修医 岸 具宏

開催日時

2020年7月16日(木)17:30~19:00

開催場所 堺市立総合医療センター1階ホール

(堺市西区家原寺町1-1-1)

対 象 医療従事者
事前申込 不要
参加費 無料
備 考 この講演は、大阪府医師会生涯研修認定対象となっておりますので生涯研修チケットをお持ちください。
問合先 堺市立総合医療センター臨床教育センター
TEL:072-272-9950(直通)
(受付時間:月~金曜 9:00~17:00)

 

【関連リンク】

臨床教育センター

病理診断科

イベントカレンダー

第4回 堺市立総合医療センター 臨床カンファレンス(CC)中止のお知らせ

2020年 2月20日
医療関係者向け

本日2月20日に予定しておりました臨床カンファレンス(CC)を中止させていただきます。

 

現在、国内で発生している新型コロナウイルス感染症の情勢を鑑みまして、参加者や職員をはじめとした関係者の健康と安全を第一に協議した結果、中止する事が適当であると決定しました。

 

参加をご検討いただいた方には急なご連絡となり、誠に申し訳ございません。
何卒ご理解とご了承を賜りますようお願い申し上げます。

関連施設

地方独立行政法人は、公的サービスを提供する役割が法律で義務付けられています。
救急医療や高度医療など市民のみなさんにとって必要な医療を、堺市がサポートしながら、これまでどおりしっかりと提供してまいります。

堺市立病院機構詳細

地方独立行政法人とは

看護部門では、患者さんやご家族が命と向き合うその瞬間(とき)を大切に、専門職としての役割が果たせるよう心がけています。また、社会が求める医療に対応できる豊かな人間性と、看護の実践力の高い看護職を育てています。

看護局詳細

看護局紹介

各科、各部門の垣根が低く、自由に意見交換できる研修環境であり、ベッドサイド教育・カンファレンス・学習会などもたくさん実施しています。各領域の日常よく遭遇する疾患をバランスよく受け持つことができるため、技能・知識をきちんと身につけることができます。

研修医・医学生の方へ

研修医・医学生募集要項

072-272-1199

※おかけ間違いにご注意ください

PAGE TOP