診療科・部門ご案内

診療センター・診療科
- 脳卒中センター -

堺市立総合医療センタートップページ > 診療科・部門ご案内 > 診療センター・診療科 > 脳卒中センター

読み上げる

脳卒中センター

センター長ごあいさつ

脳卒中に対する医療体制の構築が必要です。急性期医療のシーンでは、脳卒中を発症した場合、脳梗塞では、発症後4.5時間以内に血栓溶解療法を開始すると予後が良くなり、また血管内治療により直接血栓をとりに行く治療も可能となります。くも膜下出血、脳内出血などの疾患も放置すれば再出血などの合併病態によりさらに予後が不良になるものと考えられます。いずれも救急隊と連携した早期の治療、専門医療が必要となります。
重症例や、最近は高齢者も多く種々の内科的な全身疾患を有することが知られています。当院は30診療科を有する総合診療センターであり、また堺市二次医療圏の救急医療を支える救命救急センターを有し、集中治療センター、救命救急センターの集中治療室(ICU)、ハイケアユニット(HCU)にて高度な全身、各臓器の専門診療が可能となっています。
脳卒中は、発症後生命が助かったとしても片麻痺、嚥下障害、言語障害、認知障害などの後遺症が残ることが多く、患者さん及びそのご家族は、発症前に比べ、日常生活に支障を来すことが多いものです。当院では、リハビリテーション療法士、管理栄養士、医療相談員など、患者さんを支援するプロフェッショナルが日々、情報を共有し、早期の自宅、社会復帰を目指して働いています。
当センターは、「多職種からなる標準化されたチーム医療」「多職種での速やかな情報共有、フィードバックのかかる診療体制」「脳卒中地域完結型医療」を基本理念として、市民に安心して医療を受けていただける体制づくりを進めています。

センター長 中島 義和

このページの目次

対応疾患

脳卒中:

脳卒中以外の疾患:各診療科別

診療実績

脳神経外科手術件数

2014年 2015年 2016年 2017年
脳腫瘍 23 29 23 30
脳血管障害 30 27 62 61
頭部外傷 42 41 55 80
脳血管内手術 34 37 30 44
その他 ※ 19 34 32 59
合計 148 168 202 274

※ 脳室ドレナージ、シャント手術は その他 に含む

2016年度脳卒中患者数

脳神経外科 神経内科 総合内科 その他 合計
脳梗塞 110 33 10 10 163
一過性脳虚血性発作 6 3 2 3 14
頭蓋内血腫(非外傷性) 41 2 1 44
硬膜下血腫(非外傷性) 24 24
その他脳血管障害 38 3 1 1 43
合計 219 39 15 15 288

特色・強み

以上を実現するために、脳卒中センターでは、多職種によるチーム医療を推進し、臨床指標により自己評価による診療体制の見直しを行っています。また各職種が連携して診療にあたれるように脳卒中のシーン(病期)ごとにチーム分けをしています。

  1. 1. 病院前、救急外来チーム :患者受け入れ治療環境
  2. 2. 脳卒中入院診療チーム :脳卒中急性期、周術期診療体制の充実
  3. 3. 患者管理チーム :早期離床、早期リハビリテーション、嚥下評価、栄養管理
  4. 4. 脳卒中医療連携チーム  :退院後に向けた脳卒中医療連携の構築、地域連携パス・院内パスの推進
  5. 5. 教育・広報チーム :教育(職員、患者)、広報、データベース管理

各チーム主催の定期カンファレンス、学習会、日常診療の中での情報共有、作業分担の確認によりワークフローの最適化を図っています。

メンバー

中島 義和(なかじま よしかず)
- 脳神経外科 -
職名 脳神経外科部長
脳卒中センター センター長
大学
(卒業年)
徳島大学医学部(昭和60年卒)
医学博士(大阪大学)
Dept. of Neurology, Mayo Clinic, USA(平成2年~平成4年留学)
専門分野 脳血管外科
脳腫瘍外科
脳神経外科救急医療
認定資格 日本脳神経外科学会認定専門医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
日本脳卒中外科学会技術指導医
日本神経内視鏡学会神経内視鏡技術認定医
学会 日本脳神経外科学会
日本脳神経外科コングレス
日本脳卒中学会
日本脳卒中の外科学会
日本脳腫瘍学会
日本救急医学会
日本リハビリテーション医学会
日本頭痛学会
日本小児脳神経外科学会
近畿脊髄外科研究会
日本脳神経血管内治療学会 他
モットー 専門医、患者さん両方の立場で医療を考えていくこと。
中津 大輔(なかつ だいすけ)
- 脳神経外科 -
職名 脳神経外科副医長
大学
(卒業年)
佐賀大学(平成20年卒)
専門分野 脳神経外科
認定資格 日本脳神経外科学会専門医
学会 日本脳神経外科学会
日本脳卒中学会
日本脳神経血管内治療学会
モットー 細やかな診療を心がけています。
立石 明広(たていし あきひろ)
- 脳神経外科 -
職名 脳神経外科副部長
大学
(卒業年)
大阪大学(平成13年卒)
専門分野 脳神経外科
認定資格 日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医
学会 日本脳神経外科学会
日本脳卒中学会
日本脳神経血管内治療学会
モットー 脳神経外科治療全般に関して、脳血管内治療をはじめとしてできるだけ低侵襲で安全な治療を提供できるように心がけています。
井上 洋(いのうえ よう)
- 脳神経外科 -
職名 副医長
井間 博之(いま ひろゆき)
- 脳神経外科 -
職名 脳神経外科副医長
大学
(卒業年)
大阪大学(平成19年卒)
専門分野 脳神経外科
認定資格 日本脳神経外科学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医
学会 日本脳神経外科学会
日本脳卒中学会
日本脳神経血管内治療学会
モットー 脳の病気は時に一筋縄でいかないこともありますが粘り強く患者さんと共に病気に向かい合います。

外来診療日割表

外来B   新患受付時間 8:15~11:00

  
初診/再診午前

中島 義和

 

井上 洋

 

立石 明広

中島 義和

 

井上 洋/

西田 武生

 

立石 明広

中島 義和

 

井間 博之

 

中津 大輔

手術日

中島 義和

 

井間 博之

 

中津 大輔

再診

午後

中島 義和

 

井上 洋

 

立石 明広

中島 義和


井上 洋/
西田 武生

 

立石 明広

中島 義和

 

井間 博之

 

中津 大輔

手術日

中島 義和

 

井間 博之

 

中津 大輔

※木曜日は手術日のため急患のみの対応となります。事前にお問い合わせください

関連部門