診療科・部門ご案内

診療科 - 胃食道外科 -

診療科 - 胃食道外科 -

堺市立総合医療センタートップページ > 診療科・部門ご案内 > 診療科 > 胃食道外科

読み上げる

胃食道外科

胃食道外科には胃がん、食道がん、GISTを専門にするスタッフ医師が3名おり、「胃癌治療ガイドライン(日本胃癌学会)」、「食道癌診断・治療ガイドライン(日本食道学会)」、「GIST診療ガイドライン」に基づく『標準治療』と高度先進医療施設が連携して行う最先端の『研究的治療(臨床試験)』の両方について、患者さんへわかりやすく丁寧に説明(インフォームドコンセント)し、胃がん、食道がん、GISTの治療成績の向上に努めています。また、消化器内科、放射線治療科をはじめ、他の診療科や薬剤師、看護師、理学療法士などの医療スタッフとの連携による『チーム医療』を行っています。

このページの目次

対応疾患

主として以下の疾患を診療しています。

胃がん 胃がん、胃がんの診断と治療、消化器内科
食道がん 食道がんの診断と治療、消化器内科
消化管間質腫瘍(GIST) GIST(消化管間質腫瘍)

特色・強み

  • 当科の胃がん、食道がん、GISTの治療は、治療ガイドラインや科学的根拠(エビデンス)に基づいた標準治療を実践することを基本理念とし、内視鏡的治療、手術、化学療法、放射線治療を用いた集学的治療を行っています。
  • 毎週、外科医、消化器内科医、放射線科医、病理医、看護師、薬剤師と合同で胃がん、食道がん、GISTに関する症例検討会としてのキャンサーボードを開催し、精度の高い進行度診断と治療方針の決定を実践しています。
  • 厚生労働省が助成するがん治療の臨床研究組織「JCOG胃癌グループ」の班員として、また、大阪消化管がん化学療法研究会(OGSG)の中心メンバーとして、日本の胃がん、食道がん治療の先導的立場を担っています。標準治療だけでなく、腹腔鏡下手術、拡大手術や縮小手術、術前化学療法、術前化学放射線療法の併用、最新薬の治験や先進医療などの最先端の「研究的治療」にも積極的に取り組み、良好な成績をあげています。また、多施設共同臨床試験の結果など、胃がんや食道がんの治療ガイドラインに反映されるような重要な発表を、日本国内のみならず、国際的にも積極的に行っています。
  • 一方、在宅医療のサポートや地域医療機関と地域連携クリニカルパスなどを用いて、綿密な連携をとることで、より良い医療を提供できるよう努めています。緩和ケアチームと連携して緩和ケア医療も提供しており、患者さんに寄り添った切れ目のないがん診療を目指しています。

治療実績・成績

胃がん
  • 消化器内科と協力して手術、内視鏡治療、化学療法を合わせて年間約200例の胃がんの治療を行っており、南大阪で最も多く胃がん治療を行っている施設の一つです。
  • スキルス胃がんや食道浸潤胃がんなど、難治性の進行がんに対する拡大手術や化学療法・放射線治療を併用した集学的治療も行っています。
  • 早期胃がんや希望する患者さんには積極的に腹腔鏡下手術を積極的に行っています。

胃切除件数の年次推移(患者数:人)

胃切除件数の年次推移(患者数:人)

当院における胃がんの病期別生存曲線

当院における胃がんの病期別生存曲線

食道がん
  • 食道がんの治療法には、内視鏡的粘膜切除術、手術、化学療法、放射線療法があり、それらを単独または組み合わせて治療(集学的治療)を行います。がんの進行度(進み具合い)や全身状態に応じた治療法の選択が重要で、当院では、食道がんに対してすべての治療法に対応することができます。
  • 特に、食道がんの手術は侵襲の高い治療法であり、高度で繊細な手術と周術期管理(ICU管理)が必要です。また、当院には食道科認定医が2名おり、消化器内科、放射線科、放射線治療科、歯科口腔外科、リハビリテーション科と協力してチーム医療で食道がんの診断・治療を行っています。

食道切除件数の年次推移(患者数:人)

食道切除件数の年次推移(患者数:人)

当院における食道がんの病期別生存曲線

当院における食道がんの病期別生存曲線

GIST(消化管間質腫瘍)
  • 胃の粘膜下腫瘍(SMT)のうち代表的な腫瘍がGIST(消化管間質腫瘍)です。
  • GISTは、Gastrointestinal stromal tumorの略で、胃や腸などの消化管の内側の粘膜の下で発育する腫瘍です。粘膜の下の筋層にある「カハール介在細胞」の前駆細胞(カハール介在細胞の元になる細胞)が異常に増殖し、腫瘍化するまれな病気です。発生部位は胃が60~70%と最も多く、小腸は20~30%、大腸と食道は約5%とされています。胃のSMTの多くがGISTです。
  • 5cmを超えるもの、出血を伴うもの、潰瘍を伴うもの、サイズが大きくなるもの、症状を伴うもの、2-5cmでも生検でc-kitが陽性のものなどは手術で切除します。
  • 可能な限り腹腔鏡を用いて胃を部分的に切除します。噴門部や幽門部に近いGISTは、内視鏡と腹腔鏡が協同して(LECS)、機能温存を目指した手術を行っています。
  • 肝臓は腹膜に転移しているGISTや手術の結果で再発のリスクの高いGISTには、化学療法(グリベック、スーテント、レゴラフェニブ)を行います。他の研究施設と協力してGISTの遺伝子解析を行い、最適な治療を心がけています。

胃の粘膜下腫瘍(SMT)

胃の粘膜下腫瘍(SMT)

胃粘膜下腫瘍(SMT)の治療アルゴリズム(GIST診療ガイドラインより)

胃粘膜下腫瘍(SMT)の治療アルゴリズム(GIST診療ガイドラインより)
※SMT:粘膜下腫瘍、EUS:超音波内視鏡検査、FNAB:穿刺吸引細胞診

担当医師・スタッフ

間狩 洋一(まかり よういち)
職名 胃食道外科部長
牛丸 裕貴(うしまる ゆうき)
職名 胃食道外科 副医長
大学
(卒業年)
和歌山県立医科大学(平成21年卒)
専門分野 消化器外科(食道・胃外科)
腹腔鏡手術
認定資格 医学博士
日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会 専門医
消化器がん外科治療認定医
検診マンモグラフィ 読影認定医(A判定)
内視鏡外科学会技術認定医(胃)
がん治療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
学会 日本外科学会
日本消化器外科学会
日本内視鏡外科学会
日本癌治療学会
胃癌学会
食道学会
外科代謝栄養学会
モットー 誠意を以って最善をつくす治療ができるように努めます。
藤田 淳也(ふじた じゅんや)
職名 胃食道外科医員
院長補佐
診療局 次長
消化器疾患センター センター長
がんセンター センター長
がん相談支援センター センター長
大学
(卒業年)
大阪大学(平成元年卒)
専門分野 消化器外科・胃・食道
認定資格 日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医・がん治療認定医
インフェクションコントロールドクター(日本外科感染症学会)
がん診療緩和ケア研修修了
がんリハビリテーション研修修了
臨床研究・治験従事者研修修了
近畿外科学会評議員
日本臨床外科学会評議員
日本胃癌学会代議員
学会 日本外科学会
日本消化器外科学会
日本胃癌学会
日本癌治療学会
日本臨床外科学会
日本食道学会
日本内視鏡外科学会
日本外科感染症学会
International Gastric Cancer Association
モットー 患者さんには病状をよくご理解いただいたうえで、お一人おひとりにとって最善の治療を一緒に見つけて行ければと考えています。

外来診療日割表

外来A   新患受付時間 8:15~11:00

    
  
初診/再診午前

中平 伸

(肝胆膵外科)

 

前田 栄
(肝胆膵外科)

合原 彩

(消化器内科)

 

髙橋 俊介

(消化器内科)

中田 健

(大腸肛門外科)

 

中平 伸

(肝胆膵外科)

 

大原 信福
(大腸肛門外科)

井関 隼也

(消化器内科)

藤森 正樹

(消化器内科)

 

藤田 淳也

(胃食道外科)

再診

午前

中平 伸

(肝胆膵外科)

 

伊藤 公子

(消化器内科)

交替制

 

(消化器内科)

中村 昌司

(消化器内科)

藤田 淳也

(胃食道外科)

大里 浩樹

(肝胆膵外科)

午後

合原 彩

(消化器内科)

 

中平 伸

(肝胆膵外科)

髙橋 俊介

(消化器内科)

 

藤森 正樹

(消化器内科)

中田 健

(大腸肛門外科)

 

大原 信福

(大腸肛門外科)

 

伊藤 公子

(消化器内科)


中村 昌司
(消化器内科)

 

中平 伸

(肝胆膵外科)

井関 隼也

(消化器内科)

 

間狩 洋一

(胃食道外科)

北村 信次

(消化器内科)

 

中田 健

(大腸肛門外科)

 

三上 城太

(胃食道外科)

 

藤田 淳也

(胃食道外科)

研究発表

平成30年度

開催日 学会等 演 題 演 者
7月5日~7月7日 日本外科代謝栄養学会第55回学術集会 高齢胃癌患者における予後予測因子としての栄養指数の有用性 三上 城太
7月11日~7月13日 第73回日本消化器外科学会総会 進行再発胃癌に対するramcirumab療法の治療経験 三上 城太
10月13日 大阪大学堺学友会学術講演会 エビデンスから見た胃癌手術 -最新の臨床試験の結果から- 藤田 淳也
11月9日・11月10日 第48回胃外科・術後障害研究会 幽門側胃切除術における迷走神経腹腔枝の温存は術後胆石発症の低下に寄与しない-ランダム化比較試験の結果から- 藤田 淳也
11月22日~11月24日 第80回日本臨床外科学会総会 胃巨大GISTのNAC中に緊急手術となった1例 加藤 一哉
11月22日~11月24日 第80回日本臨床外科学会総会 輸入脚絞扼性イレウスにより十二指腸穿孔をきたした1例 日村 帆志

平成29年度

開催日 学会等 演 題 演 者
11月29日・11月30日 第30回日本外科感染症学会総会学術集会 当院の外科領域におけるSSIチームの取り組みと成果 三上 城太
11月18日 第620回大阪外科集談会 エビデンスから見た胃癌手術-最新の臨床試験の結果から- 藤田 淳也
7月20日~7月22日 第72回日本消化器外科学会総会 腹膜炎術後創に対するNPWTの使用経験 三上 城太
4月27日~4月29日 第117回日本外科学会定期学術集会 80歳以上の胃癌患者における予後予測因子の検討 三上 城太

平成28年度

開催日 学会等 演 題 演 者
3月8日~3月10日 第89回日本胃癌学会総会 進行胃癌に対するS-1+ oxaliplatin療法の検討 三上 城太
12月8日~12月10日 第29回日本内視鏡外科学会総会 高齢者における腹腔鏡下胃切除の術後合併症予測因子の検討 三上 城太
11月30日~12月1日 第29回日本外科感染症学会総会学術集会 ClassIII以上の腹部手術創における筋膜離解を予測する因子の検討 三上 城太
11月3日~11月6日 第24回日本消化器関連学会週間 -JDDW(Japan Digestive Disease Week )2016- 胃癌に対するSOX(S-1+ oxaliplatin)療法の治療経験 三上 城太
10月29日 第24回近畿GIST研究会医師主導研究連絡会 GIST治癒切除後の再発症例に関する検討 藤田 淳也
10月20日~10月22日 第54回日本癌治療学会学術集会 高齢胃癌患者における予後予測因子としてのsystemic inflammatory responseの有用性 三上 城太
9月10日 第29回近畿内視鏡外科研究会 高齢者における腹腔鏡下胃切除の短期成績 三上 城太
7月14日~7月16日 第71回日本消化器外科学会総会 単孔式手術で切除しえた有茎性線維腫の1例 笹松 信吾
7月14日~7月16日 第71回日本消化器外科学会総会 胃癌骨転移の検討 三上 城太
7月14日~7月16日 第71回日本消化器外科学会総会 胃癌肝転移に対する,定位放射線照射治療(SRT)の治療経験 間狩 洋一
7月4日~7月6日 第70回日本食道学会学術集会 食道癌化学療法中に急性動脈閉塞をきたした1例 三上 城太
7月4日~7月6日 第70回日本食道学会学術集会 化学放射線療法が奏功した,上大静脈腫瘍栓を伴う進行食道小細胞癌の1例 間狩 洋一
7月4日~7月6日 第70回日本食道学会学術集会 狭窄を伴う下咽頭癌術後の早期食道癌に対して経胃的逆行性にESDを施行した1例 木村 豊
6月10日 第38回日本癌局所療法研究会 悪性大腸閉塞に対しストーマ造設後に化学(放射線)療法を施行した症例の検討 西 秀美
6月10日 第38回日本癌局所療法研究会 大腸ステントが有用であった胃癌腹膜転移の1例 三上 城太
6月10日 第38回日本癌局所療法研究会 胃癌肝転移に対する、定位放射線照射治療(SRT)治療経験 間狩 洋一
5月25日~5月28日 62nd Annual Meeting of the International Society on Thrombosis and Haemostasis Efficacy and safety of anticoagulant therapy in patients with septic DIC. Yoshimura J
4月14日~4月16日 第116回日本外科学会定期学術集会 癌治療における医科歯科連携の効果 木村 豊
4月14日~4月16日 第116回日本外科学会定期学術集会 胃癌腹膜転移に対して大腸ステントを用いた5例の検討 三上 城太

当院では、ガイドラインに基づいた日常の診療を行うとともに、将来の医療の質の向上に必要な科学的根拠(エビデンス)を作るための臨床研究を患者さんにご協力いただいて積極的に推進しています。まだ日本では承認されていない薬剤や今後保険適応を目指す薬剤の治験に参加しています。今後の新しい治療法のエビデンスを作るための全国的な最先端の多施設共同研究にも多数参加しています。参加している臨床研究について当院ホームページ「臨床研究と治験」をご覧ください。

これらの臨床研究の結果は、論文、学会などで発表を行っています。

関連リンク