診療科・部門ご案内

診療科 - 緩和ケア科 -

診療科 - 緩和ケア科 -

堺市立総合医療センタートップページ > 診療科・部門ご案内 > 診療科 > 緩和ケア科

読み上げる

緩和ケア科

この度、2018年10月より「緩和ケアセンター」と共に新たに当院に「緩和ケア科」を創設しました。
緩和ケアセンターでは緩和ケア外来・緩和ケアチーム・緊急緩和ケア病床を一体的に運営し、その中で緩和ケア科では主に緩和ケア外来と緊急緩和ケア病床を担当します。
緩和ケアとは、簡単に言うと「重い病を抱える患者さんやその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケア」の事です。
病気の治療と平行する形で「診断時からの緩和ケア」を実践し、特に緩和ケア科では専門的緩和ケアが提供することが出来ます。(基本的緩和ケアは当院の全ての診療科で提供することが出来ます。)
特にがんについては、現在の日本では、二人に一人ががんになる時代です。従って、がんと診断されても、いかに上手に付き合っていくかが重要になってきます。がんに伴う様々な問題を一緒に解決出来るよう支援させて頂きます。
また地域の中核病院、がん診療連携拠点病院として、地域の開業医の先生と連携して、安心して療養が行える環境を整えます。

このページの目次

対応疾患

特色・強み

がんをはじめとする様々な疾患に対応し、病気に対する治療と平行して緩和的治療を行います。具体的には各種の薬剤や精神的支援、環境調整などです。
当院の様々な科はもちろんのこと、多職種からなる緩和ケアチームと連携して全人的な緩和ケアを提供します。
症状が急に悪くなった際には、緊急緩和ケア病床に入院することができます。症状が改善すれば、連携の在宅医や近隣の緩和ケア病棟と調整を行い、安心して過ごせる環境を整えます。

治療実績・成績

緊急緩和ケア病床

2017年
利用人数 31(延べ35回)
転帰 在宅 13
緩和ケア病棟 7
死亡 13

緩和ケア外来

2016年
受診患者数 60
受診患者延数 283
年間新規診療症例数 46

担当医師・スタッフ

中田 健(なかた けん)
職名 緩和ケア科部長
大腸肛門外科部長
消化器外科部長
大学
(卒業年)
大阪大学(平成8年卒)
専門分野 消化器外科(大腸外科)
内視鏡外科
認定資格 麻酔科標榜医
日本外科学会認定医・専門医
近畿外科学会評議員
PEACE指導医
がん治療認定医
消化器外科専門医
消化器がん外科治療認定医
ストーマ認定士
内視鏡外科技術認定医(大腸)
モットー 大腸がん治療を中心として腹腔鏡手術・腹部救急・ヘルニア・肛門疾患・人工肛門・緩和医療に力を入れています。
個々の患者さんに最善の治療法を提供できるよう努力します。
草間 加与(くさま かよ)
職名 緩和ケア科副部長
呼吸器内科副部長
大学
(卒業年)
徳島大学(平成14年卒)
認定資格 日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
ACP(米国内科学会)賛助会員
がん治療認定医
学会 日本内科学会
日本呼吸器学会
日本肺癌学会
日本呼吸器内視鏡学会
日本アレルギー学会
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会
池田 恢(いけだ ひろし)
職名 緩和ケア科医員
放射線治療科部長
放射線治療センター センター長
大学
(卒業年)
大阪大学(昭和42年卒)
専門分野 放射線治療全般
認定資格 日本放射線腫瘍学会認定医
日本医学放射線学会放射線治療専門医
日本がん治療専門医制度機構暫定指導医
第1種放射線取扱主任者
学会 日本頭頸部癌学会(会長、理事を歴任、現監事)
日本放射線腫瘍学会(理事、監事を歴任、現代議員)
日本医学放射線学会(理事、評議員を歴任)
日本癌治療学会(評議員を歴任、功労会員)
その他、ASTRO、ASCOなど所属学会多数
モットー 状況に応じた的確な治療を受けていただくとともに、わかりやすい説明を心がけています。
その他 医用原子力技術研究振興財団理事
放射線治療品質管理機構理事
放射線医学総合研究所重粒子線治療ネットワーク会議委員
林 靖大(はやし やすひろ)
職名 総合内科医員
緩和ケア科医員

関連リンク