診療科・部門ご案内

診療科 - 整形外科 -

診療科 - 整形外科 -

堺市立総合医療センタートップページ > 診療科・部門ご案内 > 診療科 > 整形外科

読み上げる

整形外科

今後平均寿命が延び、人生100年となると予想されています。健康に、元気に過ごすためには、腰痛、神経痛、関節痛等の痛みが少ないことも重要です。 整形外科はこうした脊椎・運動器の疾患・外傷が専門ですので、手術を行う急性期病院の役割を果たすため、近隣の医療機関から紹介を受け手術が必要な患者さんの治療を行っています。

初療時には、診療所・病院などからの紹介状をお持ちください。

このページの目次

対応疾患等

脊椎外科

せぼね(脊椎)は身体を支える柱としての機能と、脊椎のトンネルの中にある神経を守る機能があります。脊椎の手術が必要となる方は、特に神経を守る機能に問題が生じて、むしろ神経を圧迫するようになっていることが多いです。神経の圧迫をとる手術(除圧術)と、必要に応じて、柱としての機能をなおす手術(固定術)を組み合わせた手術が基本となります。
整形外科の手術では、たとえば手足の骨折は患者さん本人を診察しなくても画像検査(レントゲン、CT、MRI)を見るだけで、手術が必要かどうか判断できるこ場合があります。しかし、脊椎の手術の場合は画像検査を見るだけでは手術が必要かどうか判断できることはまずありません。画像検査がどんなに悪く見えても、ほとんど症状がなく困っていない方もいらっしゃるからです。当院では、患者さんの診察を重視し、そのうえで手術以外の治療も含めて適切と考える治療を提案しております。
骨粗鬆症によるせぼねの骨折(脊椎圧迫骨折:いつの間にか骨折)はテレビCMでも有名になりましたが、とても痛い病気です。基本的にはコルセットなどの治療でよくなりますが、状態によっては小さな手術で痛みがとれる経皮的椎体形成術という治療も実施可能です。
また2018年より行えるようになった腰椎椎間板ヘルニアの新しい治療(ヘルニコア)も実施可能です。実施にあたっては幾つか注意点があり、画像を含めた診察のうえで判断しております。

主な疾患

腰部脊柱管狭窄症、頚椎症性脊髄症、腰椎椎間板ヘルニア、脊椎すべり症、転移性脊椎腫瘍

小児整形外科

小児整形外科には成人の一般的な整形外科とは異なる点が多く存在します。先天的な要因に加え、成長を加味した治療方針を立て、全身を診る必要があります。当科では小児整形外科を専門とする医師2名が対応し、治療にあたっています。また、産科や小児科とも緊密に連携を取り、専門的な診療を行っております。

主な疾患

・外傷
・四肢骨折(開放骨折、デグロービング損傷)
・外傷後変形治癒
・難治性偽関節
・神経血管損傷
・脊椎、頚部
・環軸関節回旋位固定
・特発性側弯症
・筋性斜頸
・上肢
・多指症、合指症
・小児ばね指、握り母指症
・股関節
・発育性股関節形成不全(先天性股関節脱臼)
・股関節臼蓋形成不全
・ペルテス病
・大腿骨頭すべり症
・膝関節
・円板状半月
・半月板損傷
・靭帯損傷
・足関節
・先天性内反足
・二分脊椎や脳性麻痺などによる麻痺性足部変形
・若年性特発性関節炎
・単純性関節炎
・化膿性関節炎
・骨髄炎

手外科

当院は日本手外科学会認定基幹研修施設であり、上肢については、外傷、末梢神経障害、腫瘍、先天異常、スポーツ障害などのあらゆる疾患を対象にしていますが、その中でも当院は3次救急医療施設であるため、四肢切断や挫滅などの重度外傷を多く受け入れています。それら重篤な患者に対しては、経験豊富な手の外科専門医により、マイクロサージャリー(手術用顕微鏡を用いて血管吻合や神経縫合を行うこと)を用いた専門性の高い治療を行い、患肢温存および機能温存に最大限努めています。また組織欠損により機能が損なわれている症例に対しては遊離皮弁移植術、血管柄付き骨移植術などの複合組織移植手術を行うことにより患肢機能の最大限の回復を目指しています。すべての患者さんに気配りの行き届いた診察および治療を心がけています。
上肢は構造が非常に複雑で器用な動きを必要としますので、難度の高い手術が必要になりますが、当院は経験豊富な手外科専門医により高い治療レベルを保っている数少ない病院です。どうぞお気軽にお越しください。

主な疾患

手根管症候群、肘部管症候群等の絞扼性神経疾患
上肢の骨折
上下肢、手指等の外傷性切断

骨折

高齢者の骨粗鬆症に伴う四肢・骨盤・脊椎の骨折は、歩行できた人が寝たきりになるなどの機能低下の原因となるため社会問題となっています。可能な限り防ぐとことを目的として早期手術を行っています。高齢者は様々な併存疾患を有しており、手術加療には特段の配慮が必要となります。当院では安全性を担保するため、重篤な併存疾患を持つ患者様は単独の四肢外傷であっても救命救急センターに入院し、救命救急医が担当となって全身の管理を行っております。
他方で当院は大阪府下トップクラスの救急車搬送台数を誇る救命救急センターを併設しており、重症例に対して、救急外来で初期診療から救急科専門医と併診で治療を行い、すみやかに整形外科的な介入を行うことで、早期の機能回復を目指しています。特に開放骨折(皮膚から骨折の断端が飛び出ている骨折)の日本骨折治療学会のデータベースへの登録数は日本第3位で、日本で有数の治療機関です。また開放骨折などの重度四肢外傷、脊椎外傷、骨盤外傷の治療、急性期を過ぎて様々な原因で骨折が治癒しない難治性骨折に特化した医療を行っていることが特徴です。

主な疾患

一般的な上肢・下肢の骨折、関節内骨折、粉砕骨折、開放骨折、脊椎外傷、骨盤輪・寛骨臼骨折、難治性骨折

骨粗鬆症

骨粗鬆症
高齢化の進行により骨粗鬆症の患者さんが増えて、80歳の女性の約半数が骨粗鬆症の領域になっているとの報告もあり、立った高さからの転倒などの軽微な外傷で骨折する場合があります。こうした骨折の手術も多数していますが、骨折する前から投薬を行い、骨折を予防することは非常に重要です。最近月に1回だけ、半年や1年に1回だけ飲む薬や注射する薬もあります。骨密度を測定して、患者さんの状態に合わせて処方しています。

メッセージ

患者さんに対する詳細な診察と十分な説明によりインフォームドコンセントに基づく治療を行うこと、毎週のカンファレンスにて新しい文献・資料を基にした徹底した討論を行い治療方針を決定すること、学会発表を積極的に行い第三者の批判・評価に耐えるような治療を行うことなどを心がけ、心も癒してあげられる医者に!をモットーに治療にあたっています。また、チームワークの良さが整形外科の自慢で、どんなことでも相談できる親しみやすい整形外科を目指しています。

なお、当院の整形外科は大阪大学脊椎グループ関連施設であり、多施設研究に参加しています。参加を希望されない場合は担当医に申し出ていただくよう、よろしくお願いします。

治療実績・成績

疾患別全手術件数

2016年 2017年 2018年
合計 752 845 1,088
骨折 375 339 541
脊椎 212 242 278
人工関節 59 30 37
手外科 45 132 161
小児整形 9 13 33
その他 52 89 38

担当医師・スタッフ

河野 譲二(こうの じょうじ)
職名 副院長
整形外科部長
リハビリテーションセンター センター長
地域連携センター センター長
大学
(卒業年)
大阪大学(昭和59年卒)
専門分野 脊椎外科
骨折外傷
関節リウマチ
リハビリテーション
小児整形外科
認定資格 日本整形外科学会認定医
日本脊椎脊髄病学会指導医
日本リウマチ学会専門医
日本リハビリテーション学会認定臨床医
日本整形外科学会リウマチ医
日本整形外科学会スポーツ医
学会・研究会
役職
中部整形外科災害外科学会評議員
南大阪整形外科談話会世話人
南大阪脊椎外科を学ぶ会世話人
その他 Best Doctors in Japan 2014-2015
大野 一幸(おおの いっこう)
職名 リハビリテーション科部長
大学
(卒業年)
大阪大学(平成2年卒)
専門分野 難治性骨折
小児整形外科
認定資格 日本整形外科学会専門医
日本リハビリテーション医学会専門医・臨床認定医
日本リウマチ学会専門医
学会・研究会
役職
日本創外固定・骨延長学会幹事
日本骨折治療学会評議員
日本リハビリテーション医学会近畿地方会幹事
日本整形外科学会勤務医会幹事
最新治療を考える会代表世話人
所属学会 日本整形外科学会
日本創外固定・骨延長学会
日本骨折治療学会
日本リハビリテーション医学会
日本リウマチ学会
その他 リハビリテーション科専従医として、整形外科・救急外傷部門の治療、リハビリテーションなど、整形外科とリハビリテーションを統括する役割を担っています
小林 武弥(こばやし たけや)
職名 整形外科副部長
大学
(卒業年)
平成8年卒
専門分野 外傷
認定資格 日本整形外科学会認定医
JATECプレインストラクター
杉田 淳(すぎた あつし)
職名 整形外科副部長
大学
(卒業年)
和歌山県立医科大学(平成9年卒)
専門分野 小児整形外科
小児スポーツ整形外科
認定資格 医学博士
日本整形外科学会認定医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
日本整形外科リウマチ医
日本整形外科スポーツ医
学会 日本整形外科学会
日本小児整形外科学会
日本創外固定・骨延長学会
日本骨代謝学会
日本リハビリテーション学会
水島 秀幸(みずしま ひでゆき)
職名 整形外科副部長
日本マイクロサージャリ―学会評議員
大学
(卒業年)
大阪大学(平成10年卒)
専門分野 手の外科
認定資格 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本整形外科学会リウマチ医
日本手外科学会専門医
学会 日本整形外科学会
日本手外科学会
日本マイクロサージャリー学会
日本肘関節学会
日本骨折治療学会
日本創外固定・骨延長学会
中部日本手外科研究会
黒田 有佑(くろだ ゆうすけ)
職名 整形外科副部長
大学
(卒業年)
大阪大学(平成14年卒)
専門分野 脊椎外科
認定資格 日本整形外科学会専門医
日本脊椎脊髄病学会認定医
学会 日本整形外科学会
日本疼痛学会
日本運動器疼痛学会
川本 匡規(かわもと まさのり)
職名 救命救急科副医長
整形外科副医長
大学
(卒業年)
関西医科大(平成20年卒)
専門分野 救急医学全般
整形外科
認定資格 日本整形外科学会専門医
JATEC・JPTECプロバイダー
救急科専門医
学会 日本整形外科学会
日本救急医学会
日本臨床救急医学会
日本外傷学会
骨折治療学会
中部整形外科災害外科学会
一言 整形外科が初期診療から介入することでpreventable trauma disabilityを可能な限り減少するため尽力します。
亀山 貞(かめやま ただし)
職名 整形外科医員
久野 亜積実(ひさの あずみ)
職名 整形外科医員
大学
(卒業年)
筑波大学(平成24年)
山川 大輔(やまかわ だいすけ)
職名 整形外科 後期研修医
大学
(卒業年)
大阪大学(平成28年)
専門分野 整形外科一般
学会 日本整形外科学会
中部日本整形外科災害外科学会
日本骨折治療学会
日本脊椎脊髄病学会
日本脊椎インストゥルメンテーション学会

外来診療日割表

外来F   新患受付時間 8:15~11:00

        
初診/再診午前

水島 秀幸(手外科)

 

杉田 淳(小児整形外科・関節外科)

 

亀山 貞(初診)

 

川本 匡規(再診)

黒田 有佑(脊椎外科)

 

山川 大輔(初診)

 

河野 譲二(脊椎外科)

水島 秀幸(手外科)

 

杉田 淳(初診)

 

亀山 貞(手外科)

黒田 有佑(初診)

 

久野 亜積実(再診)

 

河野 譲二(脊椎外科)

水島 秀幸(手外科)

 

杉田 淳(小児整形外科・関節外科)

 

交替制

 

小林 武弥(再診)

再診

午後

大野 一幸(再診)

黒田 有佑(脊椎外科)

 

山川 大輔(再診)

 

河野 譲二(脊椎外科)

 -

-

 小林 武弥(再診)

 

研究発表

平成30年度

開催日 学会等 演 題 演 者
4月9日 第99回南大阪整形外科談話会 治療に難渋している濃化異骨症の大腿骨慢性骨髄炎の1例 大野 一幸
4月11日~4月13日 第61回日本形成外科学会総会学術集会 下腿交叉皮弁における両下腿連結固定方法の工夫 安田 祥子
4月20日・4月21日 第130回中部整形災害外科学会 転移性骨腫瘍登録制度開始による四肢転移性骨腫瘍の治療成績の推移 大野 一幸
4月20日・4月21日 第130回中部整形災害外科学会 四肢長管骨開放骨折の治療成績 金本 岳
4月20日・4月21日 第130回中部整形災害外科学会 肩関節人工骨頭周囲骨折の1例 慶元 秀規
4月20日・4月21日 第130回中部整形災害外科学会 上腕骨大結節骨折の治療経験 吉村 佳晃
4月20日・4月21日 第130回中部整形災害外科学会 脱出側と反対側の神経症状を呈した第1/2腰椎椎間板ヘルニアの2例 河野 譲二
4月26日~4月27日 第61回日本手外科学会学術集会 マイクロサージャリーを用いた重度手部外傷の治療成績 水島 秀幸
5月24日~5月27日 第91回日本整形外科学会学術総会 救命救急センターへの外傷整形外科医の配置による小児および高齢者の緊急手術対応の改善について 大野 一幸
6月2日 第57回大阪骨折研究会 トラブル症例に学ぶ⑤-骨折術後感染例の検討- 大野 一幸
6月2日 第57回大阪骨折研究会 寛骨臼両柱骨折に対する手術治療の検討 川本 匡規
6月2日 第57回大阪骨折研究会 矯正骨切りを行い治療した非定型大腿骨骨折の一例 金本 岳
6月21日・6月22日 第32回日本外傷学会総会学術集会 皮膚壊死を伴う下肢閉鎖性デグロービング損傷に対する治療経験 山田 元彦
6月21日・6月22日 第32回日本外傷学会総会学術集会 当院で治療した重症外傷を伴う下腿以遠開放骨折の検討 川本 匡規
6月30日 第2回関西救急整形外傷シンポジウム 下腿開放骨折後慢性骨髄炎の1例 大野 一幸
6月30日 第108回日本肺癌学会関西支部学術集会 骨転移登録システムを用いた病的骨折予防 佐谷 健
6月28日 第16回日本ヘルニア学会総会 腰椎椎間板ヘルニア術中に鼠径ヘルニアが嵌頓した1症例 川本 匡規
6月13日~6月16日 Federation of European Societies for Surgery of the Hand The use of modified Kutler method for the treatment of amputation of the fingertip. 水島 秀幸
7月6日・7月7日 第44回日本骨折治療学会 濃化異骨症の大腿骨慢性骨髄炎の1例 大野 一幸
7月6日・7月7日 第44回日本骨折治療学会 上腕骨遠位coronal shear fracture Dubberley 分類 typeBの治療成績 水島 秀幸
7月6日・7月7日 第44回日本骨折治療学会 当院で治療した下腿以遠の開放骨折に対する感染率の検討 川本 匡規
7月6日・7月7日 第44回日本骨折治療学会 上腕骨骨幹部骨折に対するHAI nailの使用経験 川本 匡規
7月6日・7月7日 第44回日本骨折治療学会 四肢転移性骨腫瘍による病的骨折の治療成績 久野 亜積実
7月6日・7月7日 第44回日本骨折治療学会 大腿骨近位部二重骨折の治療経験 久野 亜積実
7月6日・7月7日 第44回日本骨折治療学会 Interprosthetic femoral fractureに対してdouble plateingで加療した1例 吉村 佳晃
7月6日・7月7日 第44回日本骨折治療学会 大腿骨転子部骨折(AO/OTA分類31-A2)に対するmiddlenailの治療成績 金本 岳
7月28日 第62回近畿小児整形外科懇話会 開放性脛骨遠位骨端線損傷後に骨端線早期閉鎖が生じたことにより、距腿関節内反変形が生じた症例 金本 岳
7月14日 第18回骨折治療を考える会 骨折治療における創外固定の基本 大野 一幸
8月3日・8月4日 第31回日本創外固定・骨延長学会 骨移動術におけるDocking siteへのModern Papineau法の治療成績 大野 一幸
8月3日・8月4日 第31回日本創外固定・骨延長学会 外傷後に生じた重度尖足変形に対し、イリザロフ創外固定器を用いて矯正を行った1例 杉田 淳
8月3日・8月4日 第31回日本創外固定・骨延長学会 開放骨折に対する一時的創外固定器を使用した治療成績 金本 岳
8月3日・8月4日 第31回日本創外固定・骨延長学会 イリザロフ創外固定による治療を初めて導入した時に病棟看護師が抱いた不安の評価~アンケート調査より~ 中西 恵美
9月13日~9月15日 ASSH2018-American Society for Surgery of the Hand Annual Meeting The Use of Pedicle Flaps for the Treatment of Amputation of the Fingertip 水島 秀幸
9月15日 第55回大阪整形外科症例検討会 椎体外浸潤を伴う脊椎転移に対して緊急手術を施行した2例 金本 岳
9月28日・9月29日 第27回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 外側塊screwより内側の頚椎椎弓切除端よりscrewを刺入する後方固定法 河野 譲二
9月28日・9月29日 第27回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 術中CTを用いた脊椎破裂骨折手術における整復状態の検討 川本 匡規
9月29日 第24回日本運動器再建・イリザロフ法研究会 下腿慢性骨髄炎に対して、bone transport法で加療した1例-移動骨片に感染が生じ、治療に難渋した1例- 大野 一幸
9月7日 第23回関西がんチーム医療研究会 原発不明がん骨転移症例におけるキャンサーボードは有用である 河野 譲二
10月5日~10月6日 第131回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 骨転移登録システムの構築に脊椎外科医が果たすべき役割 河野 譲二
10月5日~10月6日 第131回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 大腿骨頚部骨折に対する人工骨頭置換術の手術進入方法の比較検討 金本 岳
11月19日~11月21日 第46回日本救急医学会総会学術集会 精神疾患をもつ患者の運動器外傷に対するpreventable trauma disabilityを減らすための試み 川本 匡規
11月19日~11月21日 第46回日本救急医学会総会学術集会 当院の【救急外科】におけるIVRのあり方 薬師寺 秀明
11月19日~11月21日 第46回日本救急医学会総会学術集会 外科のサブスペシャリティとしてのAcute Care Surgeryチームの構築 山田 元彦
11月19日~11月21日 第46回日本救急医学会総会学術集会 神経線維腫症1型に合併した内腸骨動脈破裂の一例 金子 正憲
11月19日~11月21日 第46回日本救急医学会総会学術集会 中毒症状が遷延した急性カフェイン中毒の一例 平野 恵里子
11月27日~11月30日 ORS ISFR 2018 Treatment of chronic osteomyelitis using modern Papineau technique with negative pressure wound therapy Ohno I
11月2日~11月4日 第2回日本リハビリテーション学会秋季学術集会 骨転移登録システムにより早期介入した脊椎転移患者のリハビリテーション 河野 譲二
12月6日~12月7日 第45回日本マイクロサージャリー学会学術集会 重度手部外傷の治療成績 水島 秀幸
12月6日~12月7日 第45回日本マイクロサージャリー学会学術集会 四肢長管骨骨欠損に対する仮骨延長法による治療 大野 一幸
12月8日 第58回大阪骨折研究会 後方成分の転位を伴う脆弱性骨盤輪骨折に対する手術加療の検討 川本 匡規
12月8日 第58回大阪骨折研究会 トラブル症例に学ぶ⑥-cerclage cable(wiring)の是非- 大野 一幸
12月8日 第58回大阪骨折研究会 鎖骨骨折に腕神経叢麻痺を合併した一例 金本 岳
12月14日・12月15日 第29回日本小児整形外科学会学術集会 小児上腕骨顆上骨折への当院の取り組みと治療成績 杉田 淳

平成29年度

開催日 学会等 演 題 演 者
12月9日 第56回大阪骨折研究会 トラブル症例に学ぶ5-トラブルを防ぐために参加すべき骨折の研修会- 大野 一幸
12月9日 第56回大阪骨折研究会 骨転移登録システム構築による病的骨折に対する当院での取り組み 河野 譲二
12月9日 第56回大阪骨折研究会 Pilon骨折に対する観血的整復固定術後感染の1例 吉村 佳晃
12月7日・12月8日 第44回日本マイクロサージャリー学会学術集会 指尖部切断に用いた皮弁の治療成績 水島 秀幸
12月7日・12月8日 第28回日本小児整形外科学会学術集会 救命救急センター設置による小児上肢骨折の緊急手術例の検討 大野 一幸
12月7日・12月8日 第28回日本小児整形外科学会学術集会 尺骨鉤状突起単独骨折の1例 大野 一幸
12月7日・12月8日 第28回日本小児整形外科学会学術集会 腓骨遠位骨端線早期閉鎖により生じた足関節外反変形に対し、腓骨骨延長と脛骨遠位内側のhemiepiphysiodesisを併用した1例 杉田 淳
11月23日~11月25日 第23回救急整形外傷シンポジウム Modern Papineau法は骨形成を促進するか 大野 一幸
11月18日 第6回大阪大学骨折カンファレンス 上腕骨大結節骨折の治療成績 吉村 佳晃
11月18日 第6回大阪大学骨折カンファレンス 最近の紹介例の検討 大野 一幸
11月18日 第6回大阪大学骨折カンファレンス 難治性感染例の検討 大野 一幸
11月18日 第6回大阪大学骨折カンファレンス 小児肘関節周囲骨折 大野 一幸
10月6日・10月7日 第129回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 転移性骨腫瘍による大腿骨病的骨折の治療成績 慶元 秀規
10月6日・10月7日 第129回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 化膿性脊椎炎に対する棘突起プレートの使用経験 吉村 佳晃
10月20日~10月22日 第19回日本骨粗鬆症学会 救命救急センターでの大腿骨近位部骨折のリハビリテーションについて 大野 一幸
9月9日 第23回日本運動器再建・イリザロフ法研究会 濃化異骨症の大腿骨慢性骨髄炎の1例 大野 一幸
9月7日~9月9日 72ND ANNUAL MEETING OF THE ASSH Clinical evaluation before and after the removal of the vollar locking plate in distal radius fracture Mizushima H
9月7日~9月9日 72ND ANNUAL MEETING OF THE ASSH The use of modified Kutler method for the treatment of amputation of the fingertip Mizushima H
7月7日・7月8日 第43回日本骨折治療学会 救命救急センター設置による大腿骨近位部骨折の手術待機時間等の推移について 大野 一幸
7月7日・7月8日 第43回日本骨折治療学会 重度軟部組織損傷を伴った脛骨骨幹部開放骨折に対して創外固定器を工夫し、装着下で髄内釘治療をした3症例 川本 匡規
7月7日・7月8日 第43回日本骨折治療学会 大腿骨顆部Hoffa骨折後の偽関節にPHILOSを用いて治療した一例 川本 匡規
7月1日 第1回関西救急整形外傷シンポジウム 高齢者の上腕骨顆上骨折にPLRIを合併した1例 大野 一幸
6月24日 第55回大阪骨折研究会 『トラブル症例に学ぶ4-その抜釘大丈夫ですか-』 大野 一幸
6月24日 第55回大阪骨折研究会 超高齢者の脆弱性骨盤輪骨折に対する治療経験 川本 匡規
6月24日 第55回大阪骨折研究会 非定型大腿骨骨折の治療経験 慶元 秀規
6月24日 第55回大阪骨折研究会 鎖骨骨折後偽関節の治療経験 吉村 佳晃
6月21日~6月24日 ヨーロッパ手外科学会(FESSH2017) Vascularized Fibular Grafting for Treating Pseudarthrosis of the Forearm Bones Caused by Infection Mizushima H
6月21日~6月24日 ヨーロッパ手外科学会(FESSH2017) The Use of Pedicle Flaps for the Treatment of Amputation of the Fingertip Mizushima H
6月14日~6月17日 国際マイクロサージャリー学会(WSRM2017) The Use of Pedicle Flaps for the Treatment of Amputation of the Fingertip Mizushima H
6月14日~6月17日 国際マイクロサージャリー学会(WSRM2017) Vascularized Fibular Grafting for Treating Pseudarthrosis of the Forearm Bones Caused by Infection Mizushima H
6月1日・6月2日 第31回日本外傷学会総会学術総会 都市近郊における外傷は医療圏内の2次救急を整理し『縦方向』に集約化すべきである 川本 匡規
5月18日~5月21日 第90回日本整形外科学会学術総会 脆弱性仙骨骨折は転位がなくても下肢麻痺や膀胱直腸障害が出現することがある 川本 匡規
4月17日 整形外科卒後研修セミナー 難治性骨折に学ぶ骨折治療のKnacks&Pitfalls 大野 一幸

平成28年度

開催日 学会等 演 題 演 者
3月9日~3月11日 第44回日本集中治療医学会学術集会 非骨傷性脊髄損傷は集中治療室での管理が必要か? 川本 匡規
3月4日 第52回大阪整形外科症例検討会 弛みを伴うInterprosthetic femoral fractureの1例 豊田 和也
3月3日~3月4日 第30回日本創外固定・骨延長学会学術集会 骨盤骨折、下腿コンパートメント症候群に続発した膝関節屈曲拘縮に対してイリザロフ創外固定器を用いて矯正を行った1例 杉田 淳
3月3日~3月4日 第30回日本創外固定・骨延長学会学術集会 大腿骨転子下骨折後偽関節に対してchipping法を行った1例 大野 一幸
2月18日 第449回整形外科集談会 京阪神地方会 脛腓骨遠位骨幹部開放骨折に伴う骨欠損をMasquelet法で再建した一例 市場 雄大
12月10日 第54回大阪骨折研究会 小児上腕骨顆上骨折に前腕骨骨折を合併した2例 市場 雄大
12月10日 第54回大阪骨折研究会 重度軟部組織損傷を伴った脛骨骨幹部開放骨折に対して創外固定器を工夫して装着し、装着下で髄内釘治療をした3症例 川本 匡規
12月10日 第54回大阪骨折研究会 トラブル症例に学ぶ③―創外固定器の固定性について― 大野 一幸
12月1日~12月2日 第27回日本小児整形外科学会学術集会 小児骨関節感染症における血清プロカルシトニン測定の有用性 西原 悠
12月1日~12月2日 第27回日本小児整形外科学会学術集会 小児踵骨骨折の治療について 大野 一幸
11月17日~11月19日 第44回日本救急医学会総会・学術集会 整形外科関連の外傷診療に重点をおき整備した当院救命救急センターの現状 川本 匡規
11月12日 第4回大阪大学整形外科骨折カンファレンス 大腿骨顆部Hoffa骨折術後の偽関節にPHILOSを用いて治療を行った2例 川本 匡規
11月12日 第4回大阪大学整形外科骨折カンファレンス 大腿骨髄内釘固定時における横止めスクリュー刺入時の留意点 大野 一幸
11月11日 第1回堺骨折を考える会 大腿骨顆部Hoffa骨折術後の偽関節にPHILOSを用いて治療を行った1例 川本 匡規
9月30日~10月1日 第127回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 頚椎椎弓形成術後に環軸椎不安定性と歯突起後方腫瘤にて再狭窄を認めた2症例 豊田 和也
9月30日~10月1日 第127回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 大腿骨骨幹部骨折術後偽関節に対するexchange nail法の治療成績 市場 雄大
9月30日~10月1日 第127回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 外傷性動静脈塞瘻による難治性皮膚潰瘍で脛骨高原骨折術後感染を来した1症例 川本 匡規
9月10日 第51回大阪整形外科症例検討会 肩鎖関節脱臼に烏口突起骨折を合併した1症例 豊田 和也
9月3日 第41回日本リハビリテーション医学会近畿地方会学術集会 上腕骨顆上骨折術後に続発した肘関節脱臼の一例 市場 雄大
7月23日 第49回大阪脊椎外科フォーラム 見落とされやすい仙骨脆弱性骨折の診断と治療 川本 匡規
6月18日 第53回大阪骨折研究会(OFC) 大腿骨骨幹部偽関節の治療経験 市場 雄大
6月18日 第53回大阪骨折研究会(OFC) 術中CT撮影が可能なHybrid手術室を利用した脊椎破裂骨折手術の小経験 川本 匡規
6月18日 第53回大阪骨折研究会(OFC) トラブル症例に学ぶ②-プレート固定した際の対側の固定性について 大野 一幸
6月9日~6月11日 第53回日本リハビリテーション医学会学術集会 小児前腕骨骨幹部骨折後の可動域制限について 大野 一幸
5月30日~5月31日 第30回日本外傷学会総会・学術集会 術中CT撮影が可能なHybrid 手術室を利用した脊椎破裂骨折手術の小経験 川本 匡規
4月11日 第95回南大阪整形外科談話会 治療に難渋した両下肢多発骨折の一症例 川本 匡規
4月11日 第95回南大阪整形外科談話会 同側下肢4重骨折の治療経験 大野 一幸
4月8日~4月9日 第126回中部日本整形外科災害外科学会学術集会 当院にて経験した黄色靭帯肥厚性病変4症例の検討 豊田 和也
4月8日~4月9日 第126回中部日本整形外科災害外科学会学術集会 脛骨高原骨折後早期に出血性ショックを来たした抗血小板薬内服患者の治療経験 川本 匡規

施設認定