診療科・部門ご案内

診療科 - 脳神経内科 -

診療科 - 脳神経内科 -

堺市立総合医療センタートップページ > 診療科・部門ご案内 > 診療科 > 脳神経内科

読み上げる

脳神経内科

脳神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。
体を動かしたり、感じたりする事や、考えたり覚えたりすることが上手にできなくなったときにこのような病気を疑います。
症状としてはしびれやめまい、うまく力がはいらない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、ひきつけ、むせ、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、頭痛、かってに手足や体が動いてしまう、物忘れ、意識障害など沢山あります。
まず、全身をみることが出来る脳神経内科でどこの病気であるかを見極めることが大切です。
その上で骨や関節の病気がしびれや麻痺の原因なら整形外科に、手術などが必要なときは脳神経外科に、精神的なものは精神科や心療内科にご紹介します。
このようにいろいろな科が関係することもありますが、まずは全身をみることができる脳神経内科にかかっていただき、必要であれば他の科に紹介させていただきます。

このページの目次

対応疾患

特色・強み

脳神経内科は、堺市の神経難病基幹病院として、パーキンソン病、筋委縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症など神経難病の診断、治療を行っています。
診断治療は、神経内科専門医が中心になって行っています。
体の震え(振戦)やジストニア(痙性斜頸など)などの不随意運動症の診断治療、脳卒中後遺症などによる痙縮などへのボツリヌス治療を行っており、国内でも有数の治療実績を誇っています。
脳卒中診療では、脳神経内科は、脳神経外科とともに脳卒中センターを形成しています。
脳卒中診療を、急性期だけでなく、卒中再発予防、痙縮へのボツリヌス治療や発症予防なども含めて対応します。
当センターでは、定期的に合同でカンファレンスを行い、複数科医師・看護師、理学療法士、言語聴覚士、作業療法士、医療ソーシャルワーカー、薬剤師が医療チームとして共通病態の管理を統一し、効率的な診療を行うことを目指しています。
脳卒中に関しては脳神経外科と週1回カンファレンスをもち、連携して診療にあたっています。
医療設備としては、CT、MRI、SPECT、頚動脈エコー、生理学的検査機器(脳波、筋電図、誘発電位)が利用可能です。
神経難病基幹施設として紹介型施設であり、医師会や他病院と連携して診療を行っています。

治療実績・成績

平成30年1年間の外来患者数2,954、外来初診患者数437人、入院患者140人、平均在院日数は12.1日です。
外来患者さんの内訳は、頭痛、痺れ(痛み)・眩暈(ふらつき)・脳血管障害、認知症が多く、その他はパーキンソニズムを主体とする変性疾患・神経難病、脊髄・脊椎疾患、てんかん、末梢神経・筋疾患などです。
入院患者さんの内訳は、脳血管障害が1/3、神経難病が1/3、その他末梢神経・筋疾患や脊椎・脊髄疾患、感染症、認知症など多様な疾患を扱っています。

脳神経内科疾患別 入院患者数
疾患名 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年
脳血管障害 72 37 47 38 52
神経難病 43 36 55 38 34
その他 65 63 36 67 54
合計 180 136 138 143 140

担当医師・スタッフ

当科のモットーは、「規模は小さくても、なくてはならない診療科!」です。

松本 昌泰 (まつもと まさやす)
職名 堺市立総合医療センター 顧問
大学
(卒業年)
大阪大学(昭和51年卒)
大阪大学大学院(昭和57年修了、医学博士)
Mayo Clinic, USA(昭和59年~昭和61年留学)
広島大学名誉教授
大阪大学招聘教授
摂南大学客員教授
専門分野 脳神経内科
老年病
脳卒中・認知症の発症・再発予防など
認定資格 日本内科学会認定内科医
日本神経学会神経内科専門医・指導医
日本老年医学会認定老年病専門医・指導医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
日本動脈硬化学会認定指導医
厚生労働省 薬事・食品衛生審議会委員(専門委員)
独立行政法人医薬品医療機器総合機構専門委員
日本脳卒中協会広島県支部顧問
公益社団法人・認知症の人と家族の会広島県支部顧問
難病対策センター(ひろしま)顧問
学会 世界脳卒中機構(WSO)元理事
日本内科学会功労会員
日本神経学会名誉会員
日本脳卒中学会名誉会員
日本動脈硬化学会名誉会員
日本脳ドック学会理事
日本脈管学会特別会員
日本神経治療学会功労会員
日本脳神経超音波学会名誉会員
日本脳循環代謝学会名誉会員
日本栓子検出と治療学会名誉会員
日本認知症学会代議員
モットー 「あなたに会えて良かった」と言われる医療人に!

好きな言葉:「至誠通天」「人は人に生かされ、人は人のために生きる」
中村 雄作 (なかむら ゆうさく)
職名 脳神経内科 部長
大学
(卒業年)
鳥取大学医学部(昭和53年卒)
大阪大学医学部第二内科(昭和53年~昭和63年)
近畿大学医学部神経内科(昭和63年~平成10年)
ロンドン大学 Institute of Neurology(平成8年~平成10年)
近畿大学堺病院神経内科及び医学部神経内科教授(平成11年~平成31年)
専門分野 神経内科学全般
神経難病
ジストニア
パーキンソン病などの不随意運動症全般
ボツリヌス治療(痙性斜頸、脳卒中後遺症、痙性対麻痺など)
神経生理学(経頭蓋的磁気治療など)
ロボットリハビリなど
認定資格 医学博士(大阪大)
日本神経学会専門医、指導医
日本内科学会認定内科医
日本臨床神経生理学会 脳波・筋電図専門医、指導医
難病指定医
身体障害者福祉法第15条指定医(肢体不自由、平衡機能障害、音声・言語機能障害)
湯浅 義人(ゆあさ よしひと)
職名 脳神経内科 脳神経救急担当部長
大学
(卒業年)
平成5年卒
認定資格 日本脳卒中学会脳卒中専門医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会認定教育施設指導医
中野 智仁(なかの ともひと)
職名 外来応援医
大学
(卒業年)
平成25年卒
認定資格 日本内科学会認定内科医
神野 隼輝(じんの じゅんき)
職名 外来応援医
大学
(卒業年)
平成26年卒

外来診療日割表

外来A   新患受付時間 8:15~11:00

       
初診/再診午前

階堂 三砂子/

神野 隼輝

湯浅 義人

階堂 三砂子

中村 雄作

中野 智仁

午後

中村 雄作/

階堂 三砂子

 

松本 昌泰

(脳卒中・認知症予防外来)

階堂 三砂子中村 雄作(再診)

中村 雄作(ボツリヌス外来)

                      ※松本Drのセカンドオピニオン外来については予約時に調整します。

施設認定

研究発表

1.学会発表・講演
平成30年度
開催日 学会等 演 題 演 者
2月14日~2月15日 第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会 高カロリー輸液投与開始早期の低リン血症合併の現状と予測因子 浅香 倫子
2月14日~2月15日 第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会 経鼻胃管(Salem sump tube)からの栄養投与に対するNSTからの提案 郷間 巌
2月14日~2月15日 第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会 当院NSTでの提案に対する受け入れ状況の検討 鄧 傑之
5月11日・5月12日 TCIF2018 血管内視鏡で探る粥状動脈硬化症の本質 松本 昌泰
5月23日・5月26日 第59回日本神経学会学術集会 若年性脳卒中患者におけるFabry病スクリーニングおよび遺伝学的検査の検討 松本 昌泰
5月23日・5月26日 第59回日本神経学会学術集会 脳梗塞再発予防を目的とした看護師主導の 松本 昌泰
6月8日・6月9日 第37回日本脳神経超音波学会総会 プラバスタチン長期投与患者における登録時内中膜複合体厚と脳卒中再発の関係 J-STARS Echo研究 松本 昌泰
6月8日・6月9日 第37回日本脳神経超音波学会総会 脳梗塞病型別のプラバスタチン長期投与による頸動脈内中膜複合体厚への影響 J-STARS Echo研究 松本 昌泰
6月14日・6月16日 第60回日本老年医学会学術集会 脳梗塞・脳出血から考える高齢者に対する抗血栓療法 松本 昌泰
6月16日 第24回PEG・栄養とリハビリ研究会 癌性髄膜炎への治療奏功後,残存した嚥下障害に胃瘻を造設し療養支援した1例 鈴田 薫
6月16日 第24回PEG・栄養とリハビリ研究会 肺移植待機となった上葉肺線維症(PPFE)による重症呼吸不全症例への栄養サポート 馬場 千歳
9月23日・9月24日 第7回栄養管理指導者協議会学術集会 当院の神経難病患者における誤嚥防止手術実施の現状について 階堂 三砂子
平成29年度
開催日 学会等 演 題 演 者
2月22日~2月23日 第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会 血糖コントロールにおける食物繊維の重要性が示唆された1例 山口 勇太
2月22日~2月23日 第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会 肺移植待機の上葉肺線維症患者の呼吸状態の悪化と栄養指標の変化について 馬場 千歳
2月22日~2月23日 第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会 当院NSTでの提案に対する受け入れ状況の検討 鄧 傑之
2月22日~2月23日 第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会 癌性髄膜炎への治療奏功後,残存した嚥下障害に胃瘻を造設し療養支援した1例 鈴田 薫
2月22日~2月23日 第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会 呼吸器病棟において栄養サポートチーム介入となった肺がん症例の特徴について 郷間 巌
12月15日~12月16日 第3回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会 公開講座「遺伝性神経難病のケア」の症例検討における出生前診断話題提供への受け止め 覚道 真理子
9月16日~9月21日 XXIII World Congress of Neurology(WCN) Repetitive cases of transient myoclonic state with asterixis in the elderly. Misako Kaido
9月16日 第217回近畿地方会 クローン病に対してTNFα阻害薬使用中に発症した多発性硬化症の1症例. 長谷川 耕平
9月16日 第217回近畿地方会 上眼窩裂症候群をともなう急性副鼻腔炎から髄膜炎に至った一例. 永田 詩歩
9月8日 市民公開講座 脳卒中の治療について~脳卒中について知り,寝たきりにならないために~「脳卒中って何?」 階堂 三砂子
7月5日 第25回南大阪膠原病カンファレンス クローン病に対してTNFα阻害薬使用中に発症した多発性硬化症の1症例. 長谷川 耕平
6月23日~6月25日 第41回日本遺伝カウンセリング学会学術集会 遺伝性神経難病ケア研究会における症例検討ロールプレイ研修の経験 四本 由那
5月20日 第2回北摂ファブリー病カンファレンス 「ファブリー病ヘテロ型への酵素補充療法」 階堂 三砂子
平成28年度
開催日 学会等 演 題 演 者
2月25日~2月26日 第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会 長期人工呼吸管理を要した高齢の呼吸不全患者へのNST介入有効例 馬場 千歳
2月25日~2月26日 第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会 NSTの介入により胃瘻造設の認識が拒否から実施希望へと変化した1例 鈴田 薫
2月25日~2月26日 第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会 嚥下機能に問題のない小腸DLBCL患者の経口摂取が進まず難渋した1症例 辻野 千佳
12月3日 第214回日本内科学会近畿地方会 難治性の嘔気・嘔吐を主徴とした視神経脊髄炎関連疾患の1例 黒野 由莉
10月6日~10月8日 第10回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス DaTView と DaTQUANT による DaTSCAN 解析結果の比較検討 階堂 三砂子
9月24日 第213回日本内科学会近畿地方会 肺炎球菌性髄膜炎の経過中に脳血管炎を発症した一例 織田 舞
6月25日 第22回関西PEG・栄養とリハビリ研究会 胃瘻造設の意思決定の支援を通じてナラティブ アプローチの有用性を実感した一例 鈴田 薫
2.文献
平成30年度
Female carrier with DMD mutation manifesting only asymptomatic hyperCKemia and psychiatric problems.
Neurology and Clinical Neuroscience,7: 129-131, 2019
Misako Kaido,Yoshihito Yuasa
Mental problems in dystrophinopathies - not only males, but also females.
International Journal of Neurorehabilitation,6: 341, 2019
Misako Kaido
遅発性放射線障害により首下がり症を呈したホジキンリンパ腫サバイバーの1例
臨床神経
58: 308-313, 2018
階堂三砂子,湯浅義人,池田 恢
脳血管病の過去・現在・未来:危険因子とその管理,分子脳血管病
18: 19-24,2019
松本昌泰
平成29年度
DaTViewとDaTQUANTによるDaTSCAN解析結果の比較検討
神経内科
86:735-741,2017
階堂三砂子,湯浅義人,藪本大紀,田港朝也
「高齢者の急性発症身震い様不随意運動」はまれではない
堺市立総合医療センター医学雑誌
17:8-13,2017
階堂三砂子
平成28年度
多発脳神経麻痺のみを呈し胆嚢癌による傍腫瘍性神経症候群が疑われた1例臨床神経
56:617-621,2016
階堂三砂子,湯浅義人,山本為義,棟方哲,田川直洋,田中恵子
てんかん性脳波異常を伴う反復発作性運動失調症2型の一家系
臨床神経
56:260-264,2016
階堂三砂子,古田充,中森雅之,湯浅義人,高橋正紀

関連リンク