診療科・部門ご案内

診療科 - 肝胆膵外科 -

診療科 - 肝胆膵外科 -

堺市立総合医療センタートップページ > 診療科・部門ご案内 > 診療科 > 肝胆膵外科

読み上げる

肝胆膵外科

肝胆膵外科は主に肝臓、胆道および膵臓の3つの臓器に生じる病気を対象にしており、その患者さんの数は決して少なくありません。しかしながら、外科医のなかで肝胆膵外科を専門とする医師の数は少なく、実際病気にかかると、どの病院にいけばよいのかを悩む方が多いのが実情ではないでしょうか。

がんセンターや大学病院に専門医がいるのはわかっているが、実際診てもらうのに多くの手間暇がかかり、また家からも遠くて受診しにくいといわれる患者さんもいます。

当病院は救急患者を受け入れているため24時間受診が可能であるのに加えて、ひとたび詳しい検査や高度な治療が必要となっても、高度な技術や知識をもった医師が対応しますので、いつでも安心して診療を受けることができます。セカンドオピニオン外来も行っておりますので、病気でお悩みの際にはご相談でもかまいませんので一度当科を受診してください。

このページの目次

対応疾患

肝臓 肝細胞がん、肝内胆管がん、転移性肝がん、肝のう胞、肝損傷
胆道 胆管がん、胆嚢がん、乳頭部がん、先天性胆道拡張症、膵管胆道合流異常症、胆石症、総胆管結石症、肝内結石症
膵臓 膵臓がん、腫瘍性膵のう胞、転移性膵腫瘍、慢性膵炎
その他 脾腫瘍、脾腫、副腎腫瘍、後腹膜腫瘍、小腸腫瘍、十二指腸腫瘍

特色・強み

当病院は、日本肝胆膵外科学会 高度技能医修練施設認定を受けております。大阪府下で認定施設は17施設で、肝胆膵外科の中心的役割を担っています。
肝胆膵外科領域の診療では、肝臓・胆道・膵臓それぞれの臓器特有の専門的な知識が要求され、また手術自体の難易度が高く、高度な技術が要求されます。
当病院ではこれらの知識と技術をもった医師による高度な医療水準の治療を受けることができます。

さらに、新病院移転後の平成27年10月から肝胆膵手術にも体に優しい腹腔鏡手術を導入しています。最新設備を使用した腹腔鏡下手術の割合が増加しています。

部長の中平は2017年までに腹腔鏡下肝切除406例、腹腔鏡下膵切除62例と国内で有数の手術実績を持ち、第30回日本内視鏡外科学会総会では最も優れた手術手技に授与されるカールストルツ賞を受賞しています。

また、外来化学療法センターと放射線治療室も充実して完備されているため、たとえ手術不能の進行がんであっても個々の患者さんにあった最良の医療を受けることができます。肝胆膵領域がんは難治性がんの割合が多く、がんを最終的に制御できない事がありますが、この場合には緩和ケアチームと連携して患者さんに満足していただける医療を提供するように努力しております。

治療実績・成績

肝胆膵高難度手術症例数
(肝胆膵外科学会の定める難度の高い肝臓および膵臓手術)

肝切除症例数と腹腔鏡下手術の割合

膵切除症例数と腹腔鏡下手術の割合

肝がん切除症例数

肝細胞がん切除症例の治療成績

膵がん根治切除手術症例数

膵がん根治切除症例の治療成績

胆道がん根治切除手術症例数

胆道がん根治切除症例の治療成績

胆嚢摘出術(総胆管切開術を含む)手術症例数

担当医師・スタッフ

中平 伸(なかひら しん)
職名 肝胆膵外科部長
大学
(卒業年)
徳島大学(平成10年卒)
専門分野 消化器外科
(肝胆膵外科、脾臓外科)
腹腔鏡手術
認定資格 医学博士
日本外科学会
(専門医・指導医)
日本消化器外科学会
(専門医・指導医)
日本肝胆膵外科学会
(高度技能指導医)
日本内視鏡外科学会
(技術認定医)
日本消化器内視鏡学会 専門医
インフェクションコントロールドクター
日本外科感染症学会 外科周術期感染管理認定医・暫定指導医
日本胆道学会認定 指導医
日本医師会認定産業医
日本がん治療認定医機構
(がん治療認定医)
学会 日本肝胆膵外科学会評議員
日本外科感染症学会評議員
日本臨床外科学会評議員
肝臓内視鏡外科研究会世話人
膵臓内視鏡外科研究会幹事
近畿外科学会評議員
近畿内視鏡外科研究会世話人
南大阪肝胆膵内視鏡外科研究会代表世話人
The 2nd World Congress of the International Laparoscopic Liver Society 学術委員
消化器内視鏡外科推進連絡会「腹腔鏡下肝切除に関する技術検討委員会」委員(新規医療機器開発プロジェクト)
JSESガイドライン 胆道分担委員
IHPBA active member
モットー 個々の患者さんにあった、科学的根拠に基づいた治療を考えていきます。切除可能な進行がんの患者さんには拡大手術で根治を目指す一方で、標準的な手術では体のダメージを最小限にする腹腔鏡手術を行っています。
小川 久貴(おがわ ひさたか)
職名 肝胆膵外科医長
大学
(卒業年)
平成16年卒
専門分野 消化器外科
肝胆膵外科
認定資格 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
消化器がん外科治療認定医
学会 日本消化器外科学会会員
日本肝胆膵外科学会会員
日本臨床外科学会会員
日本内視鏡外科学会会員
日本癌治療学会会員
AACR active member
FOCIS会員
モットー 2018年1月より赴任となりました。当院当科で治療を受けてよかったと患者さんに思ってもらえるような医療を提供したいと常々考えております。

外来診療日割表

外来A   新患受付時間 8:15~11:00

  
初診/再診午前

中村 昌司

(消化器内科)

 

中平 伸

(肝胆膵外科)

 

鄧 傑之

(外科)

合原 彩

(消化器内科)

 

西 秀美

(外科)

担当医

(消化器内科)

 

中平 伸

(肝胆膵外科)

 

眞木 良祐

(外科)

伊藤 公子

(消化器内科)

 

藤田 淳也

(胃食道外科)

 

日村 帆志

(外科)

藤森 正樹

(消化器内科)

 

西 秀美

(外科)

再診

午前

中平 伸

(肝胆膵外科)

北村 信次/

光藤 大地

(消化器内科)

北村 信次/

高橋 俊介

(消化器内科)

 

辻江 正樹

(大腸肛門外科)

 

中平 伸

(肝胆膵外科)

藤田 淳也

(胃食道外科)

大里 浩樹

(肝胆膵外科)

 

三上 城太

(胃食道外科)

午後

合原 彩

(消化器内科)

 

中平 伸

(肝胆膵外科)

 

大原 信福

(大腸肛門外科)

高橋 俊介

(消化器内科)

 

藤森 正樹

(消化器内科)

伊藤 公子

(消化器内科)


中村 昌司
(消化器内科)

 

中平 伸

(肝胆膵外科)

 

辻江 正樹

(大腸肛門外科)

光藤 大地

(消化器内科)

 

藤田 淳也

(胃食道外科)

北村 信次

(消化器内科)

 

中田 健

(大腸肛門外科)

 

三上 城太

(胃食道外科)

施設認定

研究発表

1.論文発表
【百花繚乱!エネルギーデバイスを使いこなす】術式別 デバイスの選択と活用法 腹腔鏡下肝右葉切除術. 臨床外科. 2017;72(5):583-8. 中平 伸, 岸本 朋也, 吉村 旬平, 笹松 信吾, 西 秀美, 井上 稔也, et al.
80歳以上高齢者肝細胞癌症例に対する腹腔鏡下肝切除術の治療成績の検討. 癌と化学療法. 2016;43(12):1518-20. 大村 仁昭, 武田 裕, 桂 宜輝, 阪本 卓也, 中平 伸, 森本 祥悠, et al.
多発嚢胞状局所浸潤およびリンパ節転移を伴った原発性十二指腸球部癌. 日本消化器外科学会雑誌. 2016;49(9):873-81. 井上 雅史, 種村 匡弘, 伊禮 俊充, 中平 伸, 澤田 元太, 山下 晋也, et al.
膵頭部神経内分泌腫瘍との鑑別が困難であった異所性副腎の1例. 臨床外科. 2016;71(6):775-9. 井上 雅史, 種村 匡弘, 伊禮 俊充, 中平 伸, 清水 洋祐, 畑中 信良.
自己免疫性膵炎を伴わないIgG4関連硬化性胆管炎の1例. 胆道. 2015;29(4):775-81. 武田 裕, 中平 伸, 桂 宜輝, 松下 克則, 中村 剛之, 糸瀬 一陽, et al.
再発肝細胞癌に対する腹腔鏡下肝切除術の検討. 癌と化学療法. 2015;42(12):1884-6. 大村 仁昭, 武田 裕, 桂 宜輝, 中平 伸, 森本 祥悠, 石田 智, et al.
イマチニブ、スニチニブ耐性化後にレゴラフェニブにて加療した十二指腸GISTの1例. 癌と化学療法. 2014;41(12):1545-7. 武田 裕, 中平 伸, 桂 宜輝, 大村 仁昭, 日馬 弘貴, 黒田 有佑, et al.
【胆膵疾患に対する高難度腹腔鏡下手術】 乳頭部癌に対する腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術. 胆と膵. 2014;35(11):1301-7. 武田 裕, 中平 伸, 桂 宜輝, 大村 仁昭, 新田 佳苗, 賀川 義規, et al.
当院の肝障害度B肝細胞癌に対する腹腔鏡下肝切除術の治療成績. 癌と化学療法. 2014;41(12):1491-3. 桂 宜輝, 武田 裕, 中平 伸, 石田 智, 佐藤 泰史, 森本 祥悠, et al.
切除不能進行膵癌に対するGemcitabine+Erlotinib併用療法. 癌と化学療法. 2013;40(12):1884-6. 武田 裕, 中平 伸, 桂 宜輝, 賀川 義規, 沖代 格次, 竹野 淳, et al.
切除不能十二指腸乳頭部癌に対しStaging Laparoscopyと腹腔鏡下胆道バイパス術を一期的に施行した1例. 癌と化学療法. 2013;40(12):1774-6. 中平 伸, 武田 裕, 桂 宜輝, 浜中 美千子, 橋本 直佳, 松下 克則, et al.
【主要な手術・治療・処置を徹底図解! 消化器外科の術式別ケア はやわかりノート】 (第1部)開胸・開腹・内視鏡手術編(第3章) 肝胆膵疾患 腹腔鏡下肝切除術・膵切除術の特性. 消化器外科Nursing. 2013(2013秋季増刊):158-63. 中平 伸.
エベロリムスが奏効した膵原発非機能性神経内分泌癌の1例. 癌と化学療法. 2013;40(12):1887-9. 向井 洋介, 武田 裕, 中平 伸, 桂 宜輝, 日馬 弘貴, 橋本 直佳, et al.
Short-term outcomes of open liver resection and laparoscopic liver resection: Secondary analysis of data from a multicenter prospective study (CSGO-HBP-004). Annals of Gastroenterological Surgery. 2017. Kobayashi S, Fukui K, Takeda Y, Nakahira S, Tsujie M, Shimizu J, et al.
Fibrin Sealant with Polyglycolic Acid Felt vs Fibrinogen-Based Collagen Fleece at the Liver Cut Surface for Prevention of Postoperative Bile Leakage and Hemorrhage: A Prospective, Randomized, Controlled Study. J Am Coll Surg. 2016;222(1):59-64. Kobayashi S, Takeda Y, Nakahira S, Tsujie M, Shimizu J, Miyamoto A, et al.
Randomized Controlled Trial of Pancreaticojejunostomy versus Stapler Closure of the Pancreatic Stump During Distal Pancreatectomy to Reduce Pancreatic Fistula. Ann Surg. 2016;264(1):180-7. Kawai M, Hirono S, Okada K, Sho M, Nakajima Y, Eguchi H, Nakahira S, et al.
Laparoscopic left hepatectomy with tumor thrombectomy in patients with hepatocellular carcinoma concomitant with advanced portal vein tumor thrombus. Surg Endosc. 2014;28(12):3505. Nakahira S, Takeda Y, Katsura Y, Kato T, Hatanaka N, Tamura S.
Subcuticular sutures versus staples for skin closure after open gastrointestinal surgery: a phase 3, multicentre, open-label, randomised controlled trial. Lancet. 2013;382(9898):1105-12. Tsujinaka T, Yamamoto K, Fujita J, Endo S, Kawada J, Nakahira S, et al.
Proposal for a sub-classification of hepato-biliary-pancreatic operations for surgical site infection surveillance following assessment of results of prospective multicenter data. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2013;20(5):504-11. Nakahira S, Shimizu J, Miyamoto A, Kobayashi S, Umeshita K, Ito T, et al.
Neoadjuvant chemotherapy and surgery for transdiaphragmatic liver invasion of primary lung cancer. Thorac Cancer. 2013;4(2):195-7. Iwata T, Takeda Y, Iida SI, Hanada S, Inoue H, Nakahira S, et al.
2.学会発表
平成28年度
開催日 学会等 演 題 演 者
3月3日~3月4日 The 5th Kansai-Yeungnam HBP Surgeons Joint Meeting Laparoscopic cholecystomy for sever cholecystitis in our hospital Kishimoto T
3月3日~3月4日 The 4th Kansai-Yeungnam HBP Surgeons Joint Meeting Precise and accurate laparoscopic hepatectomy in a non-bloody surgical area Nakahira S
3月2日~3月3日 第53回日本腹部救急医学会総会 当院における高度炎症例に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術 中平 伸
2月25日~2月26日 第6回腹腔鏡下胆道手術研究会 安全な普及を目指していた胆管癌に対する腹腔鏡下肝切除術 中平 伸
1月27日~1月28日 2nd International Meeting of the Eastern and Western Association on Liver Tumors Precise and accurate laparoscopic hepatectomy in a non-bloody surgical area Nakahira S
12月8日~12月10日 第29回日本内視鏡外科学会総会 腹腔鏡下腫瘍摘出術を施行したカテコラミン産生性パラガングリオーマの1症例 笹松 信吾
12月8日~12月10日 第29回日本内視鏡外科学会総会 多発肝細胞癌に対して腹腔鏡下右3区域切除術を施行した1例 井上 稔也
12月8日~12月10日 第29回日本内視鏡外科学会総会 当院における高度炎症胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術について 岸本 朋也
12月8日~12月10日 第29回日本内視鏡外科学会総会 腹腔鏡下肝切除における血管遮断鉗子によるPringle法を併用した超音波凝固切開装置による肝切離の有用性の検討 岸本 朋也
12月8日~12月10日 第29回日本内視鏡外科学会総会 腹腔鏡下肝切除における安全性向上のための取り組み ~肝切離手技、全肝血流遮断法、使用クリップの変更~ 中平 伸
12月8日~12月10日 第29回日本内視鏡外科学会総会 腹腔鏡下肝中央2区域切除のアプローチ 中平 伸
12月8日~12月10日 第29回日本内視鏡外科学会総会 完全腹腔鏡下肝右葉切除術の定型化 中平 伸
11月30日~12月1日 第29回日本外科感染症学会総会学術集会 当院におけるSSIサーベイランスの結果と課題の検討 岸本 朋也
11月30日~12月1日 第29回日本外科感染症学会総会学術集会 高度炎症例における腹腔鏡下胆嚢摘出術の工夫 中平 伸
11月24日~11月26日 第78回日本臨床外科学会総会 当院の高度炎症急性胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術 岸本 朋也
11月24日~11月26日 第78回日本臨床外科学会総会 当院における腹腔鏡下肝中央2区域切除2例の経験 岸本 朋也
11月24日~11月26日 第78回日本臨床外科学会総会 安全・確実な高難度腹腔鏡下肝切除のための取り組み 中平 伸
11月24日~11月26日 第78回日本臨床外科学会総会 無血野確保による熱凝固を最小限に抑えた安全・正確な腹腔鏡下肝離断手技 中平 伸
11月24日~11月26日 第78回日本臨床外科学会総会 精度の高い腹腔鏡下肝切除を目指して 中平 伸
11月23日 第8回膵臓内視鏡外科研究会 生体疑似素材による鏡視下胆管空腸吻合トレーニング 中平 伸
11月23日 第10回肝臓内視鏡外科研究会 当院における腹腔鏡下肝切除手技の工夫~肝切離手技、全肝血流遮断法、使用クリップの変更~ 中平 伸
10月23日~10月26日 40th World Congress of the International College of Surgeons(ICS) Precise and accurate laparoscopic hepatectomy in a non-bloody surgical area Nakahira S
10月21日 いわて肝胆膵内視鏡手術セミナー 異端の腹腔鏡下肝切除から正統を目指した取り組み 中平 伸
10月1日 第1回南大阪肝胆膵内視鏡外科研究会 疑似生態モデルを用いた鏡視下胆管空腸吻合 中平 伸
9月10日 第29回近畿内視鏡外科研究会 腹腔鏡下腫瘍摘出術を施行したパラガングリオーマの1症例 笹松 信吾
9月10日 第29回近畿内視鏡外科研究会 当院における腹腔鏡下肝切除の現状について 岸本 朋也
9月10日 第29回近畿内視鏡外科研究会 無血野確保による熱凝固を最小限に抑えた腹腔鏡下肝切除術 中平 伸
9月10日 第29回近畿内視鏡外科研究会 技術認定取得のための層を意識した腹腔鏡下胆嚢摘出術 中平 伸
8月19日~8月20日 第43回日本膵切研究会 膵体尾部脂肪置換部に発生した膵癌の1例 中平 伸
8月5日~8月6日 5th Reduced Port Surgery Forum 2016 in Osaka 単孔式腹腔鏡下肝切除を行った有茎性肝線維腫の1例 中平 伸
7月14日~7月16日 第71回日本消化器外科学会総会 安定した無血野確保による精細な腹腔鏡下肝切除術 中平 伸
6月24日~6月25日 The 5th SUMMER SEMINAR in OKINAWA 腹腔鏡下肝切除における血管鉗子による肝血流遮断と超音波凝固切開装置による肝切離の有用性の検討 岸本 朋也
6月24日~6月25日 The 5th SUMMER SEMINAR in OKINAWA Pure laparoscopic hepatectomy for biliary tract cancer Nakahira S
6月15日~6月18日 24th International Congress of the European Association for Endoscopic Surgery Laparoscopic hepatectomy with the clash and clamping method using the harmonic ace Nakahira S
5月19日~5月20日 第52回日本肝臓学会総会 安全性と低侵襲性の向上を目指した次世代の腹腔鏡下肝切除術~安定した無血野確保による精細な腹腔鏡下肝切除術~ 中平 伸
平成27年度
開催日 学会等 演 題 演 者
12月10日~12月12日 第28回日本内視鏡外科学会総会 腹腔鏡下肝切除におけるHarmonic AceによるCrush & Clamping method 中平 伸
12月2日~12月3日 第28回日本外科感染症学会総会学術集会 SSIサーベイランスにおける判定基準 SSI予防対策 中平 伸
11月26日~11月28日 第77回日本臨床外科学会総会 肝円索による肝静脈パッチ再建が有用であった大腸癌肝転移の1切除例 星野 宏光
11月26日~11月28日 第77回日本臨床外科学会総会 腹腔鏡下肝切除術における肝管巻き込み防止のための術前ENBD留置 中平 伸
11月26日~11月28日 第77回日本臨床外科学会総会 横隔膜合併切除を伴う腹腔鏡下肝切除術 中平 伸
11月25日 第9回肝臓内視鏡外科研究会 安定した完全無血野による血管損傷および胆管損傷の回避 中平 伸
11月25日 第9回肝臓内視鏡外科研究会 横隔膜合併切除を伴う腹腔鏡下肝切除術 中平 伸
11月6日 第4回大阪肝・胆道外科セミナー 安定した無血野確保による精細な腹腔鏡下肝切除術 中平 伸
7月18日 第606回大阪外科集談会 腹腔鏡下に摘出しえた後腹膜原発粘液性嚢胞腺腫の一例 西川 聖良
6月11日~6月13日 第27回日本肝胆膵外科学会学術集会 肝転移を伴う胆嚢腺神経内分泌癌の1例 星野 宏光
膵頭十二指腸切除術を施行した多形細胞型退形成性膵管がんの1例 肝胆膵外科学会(平成23年)
山本為義
膵区域温存膵切除術により術後内外分泌能を良好に保つことができた1例 肝胆膵外科学会(平成23年)
梶原淳
肝細胞がんとの鑑別に難渋した肝偽リンパ腫の1例 肝胆膵外科学会(平成23年)
古川陽菜
75歳以上の高齢者に対する膵頭十二指腸切除症例の検討 第22回 肝胆膵外科学会(平成22年)
当院における大腸がん肝転移手術症例の検討 第21回 肝胆膵外科学会(平成21年)
腹腔鏡下に治癒し得た肝鎌状間膜の脂肪繊維腫を伴う内ヘルニアの一例 第22回 日本内視鏡外科学会(平成21年)
多施設での肝切除クリニカルパス作成の試み 第20回 肝胆膵外科学会(平成20年)
胆嚢捻転症の3例 第20回 肝胆膵外科学会(平成20年)
3.臨床試験
切除不能進行胆道がんに対するゲムシタビン/シスプラチン/S-1併用療法(GCS療法)の第1/2相試験 平成23年
肝葉切除を伴う胆道がん切除例に対するGemcitabine(GEM)あるいはS-1の術後補助化学療法の臨床第1相試験 平成23年
肝葉切除を伴わない胆道がん切除例に対するゲムシタビンとシスプラチン併用療法による術後補助化学療法の第1相試験 平成23年
肝切離面に対するPGAフェルトcombinationフィブリンシーリング法の出血、胆汁漏予防に関する有用性の検討 平成22年
腹腔鏡下胆嚢摘出術におけるPONVに対するデキサメサゾン予防投薬に関する多施設共同DBRCT 平成22年

メッセージ

関連リンク