診療科・部門ご案内

診療科 - 血液内科 -

診療科 - 血液内科 -

堺市立総合医療センタートップページ > 診療科・部門ご案内 > 診療科 > 血液内科

読み上げる

血液内科

病気を治すこと、それが無理なら、元気で長生きしていただくよう努力しています。
アミニィティーを重視して、明るく楽しく元気に暮らしていただくよう努めています。
化学療法に優れた血液内科であると考えています。

このページの目次

対応疾患

造血器腫瘍(血液がん 骨髄やリンパ節などの「がん」のこと。具体的には白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄増殖性疾患など
良性血液疾患 再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病、溶血性貧血、血球減少症、出血素因など

特色・強み

当科における血液がんの特色

高齢者や、問題となる合併症のある方や、重症化し緊急入院され診断がつくなど、市中一般病院に共通する特色があります。センター病院・大学病院で扱う病態より、厳しいことが多いです。

当院の血液がん治療の特色

なお、良性血液疾患も幅広く扱っています。

治療実績・成績

1. 診断

血液検査・骨髄検査・生検・画像診断・遺伝子診断などで診断します。

2. 治療
平成28年度
疾患名 症例数
急性白血病 83例(新入院患者24例)
   急性骨髄性白血病 49例(新入院患者14例)
   急性リンパ性白血病 34例(新入院患者10例)
骨髄異形成症候群 50例(新入院患者17例)
慢性骨髄性白血病 2例(入院のみ)
骨髄増殖性腫瘍 12例(入院のみ)
悪性リンパ腫 307例(新入院患者74例)
   非ホジキンリンパ腫 276例(新入院患者68例)
   ホジキンリンパ腫 31例(新入院患者6例)
多発性骨髄腫 52例(新入院患者11例)
再生不良性貧血 3例
溶血性貧血 3例(入院のみ)
特発性血小板減少性紫斑病 10例(入院のみ)
その他 4例
   自己末梢血幹細胞移植 3例
   血友病A/B 1例(入院のみ)
生存率 等

急性骨髄性白血病の治療成績は、昭和59年からH5年までの9年間では、5年以上生存した方は20/39、51%でした。半数の方が治っていることになります。
また、H6年からH11年の急性白血病の5年生存率は45%と非常に良い結果です。ことに、急性骨髄性白血病のM2というタイプでは84%、M3で69%と、非常に優れた結果で、移植の成績より良いでしょう。
平成10年1月から平成16年4月までの急性骨髄性白血病で、移植や評価不能例を除いた65歳以下34例の5年生存率は、60%と優れた成績です。

※特殊なタイプの白血病(骨髄異形成を伴う白血病)の治療成績骨髄異形成症候群から移行した白血病(MDS移行AML)と異形成をしめす急性白血病(TMDS)の2タイプについて。
他施設の報告ではTMDSでは生存率10%ぐらいです。当院オリジナルのMEtA療法により、当院の生存率は約50%と優れた成績を示しています。MDS移行AMLでも長期生存例が示されています。

※予後が悪いと言われていて1年ぐらいの生存期間である、末梢性T細胞性リンパ腫の生存率も非常に優れていて、50%生存日数は、1316日です。

担当医師・スタッフ

柴野 賢(しばの まさる)
職名 内科統括部次長
血液内科部長
臨床検査科部長
血液疾患センター センター長
地域連携センター 副センター長
大学
(卒業年)
昭和61年卒
認定資格等 日本内科学会認定医
日本血液学会専門医
向井 悟(むかい さとる)
職名 血液内科副医長
認定資格等 日本内科学会認定医
日本血液学会専門医
松浦 愛(まつうら あい)
職名 血液内科副部長
血液疾患センター 副センター長
認定資格等 日本内科学会専門医
日本血液学会専門医
木谷 照夫(きたに てるお)
職名 名誉院長
田中 孝正(たなか たかまさ)
職名 血液内科副医長

外来診療日割

外来A   新患受付時間 8:15~11:00

  
初診/再診午前田中 孝正柴野 賢柴野 賢中田 潤向井 悟

再診

午前田中 孝正柴野 賢柴野 賢中田 潤向井 悟
午後

木谷 照夫

-

-

-

-

施設認定

研究発表

平成28年度

開催日 学会等 演 題 演 者
10月13日~10月15日 第78回日本血液学会学術集会 The effect of continuous maintenance chemotherapy for ATL Tsukaguchi M
9月24日 第213回日本内科学会近畿地方会 Elizabethkingia meningosepticaによる敗血症の2例 中野 仁夫
9月17日 第14回 Osaka Clinical Hematology Conference 維持化学療法の継続により、良好なQOLで長期生存が得られたATLの症例 塚口 眞知子

平成27年度

開催日 学会等 演 題 演 者
11月28日 第210回日本内科学会近畿地方会  シクロフォスファミド静注療法が奏功した後天性血友病Aの1症例 横村 明高
10月16日~10月18日 第77回日本血液学会学術集会 A case of PTCL with recurrent methotrexate-induced transient subacute encephalopathy Nakai R
6月27日 第208回日本内科学会近畿地方会 15年間持続する下痢と腹痛を主訴とした肥満細胞症の1例 田中 康太
6月20日 第103回近畿血液学地方会 Methotrexate(MTX)による一過性亜急性脳症を反復した悪性リンパ腫の1例 中井 りつこ

平成25年度

学会・研究会 演 題 演 者
11月30日 第100回近畿血液学地方会 寝たきり状態で診断された脊髄神経根原発マントル細胞リンパ腫のBendamustine著効例 味生 洋志
11月1日 TREAKISYM Meet The Expert 南大阪 B-R療法で神経障害が改善した1例 味生 洋志
6月29日 Iron Overload Case Study Forum 2013 輸血後鉄過剰症の早期診断を目的とした臨床検査と医師・看護師との連携 福原 輝希
6月22日 第99回近畿血液学地方会 カンジダ性感染性心内膜炎を合併した急性骨髄性白血病の一例 松田 尚子
4月1日 14th International Myeloma Workshop Lafutidine for bortezomib-induced peripheral neuropathy Machiko Tsukaguchi

平成24年度

学会・研究会 演 題 演 者
3月16日 南大阪感染症フォーラム AML経過中に発症し、診断に難渋したムーコル症の一例 田中 孝正、松浦 愛、柴野 賢、向井 悟、塚口 眞知子
12月1日 第98回近畿血液学地方会 非乾酪性肉芽腫症で発症した末梢性T細胞性リンパ腫(PTCL)の1例 松浦 愛、柴野 賢、向井 悟、塚口  眞知子
10月20日 第74回日本血液学会学術集会 「ビンクリスチンによる末梢神経障害」に対するラフチジンの効果の検討 塚口 真知子、柴野 賢、松浦 愛、向井 悟
10月20日 第74回日本血液学会学術集会 Clinical trial of lafutidine for bortezomib-induced peripheral neuropathy Machiko Tsukaguchi・Masaru Shibano・Ai Matsuura・Satoru Mukai
9月14日 Bendamustine Meet The Expert BendamustineのRe-treatmentが奏効したマントル細胞リンパ腫症例 塚口 眞知子
6月23日 第97回近畿血液学地方会 ビンクリスチンによる末梢神経障害にラフチジンが有効であった濾胞性リンパ腫の一例 朴澤 憲和、柴野 賢、塚口 眞知子

平成23年度

学会・研究会 演 題 演 者
3月16日 南大阪感染症フォーラム AML経過中に発症し、診断に難渋したムーコル症の一例 田中孝正、松浦 愛、柴野 賢、向井 悟、塚口  眞知子
2月17日 第2回 血液を考える Vincristineによる末梢神経障害にlafutidine(プロテカジン)が有効であった濾胞性リンパ腫の一例
VCR投与による末梢神経障害に対するプロテカジンの効果の検討より
朴澤 憲和、柴野 賢、塚口 眞知子

その他

血液内科は以下、外来診療日割表の通り外来を行っておりますが、全て地域医療連携室を通じた予約制です。予約なしの受診受付はしておりません。

>> 外来診療日割表はこちらをご覧ください

関連リンク