診療科・部門ご案内

診療科 - 産婦人科 -

診療科 - 産婦人科 -

堺市立総合医療センタートップページ > 診療科・部門ご案内 > 診療科 > 産婦人科

読み上げる

産婦人科

救急を含む産婦人科疾患全般に常時対応させていただいております。また、かかりつけの医院・診療所との連携を密にとり、子宮がん検診や投薬などはできるだけかかりつけ医で受けていただき、効率的な治療を受けていただけるよう努力しております。

このページの目次

対応疾患

産婦人全般
ただし不妊治療に関しては体外授精等の生殖医療は行っておりませんので、近隣専門施設の受診を勧めます。
悪性腫瘍に関しては、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんを中心に治療を行っています。

子宮頸がん

診断
まずコルポスコープ下に生検を行い、がんの組織診断を行います。次に、浸潤がんであれば内診にMRI、CTの画像検査を加え、進行期を診断します。

治療
手術療法または放射線治療が選択されますが、両者の併用、さらには化学療法を併用することもあります。基本的には子宮頸がんガイドラインにのっとって治療方針を決定しています。Ia1期までの早期がんで、子宮温存を希望されれば子宮頚部円錐切除術による子宮温存治療を行っています。最近は、若年者の子宮頸がんが増加傾向にあり円錐切除術の実施件数が増加しています。

子宮体がん

診断
内膜掻破を行い、がんの組織診断を行います。次に、内診にMRI、CTの画像検査を加え、進行期を推定します。最終的には、手術後の病理検査結果により進行期を診断します。

治療
子宮体がんの治療は、手術療法が主となります。進行度により術式は異なります。基本的には子宮体がんガイドラインにのっとって治療方針を決定しています。卵巣への転移が少なからず認めますので、卵巣は原則摘出します。手術後の病理検査結果により、必要に応じて放射線治療や化学療法を追加します。

卵巣がん

診断
術前に組織診断を行うことができないので、通常手術によって腫瘍を摘出することにより確定診断を行い、あわせて進行期も診断します。

治療
基本的には卵巣がんガイドラインにのっとって治療方針を決定しています。手術中に迅速病理診断を行い、がんの確定診断がなされれば、原則、子宮・両側卵巣・大網摘出を行います。また、骨盤内・傍大動脈のリンパ節郭清術も必要に応じて行います。ただし、がんの進行度によっては標準手術を行えない場合もしばしばあり、その場は可能な限り腫瘍の摘出を行います。術後は、化学療法を行い、初回手術で腫瘍の完全摘出ができなかった場合、再度腫瘍摘出手術を行います。

特色・強み

産科

小児科医、助産師、看護師などのスタッフと協力し、妊婦さんの対応をさせていただいております。また、助産師外来を併設し、きめの細かい妊婦指導を行っております。

婦人科

悪性腫瘍を含むあらゆる婦人科疾患に対応させていただいております。良性疾患に対しては、膣式手術、腹腔鏡手術など体への負担の少ない治療方法も積極的に行っております。また、子宮外妊娠、卵巣茎捻転など突然腹痛を起こし、緊急手術が必要となるような疾患に対しても常時対応させていただいております。

3D/4D胎児エコー

当院では、希望される妊婦さんに自費で3D/4D胎児エコーを行っています。3D胎児エコーとは子宮内の胎児を立体的に見るもので、4Dでは3D画像に加え、動画で見ることができます。ただし、3D/4D胎児エコーはあくまでも妊婦さんやご家族の方に、子宮内の胎児を見てもらうためのもので、通常の胎児スクリーニングエコーより胎児を詳しく検査するものではありません。希望される方は、早めにおっしゃっていただきご予約下さい。

  • 検査に適している時期:妊娠18~28週
  • 費用:4,000円(消費税別)(カラー写真1枚、動画を記録するUSBメモリー代込み)
  • オプションですので公的補助の対象外です。
  • 写真2枚目からは別途50円/枚(消費税別)いただきます。
  • USBメモリーの持ち込みはご遠慮いただいております。
  • 患者さんご本人のご承諾があれば、ご本人以外の方でもご一緒にご覧になることができます。
  • 所要時間は約20分です。撮影以外にも、お着替えなどの時間も含まれております。
  • 録画時間は胎児の見え方によって異なります。
  • 予約時間に遅れますと、その後の予約の患者さんへの影響を考えて撮影時間が短くなる場合がございます。
  • 混雑状況により、3D/4D胎児エコーの撮影時間が若干前後することがございます。
  • 産婦人科受付もしくは診察時にお申し込みください。
  • 他院に通院の妊婦さんでも3D/4D胎児エコーのみお受けになれますので、ご希望の方は産婦人科受付までご連絡ください。
  • できるだけ鮮明な画像を見ていただけるように配慮しておりますが、胎児の位置や羊水量により胎児の顔がはっきり見えない場合もあります。
  • 胎児の発育や状態を見るスクリーニング検査は原則として行いません。あくまでも、胎児の表情やしぐさをみるための撮影となります。

特色・強み

妊娠され、当院での出産をご希望の皆さまへ

妊娠おめでとうございます。当院では、この度の妊娠を皆様とともに喜び、元気な赤ちゃんをご出産されるよう取り組んで参ります。

現在、周産期医療についても医療連携がすすめられております。当院の小児科は一般小児疾患、小児救急疾患を主体に診療を行っており、新生児集中治療室(NICU)はなく新生児専門医も不在ですので、NICUを完備し新生児専門医が在籍している病院と連携しています。したがいまして、生まれてくる赤ちゃんの安全を最優先に考え、妊娠36週未満の早産や、出生時体重2,000g未満が予想される場合には、出産前に総合・地域周産期母子医療センターへ紹介させていただいております。また生まれてきた赤ちゃんに高度な処置が必要と考えられた場合にも緊急的に専門施設に搬送させていただきます。皆さまのご理解をいただきますようよろしくお願い申し上げます。

その他、妊娠・出産、赤ちゃんのことに関してお知りになりたいことや不安に思われることがございましたら、どうぞご遠慮なく医師、助産師、看護師にお尋ね下さい。

堺市立総合医療センター 院長

出産費用について

分娩費用の目安(7日間)

  堺市内居住者 堺市外居住者
普通分娩 48〜50万円 50〜52万円
帝王切開(手術料他一部は保険適用) 40〜54万円 42〜56万円
個室ご希望の方 上記金額+8,000円(1日につき) 上記金額+12,000円(1日につき)

「出産育児一時金直接支払制度」とは

出産育児一時金の請求と受け取りを、被保険者などに代わって医療機関等が行う制度です。出産育児一時金が医療機関等へ直接支給されるため、退院時に窓口で出産費用を全額支払う必要がなくなります。

「産科医療補償制度」とは

分娩に関連して発症した重度脳性まひのお子さまとご家族の経済的負担を速やかに補償するとともに、原因分析を行い、同じような事例の再発防止に資する情報を提供することなどにより、紛争の防止・早期解決および産科医療の質の向上を図ることを目的としています。 詳しくは公益財団法人日本医療機能評価機構のホームページをご覧ください。

治療実績・成績

平成25年

病名及び術式 件数
総手術件数 358
緊急手術 76
悪性疾患 78
腟式手術 5
腹腔鏡鏡下手術 66
産科 分娩件数 482
帝王切開術 86
予定帝王切開 52
緊急帝王切開 34
帝王切開率 17.8
婦人科 子宮筋腫 26
卵巣腫瘍(良性) 76
卵巣腫瘍(悪性) 16
子宮頸がん 35
子宮体がん 20
子宮脱 7
異所性妊娠 10
円錐切除術 56

担当医師・スタッフ

山本 敏也(やまもと としや)
職名 産婦人科部長
大学
(卒業年)
昭和61年卒
認定資格 大阪大学医学部臨床教授
日本産科婦人科学会産婦人科専門医
母体保護法指定医
がん治療認定医
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
横山 拓平(よこやま たくへい)
職名 産婦人科医長
大学
(卒業年)
大阪大学(平成15年卒)
専門分野 婦人科腫瘍
認定資格 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
がん治療認定医
角田 守(かくだ まもる)
職名 産婦人科副医長
大学
(卒業年)
平成20年卒
専門分野 婦人科腫瘍、腹腔鏡手術
認定資格 日本産婦人科学会専門医
がん治療認定医
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
織田 舞(おりた まい)
職名 産婦人科後期研修医
福井 温(ふくい おん)
職名 産科担当部長
専門分野 産婦人科(周産期)
認定資格 日本産科婦人科学会専門医
日本産科婦人科学会専門医制度指導医
日本周産期・新生児医学会周産期(母体・胎児)専門医
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法専門コースインストラクター
母体保護法指定医
学会 日本産科婦人科学会
日本周産期・新生児医学会
日本救急医学会
日本女性医学学会
モットー いかなる時もおもてなしの心を忘れずに
兪 史夏(ゆ さは)
職名 産婦人科医長
大学
(卒業年)
平成16年卒
専門分野 婦人科腫瘍
認定資格 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
母体保護法指定医
がん治療認定医
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
学会 日本産科婦人科学会
日本婦人科腫瘍学会
日本産科婦人科内視鏡学会
梅田 杏奈(うめだ あんな)
職名 産婦人科副医長
宮西 加寿也(みやにし かずや)
職名 産婦人科副部長
大学
(卒業年)
昭和57年卒
認定資格 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
母体保護法指定医
竹田 満寿美(たけだ ますみ)
職名 産婦人科副医長
大学
(卒業年)
平成18年卒
専門分野 産婦人科全般
認定資格 産婦人科専門医
母体保護法指定医
がん治療認定医
学会 日本産科婦人科学会
婦人科腫瘍学会
婦人科内視鏡学会
石井 沙季(いしい さき)
職名 産婦人科後期研修医

外来診療日割表

外来C   新患受付時間 8:15~11:00

  
初診/再診午前

交代制

交代制交代制交代制交代制

再診

午前

福井 温

 

梅田 杏奈

 

竹田 満寿美


石井 沙季

 

助産師外来

山本 敏也

 

宮西 加寿也

 

角田 守

 

竹田 満寿美

 

兪 史夏

 

助産師外来

宮西 加寿也

 

横山 拓平

 

助産師外来

山本 敏也

 

福井 温

 

角田 守

 

横山 拓平

 

助産師外来

交替制

 

福井 温

 

助産師外来

午後

交代制


梅田 杏奈

 

竹田 満寿美

 

助産師外来

交代制

山本 敏也

兪 史夏

 

角田 守

 

助産師外来

宮西 加寿也

 

助産師外来

福井 温

 

角田 守

 

横山 拓平

 

助産師外来

宮西 加寿也

福井 温

 

助産師外来

施設認定

研究発表

平成29年度

開催日 学会等 演 題 演 者
10月20日~10月22日 第55回日本癌治療学会 peudo-Meigs 症候群を呈した子宮平滑筋肉腫の1症例 石井 沙季
9月16日 第4回新潟産婦人科シンポジウム プラチナ耐久克服を目的とした新規治療法の開発 角田 守
9月7日~9月9日 第57回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 当科で腹腔鏡下手術後に悪性卵巣腫瘍と判明した9症例の臨床的検討 竹田 満寿美
9月7日~9月9日 18th APAGE Annual Congress 2017 Nine cases of ovarian malignant tumor diagnosed after laparoscopic surgery Takeda M
9月7日~9月9日 第57回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 当院における腹腔鏡下子宮体癌根治術を行った165例の手術成績及び予後の検討 角田 守
9月7日~9月9日 第57回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 本邦での保険診療下における、子宮体癌根治術における腹腔鏡手術と開腹手術での費用比較分析 角田 守
7月27日~7月29日 第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 同時化学放射線治療後、潰瘍の治療に難渋した外陰癌IIIB期の1症例 山本 敏也
7月27日~7月29日 第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 SSPCの診断で術前化学療法を行い、術後病理で卵管癌と診断された1例 中川 慧
7月1日 第41回大阪大学産婦人科オープンクリニカルカンファレンス peudo-Meigs 症候群を呈した子宮平滑筋肉腫の1症例 石井 沙季
6月15日~6月18日 25th Asian&Oceanic Congress of Obstetrics and Gynaecology(AOCOG) A case of stage IB ovarian cancer with para-aortic lymphadenopathy washighly suspected preoperatively with positron tomography-computed tomography Jitsumori M
6月15日~6月18日 25th Asian&Oceanic Congress of Obstetrics and Gynaecology(AOCOG) A case of primary fallopian tubal carcinoma diagnosed with primary peritoneal cancer before fiest debulking surgery Nakagawa S
6月15日~6月18日 25th Asian&Oceanic Congress of Obstetrics and Gynaecology(AOCOG) A case of pseudo-Meigs’syndrome caused by primary ovarian cancer Hashimura M
6月15日~6月18日 25th Asian&Oceanic Congress of Obstetrics and Gynaecology(AOCOG) A case of Meigs’ syndrome with concomitant massive ascites and a huge pelvic mass Orita M
5月26日~5月28日 第58回日本臨床細胞学会総会 LBCを用いた子宮頸部細胞診の精度管理 棟方 哲
5月26日~5月28日 第58回日本臨床細胞学会総会 記述式子宮内膜細胞診報告様式におけるATECの実際とその有効性 棟方 哲
4月13日~4月16日 日本産科婦人科学会 第69回学術講演会 2’4’-bridged nucleic acid antisense for Annexin A4 Improve platinum drug resistance of ovarian clear cell carcinoma Nakagawa S
4月13日~4月16日 第69回日本産科婦人科学会 原発性卵巣癌に合併したpseudo-Meigs症候群の1例 橋村 茉利子
4月13日~4月16日 第69回日本産科婦人科学会 術前PET-CTにて傍大動脈リンパ節転移が強く疑われたIB期卵巣癌の1例 實森 万里子

平成28年度

開催日 学会等 演 題 演 者
11月19日 第40回大阪大学産婦人科オープンクリニカルカンファレンス 大量腹水を伴う巨大骨盤内腫瘍にて卵巣癌が強く疑われたMeigs症候群の1例 織田 舞
11月18日~11月19日 第55回日本臨床細胞学会秋期大会 記述式子宮内膜細胞診報告様式におけるATECのLBC標本での有用性 棟方 哲
10月29日~10月31日 The 16th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society (IGCS 2016) Clinical analysis of primary ovarian mucinous adenocarcinoma using PAX8 immunostaining status. Yabu A
10月20日~10月22日 第54回日本癌治療学会学術集会 治療経過中に新たに悪性リンパ腫が判明した子宮体癌の1例 橋村 茉利子
10月20日~10月22日 第54回日本癌治療学会学術集会 初発症状が左鎖骨上窩リンパ節腫大で腹腔鏡下手術にて確定診断された卵管癌の1例 山本 敏也
9月1日~9月3日 第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 成熟奇形腫の診断で腹腔鏡下手術を行い術後診断が未熟奇形腫であった卵巣腫瘍の2症例 山本 敏也
9月1日~9月3日 第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 腹腔鏡下子宮全摘術後、腟断端からの出血の止血に難渋した粘膜下筋腫の1症例 山本 敏也
9月1日~9月3日 第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 12歳で大量腹水を認め、腹腔鏡検査で確定診断された結核性腹膜炎の1症例 山本 敏也
7月8日~7月10日 第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 初発症状が左鎖骨上窩リンパ節腫大であった卵管癌の1例 實森 万里子
7月2日 第39回大阪大学産婦人科オープンクリニカルカンファレンス 緊急帝王切開後に発熱、左背部痛を訴え急性膵炎が疑われた1例 藪 愛紗美
6月4日~6月5日 第134回近畿産科婦人科学会総会学術集会 頸部リンパ節腫脹を契機に発見された,全身リンパ節転移を伴う卵管癌の1例 濱名 智世
6月4日~6月5日 第134回近畿産科婦人科学会総会学術集会 子宮頸癌に対する術前化学療法としてネダプラチン・パクリタキセル(NDP+PTX)療法が有用であった2症例 金森 玲
4月21日~4月24日 第68回日本産婦人科学会学術講演会 婦人科悪性腫瘍術後患者における重複がんの検討 橋村 茉利子
4月21日~4月24日 第68回日本産婦人科学会学術講演会 妊娠糖尿病管理における 1,5-anhydrogluctitol(1,5-AG)の有用性についての検討 金森 玲
4月21日~4月24日 第68回日本産婦人科学会学術講演会 高アルカリフォスファターゼ血症を認めた子宮平滑筋肉腫の臨床的検討 實森 万里子

平成27年度

開催日 学会等 演 題 演 者
11月7日 第7回関西婦人科腫瘍・病理懇話会 卵巣に発生したmucinous cystadenofibromaの一例 岩本 督徳
10月4日~10月9日 XXI FIGO World Congress of Gynecology and Obstetrics A long-term survival case of carboplatin/paclitaxel-refractory ovarian cancer treated by weekly irinotecan chemotherapy Kanamori R
8月7日~8月9日 第57回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 腹腔鏡で治療し得た大網成熟嚢胞性奇形腫の1例 橋村 茉利子
8月7月~8月9日 第57回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 当科において経験した未熟奇形腫5例の臨床的検討 實森 万里子
7月4日 第37回大阪大学産婦人科オープンクリニカルカンファレンス S状結腸腫瘍が卵巣腫瘍に穿通して膿瘍を形成した1症例 西川 貴史
6月27日~6月28日 第132回近畿産科婦人科学会総会学術集会 卵巣腫瘍と診断して手術を行い大網に成熟嚢胞性奇形種を認めた1例 橋村 茉利子
6月27日~6月28日 第132回近畿産科婦人科学会総会学術集会 イリノテカンにて長期無増悪期間を得られた卵巣癌再発の1症例 金森 玲
6月27日~6月28日 第132回近畿産科婦人科学会総会学術集会 子宮穿孔を契機に診断された産褥期腹腔内膿瘍の1例 實森 万里子
4月9月~4月10日 第67回日本産婦人科学会学術講演会 子宮体部原発扁平上皮癌の2症例 田中 江里子
4月9日~4月10日 第67回日本産婦人科学会学術講演会 10年の経過を経て、悪性転化をきたした成熟嚢胞奇形種の1症例 實森 万里子
4月9日~4月10日 第67回日本産婦人科学会学術講演会 37歳で確定診断に至ったOHVIRA症候群の1症例 金森 玲

平成25年度

演 題 発表者
大網切除により播種の診断がなされるも良好な転帰をたどった子宮体癌の2症例
第35回大阪大学産婦人科オープンクリニカルカンファレンス
2013.11.9
上田弥生、金沢知春、福井薫、小野良子、細井文子、数見久美子、宮西加寿也、朴康誠、山本敏也
高アルカリフォスファターゼ血症を契機に診断された子宮平滑筋肉腫の1例
第51回日本癌治療学会 2013.10.24-26
金沢知春、福井薫、小野良子、細井文子、数見久美子、宮西加寿也、朴康誠、山本敏也、棟方哲
A case of cervical intrtamedullary spinal metastasis of ovarian carcinoma 8 years after primary surgery The 23rd Asian and Oceanic Congress of Obstetrics and Gynecology 2013.10.20-23 Ryoko Ono, Anna Umeda Chiharu Kanazawa, Kaoru Fukui, Ayako Hosoi, Kumiko Kazumi, Kazuya Miyanishi, Kosei Boku, Toshiya Yamamoto
他科との連携にて救命し得た、出血性ショックを来たした子宮頸部筋腫の1症例
第6回南大阪産婦人科臨床懇話会 2013.9.28
細井文子、金沢知春、福井薫、小野良子、数見久美子、宮西加寿也、朴康誠、山本敏也
S状結腸癌術後フォロー中に発見された卵巣悪性Brenner腫瘍の1例
第54回日本婦人科腫瘍学会 2013.7.19-21
棟方哲、福井薫、朴康誠、山本敏也
放射線治療が有効であった悪性Brenner腫瘍の1症例
第54回日本婦人科腫瘍学会 2013.7.19-21
福井薫、串本卓哉、小野良子、宮西加寿也、朴康誠、山本敏也、棟方哲
タキサン製剤・プラチナ製剤抵抗性子宮体癌に対するGLIF療法に関する第1相臨床試験(GOGO-EM2)
第54回日本婦人科腫瘍学会 2013.7.19-21
中川慧、上田豊、松崎慎哉、小林栄仁、木村敏啓、磯部晶、馬淵誠士、澤田健二郎、吉野潔、藤田征巳、筒井建紀、木村正、山嵜正人、西尾幸浩、山本敏也、加藤宗寛、志岐保彦、足立和繁、小川晴幾
高アルカリフォスファターゼ血症を契機に診断された子宮平滑筋肉腫の1例
第34回大阪大学産婦人科オープンクリカルカンファレンス 2013.7.4
金沢知春、福井薫、小野良子、細井文子、数見久美子、宮西加寿也、朴康誠 山本敏也、棟方哲
腹腔鏡下手術後に診断された若年卵巣類内膜腺癌の1症例
第128回近畿産科婦人科学会 2013.6.15-16
小野良子、福井薫、串本卓哉、宮西加寿也、朴康誠、山本敏也、棟方哲
術中腹腔洗浄細胞診で診断困難であった悪性ブレンナー腫瘍の一例
第54回日本臨床細胞学会春期大会 2013.5.31-6.2
岡竹里紗、佐々木伸也、高瀬未穂、鈴木雄策、古本あゆみ、小野良子、棟方哲
上皮性卵巣癌の組織型別における腹水細胞診陽性率の比較
第54回日本臨床細胞学会春期大会 2013.5.31-6.2
棟方哲、佐々木伸也、岡竹里紗、鈴木雄策、高瀬未穂、古本あゆみ、小野良子、山本敏也
A PILOT STUDY TO ASSESS THE SENSITIVITY AND SPECIFICITY OF SUREPATH EDDOMETRIAL CYTOLOGY WITH SAMPLING DIRECTLY FROM THE UTERINE ENDOMETRIUM 18th International Congress of Cytology 2013.5.26-30 K. Yanoh, Y. Morimatsu, S. Munakata, T. Yamamoto, Y. Nakamura, T. Murata, Y. Hirai and The Osaki Study Group
術後8年目に脊髄転移を来した卵巣癌の1例
第65回日本産科婦人科学会 2013.5.10-12
小野良子、梅田杏奈、串本卓哉、福井薫、数見久美子、宮西加寿也、朴康誠、山本敏也

関連リンク