診療科・部門ご案内

診療科 - 皮膚科 -

診療科 - 皮膚科 -

堺市立総合医療センタートップページ > 診療科・部門ご案内 > 診療科 > 皮膚科

読み上げる

皮膚科

当院皮膚科は日本皮膚科学会専門医研修指定施設であり、次世代の皮膚科専門医育成および地域の基幹病院として地域の病院やクリニック・医院と連携した医療を重視しております。

当科は入院を必要とするような急性期疾患、難治・難病などが、主な診療内容となりますので、急性期の疾患以外はまずはお近くのかかりつけ医院(なるべく皮膚科専門医)の受診をお願いしており、当科での入院や診療が必要となった場合には紹介状をお持ちください。

主な取り扱い疾患の例を挙げますと、①血管肉腫などの皮膚がん、②薬疹、水疱症、乾癬など難治性、重症皮膚疾患(特に紹介元の医療機関より投薬、治療経過を明示した紹介状が必要です)、③感染症(帯状疱疹、丹毒・蜂窩織炎などの入院を必要とする疾患)などです。

また、当科で急性期の治療を終えられ症状が安定した患者さんはお近くのかかりつけ医院にご紹介(逆紹介)となります。

このページの目次

対応疾患

  • 皮膚腫瘍
  • 薬疹、水疱症、乾癬など
  • 感染症疾患(主に帯状疱疹、丹毒・蜂窩織炎などの入院を必要とする疾患)
  • 抗がん剤による皮膚障害のケア

対応・疾患

特色・強み

陥入爪治療方法のはば広いバリエーション
ワイヤー法、ネラトンチューブ法、テーピング、フェノール法など

接触皮膚炎の原因検索
パッチテスト

薬剤アレルギーの検索
皮疹の性状・パターンより原因薬剤の絞り込み

皮膚がんの早期診断、治療、アフターケアを一貫して行います
当科はダーモスコピーによる数mm大の皮膚がんの早期発見や超音波(エコー)を用いた病変の評価など画像診断を得意とし、皮膚がん全般に渡り、各種観血的・非観血的治療を行っています。

血管肉腫(angio sarcoma)や転移性皮膚がんなどの治療
専門家の少ない、血管肉腫(angio sarcoma)(1,2)や転移性皮膚がん(3,4)などの治療にも力を入れており、海外からも問い合わせがあります。
また、年齢やがんのできた部位、大きさ、全身状態により手術で全部取りきれない状態の皮膚がん(5)の方に対しても治療法を工夫しています。

(1)Miura H et al. J Am Acad Dermatol, :907-908, 2006.
(2)Miura H et al. Int J Dermatol, 41:286-288, 2002.
(3)Asakura M. Miura H. Dermatologic Therapy, 24:375-377,2011
(4)Miura H. Asakura M. Sakimoto K. EACD 2010 Oct,Fukuoka
(5)Sakimoto K Asakura M Miura H. WCD 2011 May, Seoul

がん診療拠点病院に相応しいチーム医療
皮膚科スタッフのみで手術が困難な大型の腫瘍や、顔面等の傷跡をなるべく残したくない部位などは形成外科と共同で治療します。
他科での抗がん剤治療により生じた皮膚障害にたいしては抗がん剤の治療をなるべく休止することなく、皮膚症状の緩和をめざした診療を行っています。

担当医師・スタッフ

白井 洋彦(しらい ひろひこ)
職名 皮膚科科長
皮膚疾患センター 副センター長
大学
(卒業年)
高知医科大学(平成14年卒)
専門分野 皮膚科一般
陥入爪
皮膚炎
田中 文(たなか あや)
職名 皮膚科医長
大学
(卒業年)
奈良県立医科大学(平成9年卒)
専門分野 皮膚科一般
皮膚外科
皮膚腫瘍
認定資格 日本皮膚科学会専門医
日本形成外科学会専門医
学会 日本皮膚科学会
日本形成外科学会
日本皮膚外科学会
日本皮膚悪性腫瘍学会
日本アレルギー学会
モットー 皮膚科疾患全般の診療において、的確な診断と患者さんに寄り添う治療を目指します。
これまで、特に皮膚潰瘍や悪性腫瘍などにおいて外科的アプローチを含めた診療に携わり、当院でも積極的な診療を行って参ります。
山下 千佳紗(やました ちぐさ)
職名 皮膚科 後期研修医
大学
(卒業年)
大阪大学(平成27年卒)

外来診療日割表

外来F   新患受付時間 8:15~11:00

  
初診/再診午前

白井 洋彦

(皮膚科)

 

山下 千佳紗
(皮膚科)

 

吉田 裕美
(形成外科)


安田 祥子

(形成外科)

白井 洋彦

(皮膚科)

田中 文

(皮膚科)

 

門脇 未来

(形成外科)

 

若杦 侑加

(形成外科)

田中 文※

(皮膚科)

日野上 はるな※
(皮膚科)

 

吉田 裕美
(形成外科)


安田 祥子

(形成外科)

山下 千佳紗
(皮膚科)

 

日野上 はるな

(皮膚科)

 

門脇 未来

(形成外科)

 

若杦 侑加

(形成外科)

白井 洋彦

(皮膚科)

 

田中 文

(皮膚科)

 

吉田 裕美
(形成外科)

再診

午後

白井 洋彦

(皮膚科)

 

山下 千佳紗
(皮膚科)

白井 洋彦

(皮膚科)

-

白井 洋彦
(皮膚科)

 

山下 千佳紗
(皮膚科)

白井 洋彦

(皮膚科)

※皮膚科は水曜日が手術日のため、急患のみの対応となります。事前にお問い合わせください

 

 

研究発表

平成29年度

開催日 学会等 演 題 演 者
3月11日 第466回日本皮膚科学会大阪地方会 Sjogren症候群に合併したアミロイドーシスの1例 山下 千佳紗
12月14日 第38回堺市医師会皮膚科医会カンファレンス 脱毛と視力低下を主訴に来院した神経梅毒の1例 山下 千佳紗
12月2日 第464回日本皮膚科学会大阪地方会 肺癌に対するラムシルマブ投与後に生じた血管腫の1例 山下 千佳紗
8月3日 第37回堺市医師会皮膚科医会カンファレンス これまでに経験した主な症例の供覧 田中 文
6月2日~6月4日 第116回日本皮膚科学会総会 トシル酸スプラタスト内服で軽快した成人型肥満細胞症の1例 西平 守明
4月22日・4月23日 第33回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会 DPP-4阻害薬を投与中に発症した水疱性類天疱瘡の2例 白井 洋彦

平成28年度

開催日 学会等 演 題 演 者
11月16日~11月18日 The 4th Eastern Asia Dermatology Congress Ingenuity of imiquimod treatment for Bowen's disease on the face of the elderly Miura H
7月21日 第5回南大阪皮膚科診療研究会 血管肉腫と超高齢者皮膚癌治療の工夫 三浦 宏之
6月30日 第9回阪堺皮膚科勉強会 毛孔性紅色粃糠疹の1例 西平 守明
6月30日 第9回阪堺皮膚科勉強会 DPP-4阻害薬が原因と考えられた水疱性類天疱瘡 白井 洋彦
6月30日 第9回阪堺皮膚科勉強会 煙草で生じた乾癬の2例 三浦 宏之
6月3日~6月5日 第115回日本皮膚科学会総会 中学生に生じた特徴的な薬疹の2例 西平 守明
5月27日~5月28日 第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 超高齢者の顔面皮膚悪性腫瘍に対して非観血的治療を選択した5例 西平 守明
4月23日~4月24日 第32回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会 抗BP230抗体のみ陽性であった水疱性類天疱瘡の3例 白井 洋彦
4月23日~4月24日 第32回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会 ダーモスコピーで診断したカルシウム拮抗剤による毛細血管拡張症の2例 西平 守明

平成27年度

開催日 学会等 演 題 演 者
8月28日~8月29日 第17回日本褥瘡学会学術集会 坐骨部褥瘡がある脊髄損傷患者に対し、創部の経時的変化を共有することで、良好な治療効果を得た一症例 白井 洋彦
6月20日~6月21日 第31回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会 下腿浮腫が関与した悪性腫瘍の3例 三浦 宏之
6月20日~6月21日 第31回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会 色素沈着が診断の契機となったAddison病の1例 白井 洋彦
6月20日~6月21日 第31回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会 診断までに15年を要した成人型肥満細胞症の1例 西平 守明
6月8日~6月13日 23rd World Congress of Dermatology Pazopanib for the treatment of recurrent angiosarcoma: Low-dose oral administration and application of 5% ointment. Miura H
論文発表
分子標的薬および免疫チェックポイント阻害薬で治療した進行期悪性黒色腫の1例 田中 文、種村 篤、生長 久仁子、中川 幸延、清原 英司、金田 真理、片山 一朗 Skin Cancer 31巻3号:222-226(2017.03)
Critical renal adverse event induced by nivolumab therapy in a stage IV melanoma patient. Tanaka A, Ikinaga K, Kiyohara E, Tanemura A, Wataya-Kaneda M, Fujimura R, Mizui M,Isaka Y,Katayama I. J Dermatol.2017 Jun;44(6):727-728
欧文原著
c03.jpgLow-dose administration of oral pazopanib for the treatment of recurrent angiosarcoma.
Clin Exp Dermatol. in press.
Miura H, Shirai H.
Negative Pressure Wound Therapy with Multiple Drainage Holes for the Treatment of Pressure Ulcer with Undermining: Case Reports
JCDSA, 2013, 3, 107-109
Hiroyuki Miura, Yumiko Ito, Tomoko Matsuda, Ayano Abe, Syun Kitaba
Cutaneous Crohn's Disease and Anogenital Granulomatosis with Crohn's Disease: Many Names for the Same Clinical Entity
JCDSA, 2012, 2, 60-61
Makiko Asakura, Kazuko Sakimoto, Hiroyuki Miura
Imiquimod 5% cream for the treatment of nasal lesion of metastatic renal cell carcinoma.
Dermatologic Therapy 2011;24:375-7
Makiko Asakura, Hiroyuki Miura
学会
Negative pressure wound therapy with multiple drainage holes for the treatment of pressure ulcer with undermining
9th Asian Dermatological congress,Hong Kong(2013.7.11-13)
Hiroyuki Miura, Yumiko Ito, Syun Kitaba
Clinical application of a compact digital camera on the marketfor the dermoscopic examination.
2nd East Asisn Dermatological Congress,Beijin(2012.6.)
Hiroyuki Miura, Makiko Asakura, Kazuko Sakimoto, Kenichiro Kawai
Pediatric Dermatology
Anogenital granulomatosis and cutaneous Crohn´s disease
12th World Congress of Pediatric Dermatology, Madrid(2013.9.24-27)
Hiroyuki Miura
EOSINOPHILIC PUSTULAR FOLLICULITIS IN INFANCY IN A JAPANESE NEONATE
Pediatric Dermatology2004;21:615-616
Hiroyuki Miura, Yukiko Shoda, June Ad
講演会
替わる堺病院、変わる皮膚科、かわらぬ。。。 堺市医師会 平成26年3月
ちょっと知っているだけで診察風景が目に浮かぶ外用剤処方顛末記 川西市薬剤師会研修会 平成25年11月
少しの観察とちょっとした工夫で得られること
~褥瘡治療を中心とした皮膚科の話題~
富田林褥瘡治療セミナー 平成25年10月
外来化学療法センターにおける皮膚科の役割 Osaka Cancer Care Forum 平成25年6月
伊丹、尼崎地区での病院皮膚科勤務12年間の軌跡と奇跡 伊丹市医師会 平成25年5月

施設認定

関連リンク