診療科・部門ご案内

診療科 - 脳神経外科 -

診療科 - 脳神経外科 -

堺市立総合医療センタートップページ > 診療科・部門ご案内 > 診療科 > 脳神経外科

読み上げる

脳神経外科

総合的な医療のできる拠点病院の一診療科として当科の責務は、標準的でありながら最新でかつ安全、確実な脳神経外科ならではの専門医療を市民に提供することと考えています。

堺地域において本格的な低侵襲な脳神経外科手術、脳血管内手術を施行できるスタッフ、環境整備を進めています。脳血管内治療専門医を常勤に迎え、手術、血管内手術の秀でた面を活用した外科治療を行います。最新の脳手術用顕微鏡(ハイビジョン)、手術用ナビゲーションシステムを導入しました。先進的な画像診断装置、血管内治療機器等の導入も進めています。

初療時には、診療所・病院などからの紹介状をお持ちください。

このページの目次

対応疾患

脳神経外科では、以下のような脳・神経系の疾患を中心に診療しています。手術、脳血管内治療を中心とした外科診療の主体としていますが、放射線療法、化学療法なども提供しています。脳疾患では他臓器の疾患、合併症を有する場合も多く、必要に応じて、他の診療科と連携し診療を進めています。

脳血管障害

くも膜下出血、脳出血、脳梗塞、未破裂脳動脈瘤、脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻、海綿状血管腫、脳主幹動脈閉塞症、頸部内頸動脈狭窄症、もやもや病、等

脳血管障害

脳卒中は一般に急性期に再出血、増悪することが多く、早急な対応が必要です。

例えば、くも膜下出血の多くは脳動脈瘤の破裂によっておこります。破裂後早期に動脈瘤から再出血すれば一般に重症化するため、急性期の治療として適切な再出血対策を早急に行う必要があります。再出血予防の方法として、開頭手術(脳動脈瘤クリッピング術)、血管内手術(脳動脈瘤コイル塞栓術)があります。どちらの治療法が優れているかは、脳動脈瘤の部位、大きさ、形状などで判断されます。当院ではどちらの治療も可能であり、病態にあった治療を行っています。

頸部頸動脈狭窄に対する外科治療法には、観血手術(頸動脈血栓内膜剥離術、CEA)と脳血管内手術(頸動脈ステント留置術、CAS)があります。この疾患でも病変の性状、全身合併症などで判断され、さらに内科治療との比較検討もなされます。

当院では他に、脳動脈解離、脳または硬膜動静脈奇形、脳血管閉塞などに対する開頭手術、血管内手術、薬物治療等を行っています。

他に、もやもや病や脳主幹動脈閉塞症に対するバイパス手術、脳出血、脳腫脹に対する開頭血腫除去、減圧手術など、幅広く施行しています。

頭部外傷

脳震盪、頭蓋骨骨折、脳挫傷、急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫、慢性硬膜下血腫など

脳腫瘍

脳実質内腫瘍:神経膠腫(星細胞腫、膠芽腫など)、松果体腫瘍、悪性リンパ腫など
脳そのものから発生する脳腫瘍(脳実質内腫瘍)として、神経膠腫(グリオーマ)が最も多いものです。神経膠腫は神経細胞をサポートする神経膠細胞が腫瘍化したものと考えられ、病理学的に星細胞腫、膠芽腫などと分類され、悪性度により予後が大きく違います。いずれの腫瘍も摘出が可能な場合には腫瘍摘出が優先されます。摘出にあたって手術合併症を減らし確実に摘出するために、手術用ナビゲーター、生理学的モニター(MEPなど)などを使い分けることが必要であり、悪性神経膠腫の手術では5-ALA投与下での蛍光観察も有用です。悪性神経膠腫に対する抗がん剤治療はテモダール(temozolomide)を中心に行われ、現在は、アバスチン(ヒト血管内皮増殖因子(VEGF)に対する遺伝子組換え型ヒト化モノクローナル抗体、bevacizumab)、ギリアデル(徐放性BCNU wafers)の使用も可能となりました。

脳実質外腫瘍:髄膜腫、下垂体腺腫、神経鞘腫、頭蓋咽頭腫など
脳近傍の組織(髄膜、脳神経、下垂体など)から発生する腫瘍(脳実質外腫瘍)にも多くの腫瘍がありますが、すべてが必ずしもすぐに治療が必要という訳ではありません。しかしながら中には放置すれば脳への圧迫などにより重篤な神経学的合併症をきたすケースもあります。そのようなケースでは、手術による摘出、定位放射線治療等の治療を適切な時期に行う必要があります。発見されたら、専門医とよくご相談してください。

転移性脳腫瘍
脳以外のがんが頭蓋内(脳、髄腔内など)に転移した腫瘍(転移性脳腫瘍)は、重篤な脳浮腫、脳障害をきたす場合が多く、関連した診療科と協力しつつ治療を行っています。治療法としては、抗浮腫治療と共に放射線治療、ガンマナイフが施行されますが、全身状態が良く摘出可能なものは摘出が必要です。担当の主治医の先生とよく話し合い、必要であれば専門医に紹介してもらってください。

機能的疾患

顔面痙攣、三叉神経痛、片頭痛の診療を行っています。

※難治性てんかんへのてんかん専門医による対応は行っていません。

小児神経外科

水頭症、小児脳腫瘍など

脊髄疾患、頭蓋脊椎移行部疾患

脊髄腫瘍(髄内腫瘍、髄外腫瘍)、脊髄動静脈奇形、脊髄硬膜動静脈瘻、脊髄空洞症、キアリ奇形
※脊椎疾患、特に頚椎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などの疾患は当院では整形外科が対応しています。

※当院は地域医療支援病院です。当科に受診を希望される方でかかりつけ医のある方は、担当医から当院の地域連携センターにご紹介、ご予約いただきますようにお願いします。
※脳卒中、頭部外傷等の救急対応は病院全体の救急体制と連携して診療を行っています。特に外科治療を要するケースでは脳神経外科が主体となって診療にあたります。

特色・強み

専門診療、入院患者は、脳脊髄神経センター(脳神経外科、神経内科、整形外科)の一部門として診療を行っています。各診療科の専門医師、研修医、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師、病棟薬剤師、リハビリテーション療法士、医療相談員がカンファレンスを行い、入院患者の急性期医療から退院後まで随時、検討しています。脳脊髄神経センター、脳神経外科での勉強会、カンファレンスも定期的に行い、さらに高度な脳神経疾患、脳卒中診療体制にも対応できる医療スタッフの教育を進めています。

当院の臨床研修体制の中で脳神経外科に興味を持つ初期研修医、専門医を目指す後期研修医の研修も幅広く受け入れも進めています。医学生、パラメディカルスタッフの見学も受け入れています。

脳神経外科専門分野の臨床研究、学術発表も、大阪大学医学部ならびに関連する施設と協力して脳腫瘍、脳血管障害などの分野で進めています。

治療実績・成績

手術症例

2014年 2015年 2016年 2017年
脳腫瘍 23 29 23 30
脳血管障害 30 27 62 61
頭部外傷 42 41 55 80
脳血管内手術 34 37 30 44
その他 ※ 19 34 32 59
合計 148 168 202 274

※ 脳室ドレナージ、シャント手術は その他 に含む

担当医師・スタッフ

中島 義和(なかじま よしかず)
職名 脳神経外科部長
脳卒中センター センター長
大学
(卒業年)
徳島大学医学部(昭和60年卒)
医学博士(大阪大学)
Dept. of Neurology, Mayo Clinic, USA(平成2年~平成4年留学)
専門分野 脳血管外科
脳腫瘍外科
脳神経外科救急医療
認定資格 日本脳神経外科学会認定専門医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
日本脳卒中外科学会技術指導医
日本神経内視鏡学会神経内視鏡技術認定医
学会 日本脳神経外科学会
日本脳神経外科コングレス
日本脳卒中学会
日本脳卒中の外科学会
日本脳腫瘍学会
日本救急医学会
日本リハビリテーション医学会
日本頭痛学会
日本小児脳神経外科学会
近畿脊髄外科研究会
日本脳神経血管内治療学会 他
モットー 専門医、患者さん両方の立場で医療を考えていくこと。
立石 明広(たていし あきひろ)
職名 脳神経外科副部長
大学
(卒業年)
大阪大学(平成13年卒)
専門分野 脳神経外科
認定資格 日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医
学会 日本脳神経外科学会
日本脳卒中学会
日本脳神経血管内治療学会
モットー 脳神経外科治療全般に関して、脳血管内治療をはじめとしてできるだけ低侵襲で安全な治療を提供できるように心がけています。
井間 博之(いま ひろゆき)
職名 脳神経外科副医長
大学
(卒業年)
大阪大学(平成19年卒)
専門分野 脳神経外科
認定資格 日本脳神経外科学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医
学会 日本脳神経外科学会
日本脳卒中学会
日本脳神経血管内治療学会
モットー 脳の病気は時に一筋縄でいかないこともありますが粘り強く患者さんと共に病気に向かい合います。
井上 洋(いのうえ よう)
職名 副医長

外来診療日割表

外来B   新患受付時間 8:15~11:00

  
初診/再診午前

中島 義和

 

井上 洋

 

立石 明広

中島 義和

 

立石 明広

中島 義和

 

井間 博之

 

井上 洋

手術日

中島 義和

 

井間 博之

再診

午後

中島 義和

 

井上 洋

 

立石 明広

中島 義和

 

立石 明広

中島 義和

 

井間 博之

 

井上 洋

手術日

中島 義和

 

井間 博之

※木曜日は手術日のため急患のみの対応となります。事前にお問い合わせください

施設認定

研究発表

平成29年度

開催日 学会等 演 題 演 者
10月28日 脳血管障害・循環器 地域連携クリニカルパス研修会 当院における脳血管障害クリニカルパスの運用について 中島 義和
10月12日~10月14日 第76回日本脳神経外科学会 小児若年者における外傷性後下小脳動脈病変 中島 義和
10月12日~10月14日 第76回日本脳神経外科学会 分枝動脈が動脈瘤から直接分岐した内頚動脈瘤に対してクリッピングを行った二症例 立石 明広
10月12日~10月14日 第76回日本脳神経外科学会 携帯歩行加速度計(見守りゲイト)を用いた機能的脳神経外科周術期における定量的歩行解析の試み 枝川 光太朗
10月12日~10月14日 第76回日本脳神経外科学会 頭蓋底進展をきたした鼻腔小細胞癌の全摘出症例 寺田 栄作
9月8日・9月9日 第22回日本脳腫瘍の外科学会 頭蓋底進展をきたした鼻腔小細胞癌の一全摘出例 寺田 栄作
9月2日 第74回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会 外傷を契機に発見された若年者後下小脳動脈瘤の一例 織田 舞
9月2日 第74回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会 前大脳動脈遠位部における外傷性仮性動脈瘤の1例 金本 岳
9月2日 第74回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会 下垂体前葉機能低下症をきたした下垂体結核腫の一例 寺田 栄作
4月8日 第73回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会、第75回近畿脊髄外科研究会 内頸動脈浮動性血栓に対して観血的血栓摘出術が有効であった一例 寺田 栄作
4月8日 第73回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会、第75回近畿脊髄外科研究会 前頭蓋底に進展した鼻腔・副鼻腔悪性腫瘍の2手術例 小泉 直史

平成28年度

開催日 学会等 演 題 演 者
3月16日~3月19日 第42回日本脳卒中学会学術集会 高齢者の多発性脳海綿状血管腫の2症例 濵﨑 健弥
9月29日~10月1日 日本脳神経外科学会 第75回学術総会 急性期に外科的介入を行った進行性脳梗塞症例の検討 福田 竜丸
9月29日~10月1日 日本脳神経外科学会 第75回学術総会 側方アプローチで摘出した眼窩内海綿状血管腫の1例 立石 明広
9月3日 第72回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会 ランゲルハンス細胞組織球症の1例 山田 悠一
9月3日 第72回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会 巨細胞性動脈炎(側頭動脈炎)に対する動脈生検術について 風間 亮
9月3日 第72回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会 頚動脈内 free-floating thrombus(FFT)に伴う脳梗塞で発症し、抗リン脂質抗体症候群と診断した一例 福田 竜丸
7月9日 第81回大阪大学脳神経外科関連施設臨床懇話会 ランゲルハンス細胞組織球症の1例 福田 竜丸
4月14日~4月16日 STROKE 2016 進行性の急性期脳梗塞に対して外科的介入を行った症例の検討 福田 竜丸
4月2日 第71回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会 VPシャントに続発した小児腹腔内髄液仮性嚢胞の1例 福田 竜丸
4月2日 第71回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会 浅側頭動脈-中大脳動脈吻合術後に吻合部動脈瘤破裂による脳内出血を来たした1例 立石 明広

平成27年度

開催日 学会等 演 題 演 者
1月10日 第80回大阪大学脳神経外科関連施設臨床懇話会 VPシャントに続発した小児腹腔内髄液仮性嚢胞の1例 福田 竜丸
11月19日~11月21日 第31回日本脳神経血管内治療学会学術総会 トルソー症候群に関連した左中大脳動脈閉塞に対して血管内治療を行い白色血栓が回収された一例 竹綱 成典
10月14日~10月16日 日本脳神経外科学会 第74回学術総会 頚動脈内 free-floating thrombus(FFT)に対する治療指針 中島 義和
10月14日~10月16日 日本脳神経外科学会 第74回学術総会 虚血性眼症で発症した内頸動脈狭窄に対するCASとその術後経過 西田 武生
10月14日~10月16日 日本脳神経外科学会 第74回学術総会 トルソー症候群に関連した左中大脳動脈閉塞に対して血管内治療を行い白色血栓が回収された一例 竹綱 成典
10月14日~10月16日 第74回日本脳神経外科学会学術総会 アラベルを使用した非悪性神経膠腫の術中蛍光所見 福田 竜丸
9月5日 第70回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会 非悪性神経膠腫症例におけるアラベルの術中蛍光所見 福田 竜丸
9月5日 第70回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会・第2回日本脳神経血管内治療学会近畿地方会学術集会 合同学術集会 トルソー症候群に関連した脳動脈閉塞症に対して血管内治療で白色血栓が回収された一例 大江 将史
7月4日 第79回大阪大学脳神経外科関連施設臨床懇話会・第43回大阪大学脳神経外科同窓会総会 堺市立総合医療センターの開設について(施設紹介) 中島 義和
6月14日 HHT JAPAN 2015 HHTのスクリーニングプロトコル 西田 武生
5月29日 第15回なにわ塾(脳血管内治療症例検討会) 左総頸動脈起始部狭窄の一例 竹綱 成典
4月18日 第69回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会 肺癌とdouble cancerであった膠芽腫の1例 福田 竜丸

平成26年度以前

頭蓋頚椎移行部血管障害と後下小脳動脈の起始部の多様性を理解する上でのlateral spinal arteryの重要性
大阪国際会議場(大阪)
第39回日本脳卒中学会総会-STROKE2014 平成26年3月14日
西田武生、藤中俊之、中村元、梶川隆一郎、重松朋芳、中島義和、若山暁、吉峰俊樹
椎骨脳底動脈大型動脈瘤の外科治療の検討
大阪国際会議場(大阪)
第39回日本脳卒中学会総会-STROKE2014 平成26年3月14日
中島義和、西田武生、川井正統、藤中俊之、中村元、二宮 宏智、吉峰俊樹
頭蓋頚椎移行部血管障害と後下小脳動脈の起始部の多様性を理解する上でのlateral spinal arteryの重要性
朱鷺メッセ(新潟)
第29回 NPO法人 日本脳神経血管内治療学会学術総会 平成25年11月22日
西田武生、藤中俊之、中村元、梶川隆一郎、重松朋芳、中島義和、若山暁、吉峰俊樹
椎骨脳底動脈系の治療困難な脳動脈瘤椎骨動脈以外に発生した解離病変について
大阪国際会議場(大阪)
社団法人 日本脳神経外科学会第71回学術総会 平成25年10月17日
中島 義和、藤中 俊之、西田 武生、川井 正統、二宮 宏智、福屋 章悟、中村 元、吉峰 俊樹
胃がんの化学療法中に発症したTrousseau症候群の3例
千里ライフサイエンスセンター(大阪)
第66回 日本脳神経外科学会近畿支部学術集会 平成25年9月7日
川井 正統、西田 武夫、中島 義和、川瀬 朋乃、木村 豊、川端 良平、湯浅 義人、階堂 三砂子
Micro Brain Vascular Malformations associated with Hereditary Hemorrhagic Telangiectasia
Cork, Ireland
HHT 10th International Scientific and Medical Conference 2013.6.13
T. Nishida, K.G. terBrugge, T. Krings, K. Henderson, R.I. White Jr.
Chordoid gliomaの診断を得た1症例
千里ライフサイエンスセンター(大阪)
第65回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会 平成25年4月6日
福屋章悟、中島義和、二宮宏智、香川尚己、橋本直哉、吉峰俊樹

関連リンク