診療科・部門ご案内

診療センター・診療科
- ゲノムセンター -

堺市立総合医療センタートップページ > 診療科・部門ご案内 > 診療センター・診療科 > ゲノムセンター

読み上げる

ゲノムセンター

センター長ごあいさつ

当院は平成26年8月に「地域がん診療連携拠点病院」に、平成30年4月に「DPC特定機能病院」に、同年11月には「大阪府難病診療連携拠点病院」に指定されており、堺市二次医療圏を中心に南大阪における高度急性期医療を担う病院の一つとして、地域に必要な医療を継続的に提供することに取り組んでいます。
近年、悪性腫瘍をはじめとしたさまざまな領域の疾患に遺伝的素因が関係したり、遺伝的な体質によって治療法が異なったり、治療薬の効果が変わってくることがわかってきました。
遺伝学的検査により、①診断の確定、②治療法の選択・決定、③遺伝子治療をはじめとする新しい治療の適応や開発、④将来罹患する可能性がある疾患のリスクを回避するための手術をはじめとした予防的治療を検討することなどが、日常臨床レベルで実施されつつあります。
しかし、遺伝学的検査を実施することは、ご本人だけでなく血縁者の遺伝情報も明らかにする可能性や、ご本人も知りたくなかった遺伝情報などが明らかになる可能性があり、これまでの臨床検査とは明らかに意味合いが違います。ご本人、ご家族の病気や遺伝学的検査そのものがもたらす可能性のある影響について十分ご理解を得る必要があり、当該疾患主科の担当医や看護師だけではなく、臨床遺伝専門医や遺伝カウンセラーなどの専門家によるチーム医療が必要です。
ゲノムとは一生物の遺伝情報のすべてを指し、その情報を活用した診療をゲノム医療といいますが、特にがん診療の領域においてこのゲノム医療を推進するために、厚生労働省では11の中核拠点病院、34の拠点病院、161の連携病院を指定しています(令和2年1月1日現在)。一人でも多くのがん患者さんがゲノム医療を受けられる体制を整備するために、指定病院では質の高いゲノム医療推進に欠かせない遺伝学的検査を行うための体制整備が求められています。当院においても、令和元年9月より山村 順がんゲノムセンター長(乳腺・内分泌外科)を中心に遺伝性乳がん・卵巣がん症候群の遺伝相談外来を開始し、ゲノム医療の実績を少しずつ蓄積しており、令和2年1月には大阪府のがんゲノム医療中核拠点病院である大阪大学医学部附属病院の連携病院の指定を受けました。他のがん腫についても臓器ごとの化学療法ではなく、ゲノム情報に基づいてさまざまな領域のがんに効果がある(=臓器横断的な)抗がん剤の提供が可能となってきています。
また、当院は平成30年11月に大阪府難病診療連携拠点病院に指定され、難病医療にもさらに積極的に取り組もうとしています。指定難病は平成30年4月以降、333疾病まで拡充されていますが(令和元年7月1日時点)、遺伝性疾患が数多く含まれ、遺伝学的検査が必要になる場合も少なくありません。また、難病に対する遺伝子治療が徐々に現実のものとなりつつあり、難病治療にとって正確な診断が非常に重要になっています。
当センターは、先行して運用を開始したがんゲノム部門と難病部門を統合し、医師・遺伝カウンセラー・看護師・薬剤師・臨床検査技師・医療事務といった多職種のスタッフが一体となってゲノム医療を進めてまいります。

センター長 階堂 三砂子

このページの目次

対応疾患

上記疾患の遺伝カウンセリング、遺伝学的検査を行います。

施設認定

がんゲノム医療連携病院

担当医師・スタッフ

階堂 三砂子(かいどう みさこ)
職名 遺伝診療科部長
ゲノムセンター センター長
難病ゲノムセンター センター長
がんゲノムセンター 副センター長
大学
(卒業年)
昭和60年卒
専門分野 臨床遺伝、脳神経内科
認定資格 医学博士
臨床遺伝専門医
日本神経学会 神経内科専門医・指導医
日本内科学会 総合内科専門医
日本内科学会認定教育施設指導医
日本リハビリテーション医学会
リハビリテーション科専門医・認定医
日本身体障害者福祉法第15条指定医(肢体不自由)
難病指定医
日本神経学会 代議員
大阪大学医学部臨床教授
院内活動 栄養サポートチーム(嚥下チーム, 嚥下造影担当)
認知症ケアチーム(ケアチームカンファレンス・回診)
モットー ゲノム医療の患者さんへの橋渡し役をめざします。
山村 順(やまむら じゅん)
職名 乳腺・内分泌外科副部長
大学
(卒業年)
和歌山県立医科大学
(平成9年卒)
専門分野 乳がん薬物療法・外科療法
認定資格 日本乳癌学会乳腺専門医・指導医
日本外科学会専門医
マンモグラフィー読影認定医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
がん薬物療法専門医
学会 日本乳癌学会
日本臨床腫瘍学会
日本外科学会
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
モットー 根拠に基づいた乳がん治療だけでなく、臨床試験など前進的な治療やチーム医療も行います。
中塚 伸一(なかつか しんいち)
職名 ゲノムセンター医員
病理診断科部長
大学
(卒業年)
慶応義塾大学(平成7年卒)
専門分野 病理診断学
認定資格 日本病理学会病理専門医・専門医研修指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医・教育研修指導医
学会 日本病理学会
日本臨床細胞学会
日本癌学会
日本血液学会
モットー 迅速かつ的確な病理診断を目指します。
横山 拓平(よこやま たくへい)
職名 ゲノムセンター医員
産婦人科副部長
大学
(卒業年)
大阪大学(平成15年卒)
専門分野 婦人科腫瘍
認定資格 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
がん治療認定医
桝田 元(ますだ げん)
職名 ゲノムセンター医員
呼吸器内科医長
外来化学療法センター 副センター長
大学
(卒業年)
滋賀医科大学(平成19年卒)
認定資格 日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医
学会 日本内科学会
日本呼吸器学会
日本呼吸器内視鏡学会
日本臨床腫瘍学会
日本肺癌学会
日本緩和医療学会
日本アレルギー学会
日本感染症学会

診療体制

関連リンク