診療科・部門ご案内

専門外来 - 乳がん卵巣がん遺伝相談外来(HBOC外来) -

専門外来 - 助産師外来 -

堺市立総合医療センタートップページ > 診療科・部門ご案内 > 専門外来 > 乳がん卵巣がん遺伝相談外来(HBOC外来)

読み上げる

乳がん卵巣がん遺伝相談外来(HBOC外来)

当院では、2019年10月から、今後の遺伝医療の適応を考慮し、乳腺・内分泌外科と産婦人科が中心となり、乳がん卵巣がん遺伝相談外来を開設しました。認定遺伝カウンセラーと専門医による対応を行っています。

遺伝性乳がん卵巣がんHereditary Breast and Ovarian Cancer syndrome (HBOC)とは
日本では年間約9万人が乳がん、約1万人が卵巣がんと診断されています。そのうちの5-10%は遺伝的な要因が強く関与して発症していると考えられています。その中で、もっとも多くの割合を占めるのが、遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)です。有名な米国女優の方がHBOCであることを公表し、予防的乳房切除・卵巣切除を行ったことが話題となってからHBOCへの関心が高まっています。
HBOCは、BRCA1遺伝子またはBRCA2遺伝子の先天的な変異が原因で、乳がんや卵巣がんを高いリスクで発症する遺伝性腫瘍の一つです。乳がんの家族内発症や、若年発症、両側乳がんだけでなく、卵巣がんや前立腺がん、膵がんの方が血縁者にいるという場合もHBOCの可能性がありますので、遺伝相談外来の受診をご検討下さい。ご家族のお話をより詳細に伺いながら行う遺伝カウンセリングや遺伝子検査を行います。一緒に今後の検査の方針をご相談させて頂きます。カウンセリングおよび検査費用はすべて自費診療になります。

※詳しい内容は特定非営利活動法人HBOCコンソーシアムのホームページをご覧ください。

このページの目次

対象者

受診(相談)のながれ

受診の流れ

受診方法

受診には予約が必要となりますので、事前にがん相談支援センターまでご連絡ください。

診療日:毎週火曜・水曜・木曜・金曜日の午後

連 絡 先  がん相談支援センター
電話番号 072-272-1199(代表)