診療科・部門ご案内

診療科 - 泌尿器科 -

診療科 - 泌尿器科 -

堺市立総合医療センタートップページ > 診療科・部門ご案内 > 診療科 > 泌尿器科

読み上げる

泌尿器科

堺市立総合医療センター泌尿器科では、一般の泌尿器科疾患に対応できる治療体制が必要と考え、小児泌尿器科、腎移植を除く一般泌尿器科疾患に対応しています。日常に多い尿路結石、尿路感染、排尿障害はもちろんですが、特に泌尿器科領域がんの治療を積極的に行っており、最新の治療を患者さんに提供しています。

このページの目次

対応疾患

腎臓、尿管、膀胱、前立腺や男子生殖器に関する疾患すべてに対応しています。疾患分野別に大別すると、悪性腫瘍(がん)、排尿障害、尿路結石などを取り扱っています。近年増加傾向を示す前立腺がんに関しては前立腺腫瘍マーカー高値に対して精査を行っています。排尿障害も高齢化社会を反映した疾患ですが、当施設では最新鋭の検査機器を備え、正確な診断のもとに適切な治療と生活指導を行っています。

特色・強み

最近では、高齢化社会を反映して、悪性腫瘍が増加しつつあることや、堺市立総合医療センターが「地域がん診療連携拠点病院」に認定されたこともあって、悪性腫瘍に対する手術が増加しています。特にロボット支援腹腔鏡手術を積極的に行っており、泌尿器科領域において保険適応であるすべての手術(前立腺がん・腎がん・膀胱がんに対して)に、対応しております。また副腎・尿管などの腫瘍に対しては、腹腔鏡による低侵襲手術を施行しており、患者さんに負担の少ない検査・治療を心がけています。
また、高齢化社会を反映したもう一つの疾患である尿失禁・排尿障害に対して、当科ではそれぞれの診療ガイドラインを参考にして患者さんそれぞれの症状に応じてその治療法を選択しています。

ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術

腎臓がんの手術には全摘除と部分切除があります。 腎部分切除術は、腎臓の血流を一時的に遮断し、腫瘍を含む腎臓の一部分を切除し、欠損部を糸で縫い合わせます。腎血流の遮断時間が長くなると、手術後に腎臓の機能が低下してしまう傾向がありますので、遮断時間を短くすることが重要です。
腎部分切除術は、一般的には開腹腎部分切除術が行われますが、患者さんの身体的な負担が少ない手術の一つとして、腹腔鏡下腎部分切除術も保険診療として認められています。腹腔鏡による腎部分切除術は、開腹手術に比べて傷が小さく、手術後の痛みが少ないことなど利点も多いですが、鉗子の操作性の不自由さなどにより、腫瘍を切除したり、腎を縫い合わせたりすることが難しくなります。
当院では、腎部分切除術に対して、手術支援ロボット ダビンチを用いています。手術支援ロボットを使って手術することにより、鉗子の操作性の不自由さが改善され、腹腔鏡下手術の欠点を補い、より安全で患者さんの身体への負担が少ない手術が行えます。
平成28年4月よりロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術は保険適用となっていますが、当院でも、平成29年4月よりロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術を施行しております。

ロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘除術

当院は、平成30年7月より膀胱がんに対するロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘除術を施行しています。

膀胱がんに対する外科的治療法を、手術支援ロボット ダビンチを用いて内視鏡下で行う手術で、腹部に5~6か所、1cmの傷から器具を挿入し、膀胱を摘除するというもので、尿路再建も体内で行っています。キズが小さく、痛みが少ない手術で、膀胱を体外に摘出する5cmの傷はありますが、必要最小限の切開だけで行うため、手術後の痛みも驚くほど軽く、回復が早くなります。手術支援ロボットを使って手術することにより、鉗子の操作性の不自由さが改善され、腹腔鏡下手術の欠点を補い、より安全で患者さんの身体への負担が少ない手術が行えます。
ダビンチの内視鏡は肉眼と比べると格段に解像度が良く、細部まで見えるため、精緻な手術も可能で出血も少なくなっています。
当院では平成25年4月より、前立腺がん・腎がん・膀胱がんに対して腹腔鏡手術を積極的に行っており、副腎腫瘍に対しては単孔式腹腔鏡下副腎摘除術を行っています。

治療実績・成績

主な手術

術 式 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
腎・尿管手術
腹腔鏡下腎摘除術 14 10 17 14
腹腔鏡下腎部分切除術 10 6 16 5
ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術 - - - 15
腹腔鏡下腎尿管全摘除術 5 6 14 9
腹腔鏡下腎盂形成術 1 - - -
根治的腎摘除術(開腹) - - 2 5
腎部分切除術(開腹) 2 1 1 0
腎尿管全摘除術(開腹) - 1 1 0
副腎・後腹膜手術
腹腔鏡下副腎摘除術 3 3 2 4
後腹膜腫瘍摘除術(開腹) 1 - - -
膀胱手術
腹腔鏡下膀胱全摘術(回腸導管、尿管皮膚瘻造設) 8 6 4 3
膀胱全摘術(開腹)(回腸導管、尿管皮膚瘻造設) 1 1 1 1
経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT) 124 136 130 111
前立腺手術
腹腔鏡下前立腺全摘術 20 30 - -
根治的前立腺摘除術(開腹) 1 1 - -
経尿道的前立腺切除・核出術(TURP・TUEB) 21 15 32 29
ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術 - - 47 51
尿路結石関連手術
経尿道的尿管砕石術(TUL) 6 11 9 8
経皮的尿路結石除去術(PNL) - - 5 1
体外衝撃波砕石術(ESWL) 112 131 137 123

担当医師・スタッフ

高山 仁志(たかやま ひとし)
職名 泌尿器科部長
大学
(卒業年)
平成5年卒
専門分野 泌尿器がん
内視鏡手術
認定資格 医学博士
日本泌尿器科学会専門医・指導医
泌尿器腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
da Vinci サージカルシステム認定医
泌尿器ロボット支援手術プロクター
日本泌尿器科内視鏡学会評議員
緩和ケア研修修了医
臨床研修指導医
学会 日本泌尿器科学会
日本癌学会
日本癌治療学会
日本泌尿器内視鏡学会
日本内視鏡外科学会
日本内分泌外科学会
日本排尿機能学会
アメリカ泌尿器科学会
アメリカ癌学会
アメリカ臨床腫瘍学会
モットー 患者さんに低侵襲の治療を提供します。
冨山 栄輔(とみやま えいすけ)
職名 泌尿器科医員
大学
(卒業年)
大阪大学(平成23年卒)
専門分野 泌尿器疾患全般
認定資格 日本泌尿器科学会専門医
da Vinci サージカルシステム 認定医
緩和ケア研修修了医
学会 日本泌尿器科学会
武田 健(たけだ けん)
職名 泌尿器科医長
大学
(卒業年)
大阪大学(平成16年卒)
専門分野 泌尿器がん
認定資格 日本泌尿器科学会専門医
日本泌尿器科学会指導医
癌治療認定医
da Vinci サージカルシステム認定医
緩和ケア講習修了
泌尿器腹腔鏡技術認定医
学会 日本泌尿器科学会
日本泌尿器内視鏡学会
日本癌治療学会
日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会
木内 利郎(きのうち としろう)
職名 泌尿器科副医長
大学
(卒業年)
大阪大学(平成18年卒)
専門分野 泌尿器腫瘍
認定資格 医学博士
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本がん治療認定機構がん治療認定医
緩和ケア研修修了医
大阪大学招聘教員
da Vinci サージカルシステム アシスタント認定医
学会 日本泌尿器科学会
日本癌治療学会
日本癌学会
日本泌尿器腫瘍学会
日本泌尿器内視鏡学会

外来診療日割表

外来B   新患受付時間 8:15~11:00

  
初診/再診午前

高山 仁志

 

木内 利郎

稲垣 祐介

武田 健

 

冨山 栄輔

中野 剛佑

高山 仁志

 

武田 健

再診

午後検査手術手術

手術

検査

※火、水、木曜日は手術日のため、診察できない場合があります。事前にお問い合わせください

施設認定

研究発表

平成29年度

開催日 学会等 演 題 演 者
11月9日~11月12日 第69回西日本泌尿器科学会総会 去勢抵抗性前立腺癌に対するカバジタキセルの使用経験 関井 洋輔
11月9日~11月12日 第69回西日本泌尿器科学会総会 当科における腹腔鏡下腎部分切除術の臨床的検討 冨山 栄輔
6月24日 第235回日本泌尿器科学会関西地方会 尿膜管放線菌症の1例 関井 洋輔
4月21日~4月24日 第105回日本泌尿器科学会総会 一般市中病院における去勢療法抵抗性前立腺がんに対するエンザルタミド、アビラテロンの使用経験 武田 健

平成28年度

開催日 学会等 演 題 演 者
12月8日~12月10日 第29回日本内視鏡外科学会総会 腹腔鏡下膀胱全摘術において、体位変換を行わずに施行した腎尿管合併摘除の経験 武田 健
11月24日~11月27日 第68回西日本泌尿器科学会総会 尿路との交通を認めた感染性腎嚢胞の1例 関井 洋輔
11月24日~11月27日 第68回西日本泌尿器科学会総会 ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術における眼圧変化に関する検討 高山 仁志
9月24日 第233回泌尿器科学会関西地方会 肉眼的血尿を契機に診断に至った類上皮型腎血管筋脂肪腫の一例 伊藤 拓也
5月23日 第229回泌尿器科学会関西地方会 後腹膜に発生した動静脈奇形の1例 王 聡

平成27年度

開催日 学会等 演 題 演 者
3月28日 大阪堺学友会学術講演会 前立腺癌の現状~疫学・診断・治療~ 高山 仁志
3月26日 市民健康講座 前立腺がん検診のすすめ~50歳過ぎたら受けましょう~ 高山 仁志
3月26日 Primary Care Seminar 患者にやさしい前立腺がん手術~ロボット手術の進歩~ 高山 仁志
3月23日 平成27年度市民健康講座 ロボット支援手術(ダヴィンチ)と前立腺癌の現状 高山 仁志
3月10日 ロボット手術スタートアップ講演会 ロボット支援手術(ダヴィンチ)とPSA検診について 高山 仁志
2月5日 Kongoh Urology Meeting 前立腺癌の診断 高山 仁志
11月19日~11月21日 第29回日本泌尿器内視鏡学会総会 腹腔鏡下腎部分切除術における周術期成績の臨床的検討 高山 仁志
11月5日~11月7日 第67回西日本泌尿器科学会総会 腹腔鏡下根治的腎摘術における腎門部処理の簡略化を目的とした“Transperitoneal anterior and posterior approach(TAP)”の導入 武田 健
10月1日~10月4日 2015 World Congress of Endourology meeting Safe and simplified laparoscopic radical nephrectomy by novel “transperitoneal auterior and poosterior approach” Takeda K
9月9日 平成27年度第6回市民健康講座 基礎からわかる前立腺がん~50歳過ぎたら要注意!~ 高山 仁志
5月30日 大阪堺学友会学術講演会 ちょっとお得な前立腺がんの話 高山 仁志
5月23日 第229回泌尿器科学会関西地方会 後腹膜に発生した動静脈奇形の1例 王 聡
5月22日 第6回Endo Urology研究会 透析腎がんの1例 武田 健

平成26年度以前

演 題 演 者
平成26年度 前立腺癌の現状~診断と治療について~ 高山 仁志
腹腔鏡下根治的前立腺全摘除術における神経温存と膀胱尿道吻合 芝 政宏
腎癌術後10年目に舌転移をきたした1例 王 聡,武田 健,芝 政宏,高山仁志,小倉孝文,棟方 哲
前立腺癌の現状~疫学・診断・治療~ 高山 仁志
術前診断が困難であった後腹膜腫瘍の1例 武田 健
前立腺癌の現状、泌尿器科における腹腔鏡下手術 高山 仁志
平成25年度 泌尿器科の悪性疾患 高山 仁志
進行性腎癌に対する薬物療法 高山 仁志
日常に役立つ前立腺疾患(癌)の診療と当院での低侵襲治療 高山 仁志
筋層浸潤・進行膀胱癌のエビデンスレビュー 高山 仁志
最近増えている前立腺がんと傷の小さな手術 高山 仁志
分子標的治療における外科的治療 高山 仁志
泌尿器科疾患における鏡視下手術 高山 仁志

関連リンク