診療科・部門ご案内

診療科 - リウマチ膠原病内科 -

診療科 - リウマチ膠原病内科 -

堺市立総合医療センタートップページ > 診療科・部門ご案内 > 診療科 > リウマチ膠原病内科

読み上げる

リウマチ膠原病内科

2018年10月、今まで複数の診療科に分かれて診療していたリウマチ学会指導医・専門医が集結して、新たに「リウマチ膠原病内科」を結成しました。
関節リウマチや自己免疫疾患、膠原病と類縁疾患の患者さんを専門的に診療します。これらの疾患には、さまざまな病原体から体を守る「免疫」のしくみの一部がうまく働かず、間違って自分自身を攻撃する自己免疫疾患や、慢性炎症性疾患、アレルギー疾患、がんの免疫治療の副作用によって起こる自己免疫異常などが含まれます。具体的な病名は、関節リウマチ、脊椎関節炎など多関節炎を特徴とする疾患、全身性エリテマトーデス、全身性強皮症、多発性筋炎/皮膚筋炎、混合性結合組織病、シェーグレン症候群、リウマチ性多発筋痛症、大~小血管の炎症である各種の血管炎症候群、ベーチェット病、成人スティル病などの慢性炎症性疾患、気管支喘息、好酸球増多症やIgG4関連疾患などの膠原病とその類縁疾患、アレルギー疾患、がんの免疫療法に伴う免疫関連副作用(irAE:immune-related Adverse Events)などです。これらの病気の多くは、指定難病であり、地域の医療を担う方々と協力し診療が円滑に行くようしてきます。特に生物学的製剤や分子標的薬を必要とする活動性の高い関節リウマチや急性期の膠原病を中心に診療を行いますので、できるだけ関節破壊や臓器障害が進行していない早期に紹介および受診していただけると幸いです。また、不明熱(原因のわからない発熱が3週間程度持続)でも原因をよく調べると膠原病であることが多くあります。さらに抗核抗体やリウマチ因子の陽性などの免疫異常は膠原病でよく見られます。このように、膠原病が心配な場合もご相談下さい。

最新の治療を含めて、個々の患者さんと相談した上で、それぞれに対応した最善の医療を行うことを心掛けています。対象とする疾患では、症状が全身のたくさんの臓器にでることがあり、また治療薬の副作用にも対応することが必要です。私どもは総合病院である当院の各専門内科、整形外科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、救急診療科をはじめとする全診療科と連携して診療にあたります。

当科の紹介受診を希望される場合は前もって診療情報をいただき、当院の地域連携センターを通しての予約をお願いします。症状が重い場合、急速に進行する場合はその旨を紹介状に記していただければ可能な限り対応したいと思います。急性期の治療がよく効くと長期に安定することも多く、その場合にはご紹介いただいた病院やお近くの病院を紹介させていただくこともあります。
宜しくお願いいたします。

リウマチ膠原病内科  部長 片田 圭宣

このページの目次

対応疾患

特色・強み

1 関連する多くの診療科と連携して診療にあたります。
リウマチや膠原病は免疫異常が原因と考えられており、全身に病変をきたす可能性がある疾患です。リウマチ膠原病内科が中心となって診断・治療を進めていきますが、眼科、皮膚科、整形外科、呼吸器や腎臓などの専門内科をはじめ多くの診療科と連携して診療していく必要があります。当医療センターは堺市の中核となる総合病院であり、様々な診療科と協力できることが強みです。
2 免疫抑制療法中の発熱など急な悪化にも対応します。
当科では多くの患者様にステロイド、免疫抑制剤、生物学的製剤といった薬剤を使用していますが、治療は長期間に及ぶことが多く、場合によっては生涯継続していきます。いずれの薬剤も免疫抑制作用があり、感染症等により急な発熱や状態の悪化を引き起こす可能性があります。当院は24時間体制で救急医療に対応しており、バックアップ体制があるために安心して治療を継続することができます。
3 迅速な診断、治療、退院を目指します。
リウマチや膠原病の診療は専門性が高い領域です。また診断、治療には高度な判断が必要な場合も多く、遅れた場合には重症化したり、入院が長期化することがあります。何よりも判断の遅れが患者様を長期間苦しませることになります。当科では、関節リウマチの診療には関節超音波検査を導入し経験豊富な医師(リウマチ学会指導医1名、専門医3名)で診療に当たっております。

担当医師・スタッフ

片田 圭宣(かただ よしのり)
職名 リウマチ膠原病内科部長
総合診療センター センター長
臨床教育研究センター 副センター長
初期研修プログラム責任者
大阪大学医学部臨床教授
兵庫医科大学臨床教育教授
大学
(卒業年)
鳥取大学(昭和61年卒)
専門分野 膠原病・関節リウマチ
認定資格 日本内科学会
(総合内科専門医、指導医、近畿支部評議員)
日本リウマチ学会
(専門医、指導医、評議員)
日本アレルギー学会
(専門医、指導医)
日本プライマリ・ケア連合学会
(認定医、指導医)
産業医資格
医学博士(大阪大学)
学会 日本内科学会
日本リウマチ学会
日本アレルギー学会
日本呼吸器学会
日本プライマリ・ケア連合学会
米国内科学会
欧州アレルギー臨床免疫学会
モットー 心に太陽を
中林 晃彦(なかばやし あきひこ)
職名 リウマチ膠原病内科副医長
大学
(卒業年)
関西医科大学(平成19年卒)
専門分野 膠原病
一般内科
認定資格 内科専門医・指導医
リウマチ専門医
日本リウマチ学会登録ソノグラファー
学会 日本内科学会
日本リウマチ学会
日本アレルギー学会
日本腎臓学会
モットー 病歴を大事にする丁寧な医療を心がけます。
松浦 良信(まつうら よしのぶ)
職名 リウマチ膠原病内科副医長
大学
(卒業年)
大阪市立大学(平成20年卒)
専門分野 リウマチ
膠原病
アレルギー
認定資格 総合内科専門医
リウマチ学会専門医
学会 日本リウマチ学会
日本アレルギー学会
平山 健寛(ひらやま たけひろ)
職名 リウマチ膠原病内科 後期研修医

外来診療日割表

外来A   新患受付時間 8:15~11:00

  
初診/再診午前中林 晃彦片田 圭宣新居 卓朗

松浦 良信

平山 健寛

松浦 良信
中林 晃彦

再診

午前中林 晃彦片田 圭宣新居 卓朗

片田 圭宣

-
午後松浦 良信

-

片田 圭宣

 

中林 晃彦

平山 健寛

中林 晃彦

 

施設認定

研究発表

学術論文
Matsuura Y, Kikuta J, Kishi Y, Hasegawa T, Okuzaki D, Hirano T, Minoshima M, Kikuchi K, Kumanogoh A, Ishii M.
In vivo visualisation of different modes of action of biological DMARDs inhibiting osteoclastic bone resorption.
Ann Rheum Dis. 2018 Aug;77(8):1219-1225.
Azuma N, Katada Y, Sano H.
Deterioration in saliva quality in patients with Sjögren's syndrome: impact of decrease in salivary epidermal growth factor on the severity of intraoral manifestations.
Inflamm Regen. 2018 Apr 9;38:6.
Azuma N, Katada Y, Kitano S, Nishioka A, Sekiguchi M, Kitano M, Hashimoto N, Matsui K, Iwasaki T, Sano H.
Salivary epidermal growth factor (EGF) in Sjögren's syndrome: association between salivary EGF levels and the severity of intraoral manifestations.
Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2016;39(1):42-50.
Teshigawara S, Katada Y, Maeda Y, Yoshimura M, Kudo-Tanaka E, Tsuji S, Harada Y, Matsushita M, Ohshima S, Watanabe K, Kumode T, Hoshida Y, Saeki Y.
Hemophagocytic lymphohistiocytosis with leukoencephalopathy in a patient with dermatomyositis accompanied with peripheral T-cell lymphoma: a case report.
J Med Case Rep. 2016 Aug 2;10:212.
Azuma N, Katada Y, Kitano S, Sekiguchi M, Kitano M, Nishioka A, Hashimoto N, Matsui K, Iwasaki T, Sano H.
Rapid decrease in salivary epidermal growth factor levels in patients with Sjögren's syndrome: A 3-year follow-up study.
Mod Rheumatol. 2015;25(6):876-82.
Azuma N, Katada Y, Kitano S, Sekiguchi M, Kitano M, Nishioka A, Hashimoto N, Matsui K, Iwasaki T, Sano H.
Correlation between salivary epidermal growth factor levels and refractory intraoral manifestations in patients with Sjögren's syndrome.
Mod Rheumatol. 2014 Jul;24(4):626-32.
Kinehara Y, Kida H, Inoue Y, Hirose M, Nakabayashi A, Takeuchi Y, Hayama Y, Fukushima K, Hirata H, Inoue K, Minami T, Nagatomo I, Takeda Y, Funakoshi T, Kijima T, Kumanogoh A.
Development of microscopic polyangiitis-related pulmonary fibrosis in a patient with autoimmune pulmonary alveolar proteinosis.
BMC Pulm Med. 2014 Nov 4;14:172.
Nakabayashi A, Seki M, Hirano T, Hirata H, Tomono K, Kumanogoh A.
Rapidly progressive pneumonia caused by Cryptococcus neoformans in the patient of granulomatosis with polyangiitis.
Respir Med Case Rep. 2014 Aug 8;13:13-5.
2013年以前の学術論文
Saeki Y, Kudo-Tanaka E, Ohshima S, Matsushita M, Tsuji S, Maeda Y, Yoshimura M, Watanabe A, Katada Y, Harada Y, Ichikawa K, Suenaga Y, Ohta Y, Tohma S; NHO iR-net Study Group.
Baseline anti-citrullinated peptide antibody (ACPA) titers and serum interleukin-6 (IL-6) levels possibly predict progression of bone destruction in early stages of rheumatoid arthritis (ERA).
Rheumatol Int. 2013 Feb;33(2):451-6.
Katada Y, Tanaka T. Images in clinical medicine.
Lingual Raynaud's phenomenon.
N Engl J Med. 2012 Feb 16;366(7):e12.
Ishii T, Katada Y, Saeki Y.
Spontaneous perirenal hematoma due to Wegener's granulomatosis after initiation of immunosuppressant.
Mod Rheumatol. 2011 Apr;21(2):203-6.
東さやか、森本茂文、香川邦彦、片田圭宣、長谷川健次、田伏克惇
TS-1適性使用確認システムの構築とその応用
癌と化学療法、2010年3月37 (3) P469-472
Ohta K, Miyamoto T, Amagasaki T, Yamamoto M; 1304 Study Group.
Efficacy and safety of omalizumab in an Asian population with moderate-to-severe persistent asthma.
Respirology. 2009 Nov;14(8):1156-65.
Kudo-Tanaka E, Nakatsuka S, Hirano T, Kawai M, Katada Y, Matsushita M, Ohshima S, Ishii M, Miyatake K, Tanaka T, Saeki Y.
A case of Mikulicz's disease with Th2-biased cytokine profile: possible feature discriminable from Sjögren's syndrome.
Mod Rheumatol. 2009;19(6):691-5.
気管支喘息発作入院時におけるクリニカルパス導入の有効性の評価
東 直人, 片田 圭宣, 小林 勝昭、他
アレルギー, 57 (11): 1155-1165, 2008
Azuma N, Katada Y, Nishimura N, Yamada T, Uranishi R, Nakatsuka S, Dehara M, Harada Y, Yamanaka T, Saeki Y.
A case of granuloma in the occipital lobe of a patient with Wegener's granulomatosis.
Mod Rheumatol. 2008;18(4):411-5.
Kudo-Tanaka E, Ohshima S, Ishii M, Mima T, Matsushita M, Azuma N, Harada Y, Katada Y, Ikeue H, Umeshita-Sasai M, Miyatake K, Saeki Y.
Autoantibodies tocyclic citrullinated peptide 2 (CCP2) are superior to other potential diagnostic biomarkers for predicting rheumatoid arthritis in early undifferentiated arthritis.
Clin Rheumatol. 2007 Oct;26(10):1627-33.
Ishii M, Muramoto Y, Kosaka H, Ohshima S, Mima T, Katada Y, Hirohata S, Saeki Y.
A serological switching from anti-dsDNA to anti-Sm antibodies coincided with severe clinical manifestations of systemic lupus erythematosus (hemophagocytosis, profundus and psychosis).
Lupus. 2007;16(1):67-9.
Ishii M, Iwai K, Koike M, Ohshima S, Kudo-Tanaka E, Ishii T, Mima T, Katada Y, Miyatake K, Uchiyama Y, Saeki Y.
RANKL-induced expression of tetraspanin CD9 in lipid raft membrane microdomain is essential for cell fusion during osteoclastogenesis.
J Bone Miner Res. 2006 Jun;21(6):965-76.
Katada Y, Harada Y, Azuma N, Matsumoto K, Terada H, Kudo E, Ishii M, Yamane H, Yamamoto S, Ohshima S, Mima T, Tanaka T, Saeki Y.
Minocycline-induced vasculitis fulfilling the criteria of polyarteritis nodosa.
Mod Rheumatol. 2006;16(4):256-9.
東 直人、片田 圭宣、原田 芳徳 [他]
血清IL-4, IL-5およびIgG分画を測定した末梢血好酸球増加と血清IgE上昇を伴った原発性Sjogren症候群の1例
アレルギー 54(7), 646-651, 2005-07-30.
Ishii T, Onda H, Tanigawa A, Ohshima S, Fujiwara H, Mima T, Katada Y, Deguchi H, Suemura M, Miyake T, Miyatake K, Kawase I, Zhao H, Tomiyama Y, Saeki Y, Nojima H.
Isolation and expression profiling of genes upregulated in the peripheral blood cells of systemic lupus erythematosus patients.
DNA Res. 2005;12(6):429-39.
有本 啓恵, 東 直人, 片田 圭宣, 佐野 由紀子, 荻野 敏
スギ・ヒノキ科花粉症患者セルフケアの実態―アンケート調査より―
アレルギー, 53 (7): 676-682, 2004.
Saiki O, Uda H, Nishimoto N, Miwa T, Mima T, Ogawara T, Azuma N, Katada Y, Sawaki J, Tsutsui H, Matsui K, Maeda A, Nakanishi K.
Adult Still's disease reflects a Th2 rather than a Th1 cytokine profile.
Clin Immunol. 2004 Jul;112(1):120-5.
Saeki Y, Mima T, Ishii T, Ogata A, Kobayashi H, Ohshima S, Ishida T, Tabunoki Y, Kitayama H, Mizuki M, Katada Y, Asaoku H, Kitano M, Nishimoto N, Yoshizaki K,Maeda M, Kon S, Kinoshita N, Uede T, Kawase I.
Enhanced production of osteopontin in multiple myeloma: clinical and pathogenic implications.
Br J Haematol. 2003 Oct;123(2):263-70.
Higa S, Hirano T, Mayumi M, Hiraoka M, Ohshima Y, Nambu M, Yamaguchi E, Hizawa N, Kondo N, Matsui E, Katada Y, Miyatake A, Kawase I, Tanaka T.
Association between interleukin-18 gene polymorphism 105A/C and asthma.
Clin Exp Allergy. 2003 Aug;33(8):1097-102.
Ishii M, Katada Y.
Idiopathic portal hypertension in a systemic sclerosis patient heterozygous for factor V Leiden mutation.
Rheumatol Int. 2003 Jan;23(1):44-6.
Ohshima S, Yamaguchi N, Nishioka K, Mima T, Ishii T, Umeshita-Sasai M, Kobayashi H, Shimizu M, Katada Y, Wakitani S, Murata N, Nomura S, Matsuno H, Katayama R, Kon S, Inobe M, Uede T, Kawase I, Saeki Y.
Enhanced local production of osteopontin in rheumatoid joints.
J Rheumatol. 2002 Oct;29(10):2061-7.
Uda H, Mima T, Yamaguchi N, Katada Y, Fukuda M, Fujii N, Nakamura K, Saiki O.
Expansion of a CD28-intermediate subset among CD8 T cells in patients withinfectious mononucleosis.
J Virol. 2002 Jul;76(13):6602-8.
Tanaka T, Katada Y, Higa S, Fujiwara H, Wang W, Saeki Y, Ohshima S, Okuda Y, Suemura M, Kishimoto T.
Enhancement of T helper2 response in the absence of interleukin (IL-)6; an inhibition of IL-4-mediated T helper2 cell differentiation by IL-6.
Cytokine. 2001 Feb 21;13(4):193-201.
Ishii M, Uda H, Yamagami T, Katada Y.
Possible association of "shrinking lung" and anti-Ro/SSA antibody.
Arthritis Rheum. 2000 Nov;43(11):2612-3.
Sasai M, Saeki Y, Ohshima S, Nishioka K, Mima T, Tanaka T, Katada Y, Yoshizaki K, Suemura M, Kishimoto T.
Delayed onset and reduced severity of collagen-induced arthritis in interleukin-6-deficient mice.
Arthritis Rheum. 1999 Aug;42(8):1635-43.
Ohshima S, Saeki Y, Mima T, Sasai M, Nishioka K, Nomura S, Kopf M, Katada Y, Tanaka T, Suemura M, Kishimoto T.
Interleukin 6 plays a key role in the development of antigen-induced arthritis.
Proc Natl Acad Sci U S A. 1998 Jul 7;95(14):8222-6.
Saiki O, Uda H, Hayashi M, Tanaka T, Katada Y, Shimizu M, Kinoshita N, Kishimoto T.
In vivo but not in vitro stimulations rescue of the defective class switching to IgG or IgA in B-cells of immunodeficiency with hyper IgM.
Clin Immunol Immunopathol. 1997 Jun;83(3):287-92.
Ochi H, Tanaka T, Katada Y, Naka T, Aitani M, Hashimoto S, Maeda K, Toyoshima K, Igarashi T, Suemura M, Kishimoto T.
Peripheral blood T lymphocytes and basophils, freshly isolated from house-dust-mite-sensitive patients, produce interleukin-4 in response to allergen-specific stimulation.
Int Arch Allergy Immunol. 1996 Nov;111(3):253-61.
Ochi H, Tanaka T, Katada Y, Naka T, Aitani M, Hashimoto S, Maeda K, Toyoshima K, Igarashi T, Suemura M, Kishimoto T.
Functional disturbance of naive T lymphocytes in very high IgE producers: depletion of interleukin-4-induced interleukin-4-producing cells.
Int Arch Allergy Immunol. 1996 Mar;109(3):236-42.
Katada Y, Tanaka T, Ochi H, Aitani M, Yokota A, Kikutani H, Suemura M, Kishimoto T.
B cell-B cell interaction through intercellular adhesion molecule-1 and lymphocyte functional antigen-1 regulates immunoglobulin E synthesis by B cells stimulated with interleukin-4 and anti-CD40 antibody.
Eur J Immunol. 1996 Jan;26(1):192-200.
Saiki O, Tanaka T, Wada Y, Uda H, Inoue A, Katada Y, Izeki M, Iwata M, Nunoi H, Matsuda I, et al.
Signaling through CD40 rescues IgE but not IgG or IgA secretion in X-linked immunodeficiency with hyper-IgM.
J Clin Invest. 1995 Feb;95(2):510-4.
学会発表
2018年
A case of eosinophilic gastroenteritis(EG) with sensitization to multiple food allergens successfully treated by an anti-IgE antibody, omalizumab
Katada Yoshinori, Shimagami Hiroshi, Nakabayashi Akihiko, Okamoto Masashi, Hasegawa Chisami, Hirayama Takehiro, Okatani Akihisa, Kikuchi Kouki, Ohtake Yoichi, Hamada Yuzuru, Asagawa Mari
アレルギー(0021-4884)67巻4-5号 Page520(2018.05)
Three cases of IgG4 related disease presenting leg edema solely
Katada Yoshinori, Okamoto Masashi, Shimagami Hiroshi, Ohashi Michiko, Fujisaka Tomomi, Ikai Hiroki, Mega Akira, Yamaguchi Yuta, Nakabayashi Akihiko, Morimoto Madoka, Konma Kazushi
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集62回 Page600(2018.03)
関節エコーで有意所見はなかったが、臨床経過とPET-CTからリウマチ性多発筋痛症(PMR)と診断した一例
齋藤 梨奈, 中林 晃彦, 岡本 雅志, 島上 洋, 大橋 倫子, 藤坂 友美, 平山 健寛, 山口 勇太, 妻鹿 旭, 猪飼 浩樹, 森本 まどか, 金万 和志, 片田 圭宣
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集62回 Page851(2018.03)
関節エコーで手関節伸側に多発する腱鞘滑膜炎の所見を認めたサルコイド関節炎の1症例
藤坂 友美, 中林 晃彦, 島上 洋, 岡本 雅志, 大橋 倫子, 平山 健寛, 山口 勇太, 猪飼 浩樹, 妻鹿 旭, 森本 まどか, 片田 圭宣, 金万 和志
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集62回 Page834(2018.03)
尿管癌との鑑別が困難であった片側尿管のIgG4関連疾患の1症例
岡本 雅志, 島上 洋, 大橋 倫子, 藤坂 友美, 山口 勇太, 妻鹿 旭, 猪飼 浩樹, 中林 晃彦, 片田 圭宣, 金万 和志, 平山 健寛
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集62回 Page830(2018.03)
多発神経炎を呈し組織学的に証明したIgG4-Related NeuropathyとMPO-ANCA陽性血管炎の合併症例
猪飼 浩樹, 大橋 倫子, 岡本 雅志, 島上 洋, 藤坂 友美, 平山 健寛, 山口 勇太, 妻鹿 旭, 中林 晃彦, 森本 まどか, 片田 圭宣, 金万 和志
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集62回 Page824(2018.03)
早期の免疫グロブリン大量療法(IVIg)が神経症状に著効した好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の1例
大橋 倫子, 島上 洋, 岡本 雅志, 藤坂 友美, 平山 健寛, 山口 勇太, 妻鹿 旭, 猪飼 浩樹, 森本 まどか, 中林 晃彦, 片田 圭宣, 金万 和志
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集62回 Page754(2018.03)
関節リウマチ(RA)に続発するamyloidosisに関連した胸腹水貯留にトシリズマブ(TCZ)が有効であると考えられた一例
島上 洋, 岡本 雅志, 大橋 倫子, 藤坂 友美, 猪飼 浩樹, 妻鹿 旭, 山口 勇太, 中林 晃彦, 森本 まどか, 金万 和志, 片田 圭宣
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集62回 Page693(2018.03)
未診断の多関節痛患者におけるRA分類基準(2010ACR/EULAR分類基準)と関節エコー所見の相関性および診断妥当性の検討
猪飼 浩樹, 大橋 倫子, 岡本 雅志, 島上 洋, 藤坂 友美, 平山 健寛, 山口 勇太, 妻鹿 旭, 中林 晃彦, 森本 まどか, 片田 圭宣, 金万 和志
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集62回 Page616(2018.03)
シェーグレン症候群との鑑別を要した好酸球性唾液管炎(Eosinophilic Sialodochitis)の一例
中林 晃彦, 岡本 雅志, 島上 洋, 大橋 倫子, 藤坂 友美, 平山 健寛, 山口 勇太, 妻鹿 旭, 猪飼 浩樹, 森本 まどか, 金万 和志, 片田 圭宣
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集62回 Page534(2018.03)
ケトアシドーシス(DKA)により心肺停止となったが蘇生しえた1型糖尿病の2症例
長谷川 耕平, 藤澤 智巳, 大久保 明紘, 猪飼 浩樹, 中林 晃彦, 松浦 基夫, 花房 俊昭
糖尿病(0021-437X)61巻6号 Page435(2018.06)
腎生検を施行した2型糖尿病患者の腎病理・臨床所見の検討
大久保 明紘, 猪飼 浩樹, 妻鹿 旭, 中林 晃彦, 森本 まどか, 藤澤 智巳, 松浦 基夫, 金万 和志
日本腎臓学会誌(0385-2385)60巻3号 Page376(2018.04)
2017年以前の学会発表
2017年
Long term exsistence of lymphadenopathy prior to the onset of IgG4 related disease
Katada Yoshinori, Nakabayashi Akihiko, Ikai Hiroki, Konma Kazushi
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集61回 Page632(2017.03)
高Ca血症・腎不全による入院を契機にポリファーマシー(19剤)が判明した高齢女性の1例
長谷川 誠, 猪飼 浩樹, 中林 晃彦, 森本 まどか, 藤澤 智巳, 松浦 基夫
日本老年医学会雑誌(0300-9173)54巻4号 Page617-618(2017.10)
原因不明の失神の既往があり、心不全の入院加療中に突然死した67歳女性
風間 亮, 猪飼 浩樹, 中林 晃彦, 藤澤 智巳, 松浦 基夫, 岩本 督徳, 棟方 哲
堺市立総合医療センター医学雑誌(2432-2407)17巻 Page77-82(2017.03)
造影CT・FDG-PET/CTで優位な所見を認めず側頭動脈生検で診断確定した巨細胞性動脈炎の1症例
猪飼 浩樹, 中林 晃彦, 片田 圭宣, 金万 和志
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集61回 Page832(2017.03)
頸部神経根症を伴った巨細胞性動脈炎の一例
中林 晃彦, 猪飼 浩樹, 金万 和志, 片田 圭宣
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集61回 Page832(2017.03)
アトルバスタチンに関連すると考えられたアキレス腱炎の一例
中林 晃彦, 猪飼 浩樹, 金万 和志, 片田 圭宣
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集61回 Page573(2017.03)
シェーグレン症候群/IgG4関連疾患 シェーグレン症候群を疑い唾液腺生検を施行した145例の臨床的解析
中林 晃彦, 猪飼 浩樹, 金万 和志, 片田 圭宣
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集61回 Page422(2017.03)
2016年
リラグルチドを用い1日130単位のインスリンを離脱しえたステロイド糖尿病の1例
小西 正剛, 藤澤 智巳, 猪飼 浩樹, 中林 晃彦, 松浦 基夫
糖尿病(0021-437X)59巻7号 Page527(2016.07)
SLEの診断基準を満たした小リンパ球性リンパ腫(SLL)の一症例
猪飼 浩樹(堺市立病院機構堺市立総合医療センター 腎代謝免疫内科), 中林 晃彦, 片田 圭宣, 金万 和志
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集60回 Page525(2016.03)
糸球体病変を認めず尿細管間質性腎炎の病理像を認めた顕微鏡的多発血管炎4例の臨床的特徴
中林 晃彦, 片田 圭宣, 猪飼 浩樹, 金万 和志
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集60回 Page481(2016.03)
2015年
XXⅢ World Allergy Congress: WAC 2015 (Seoul, Korea Oct. 2015)
"Anaphylaxis caused by an ant (Brachyponera chinensis) in Japan"
Yoshinori Katada, Yoshinori Harada, Akiko Yura, Maiko Yoshimura, Akihiko Nakabayashi, Kenichi Aoyagi, Koji Nishida, Yuki Tsukamoto, Motoo Matsuura, Kyoung Yong Jeong, Jung-Won Park, Kazushi Konma,Toshio Tanaka
The 59th Annual General Assembly and Scientific Meeting of the Japan College of Rheumatology, International Concurrent Workshop (Nagoya, Japan April 2015)
"Coincidence of achalasia and autoimmune diseases (Four such cases)"
Yoshinori Katada, Akihiko Nakabayashi, Yuta Yamaguchi, Sara Murakami, Madoka Morimoto, Yoshinori Harada, Akiko Yura, Maiko Yoshimura, Eriko Tanaka, Satoru Teshigawara, Michihito Katayama, Soichiro Tsuji, Masato Matsushita, Shiro Ohshima, Jun Hashimoto, Yukihiko Saeki, Johji Kohno, Kazushi Konma
アナフィラキシーの病態・診断 オオハリアリによるアナフィラキシー
片田 圭宣, 中林 晃彦, 由良 亜紀子, 原田 芳徳, 松浦 基夫, 金万 和志, Jeong Kyoung-Yong, Park Jung-Won, 田中 敏郎
第64回日本アレルギー学会 東京 平成27年4月
対称性の手指の屈曲拘縮を認め、ステロイドが著効したRS3PE症候群の一例
山口 勇太, 中林 晃彦, 村上 紗羅, 森本 まどか, 河野 譲二, 金万 和志, 片田 圭宣
第59回日本リウマチ学会総会(名古屋 平成27年4月)
Jo-1抗体陽性で著明な肺高血圧を呈した一例
村上 紗羅, 山口 勇太, 中林 晃彦, 森本 まどか, 金万 和志, 片田 圭宣
第59回日本リウマチ学会総会(名古屋 平成27年4月)
Felty症候群を呈したCD4+CD8+T細胞性LGL白血病
中林 晃彦, 片田 圭宣, 山口 勇太, 村上 紗羅, 森本 まどか, 金万 和志
第59回日本リウマチ学会総会(名古屋 平成27年4月)
関節リウマチの治療 生物学的製剤(TNF阻害薬以外) 生物学的製剤血中トラフ濃度測定による投与間隔の最適化の検討
松浦 良信, 楢崎 雅司, 依藤 秀樹, 加藤 保宏, 西出 真之, 菱谷 好洋, 平野 亨, 嶋 良仁, 仲 哲治, 田中 敏郎, 緒方 篤, 熊ノ郷 淳
第59回日本リウマチ学会総会(名古屋 平成27年4月)
日本睡眠学会第39回定期学術集会(徳島 平成27年7月)
当院における高齢者の睡眠時無呼吸症候群の治療の現況
原田 芳徳、由良 亜希子、片田 圭宣、片山 理人、勅使川原 悟、吉村 麻衣子、田中 枝里子、辻 聡一郎、松下 正人、橋本 淳、大島 至郎、佐伯 行彦
第68回国立病院総合医学会(横浜 平成27年11月)
加水分解コムギ含有石鹸使用者における小麦アレルギー発症危険因子 症例対照研究
福冨 友馬、岸川 禮子、杉山 晃子、原田 芳徳、片田 圭宣、南 崇史、谷口 正実、秋山 一男
第43回日本救急医学会総会・学術集会(東京 平成27年10月)
二次救急病院における内科系救急搬送応需改善の試み
青柳 健一、西田 幸司、塚本 祐己、片田 圭宣、合原 彩、 桝田 元、熊澤 淳史、小畠 久和、小原 章敏
第59回日本リウマチ学会総会(名古屋 平成27年4月)
唾液中サイトカインプロファイルの変化 ~唾液の質の低下と口腔内病変~
東 直人、片田 圭宣、北野 幸恵、西岡 亜紀、関口 昌弘、北野 将康、松井 聖、佐野 統
第59回日本リウマチ学会総会(名古屋 平成27年4月)
シェーグレン症候群患者におけるGSRS問診票による消化器症状の評価と関連因子の検討
東 直人、片田 圭宣、北野 幸恵、西岡 亜紀、関口 昌弘、北野 将康、松井 聖、佐野 統
2014年
9th International Congress on Autoimmunity Nice FranceMarch 26-30 2014
THE PREVALENCE OF ACHALASIA AMONG PATIENTS WITH AUTOIMMUNE DISEASES
Y. Katada, A. Yura, Y. Harada, K. Kagawa, M. Yoshimura, J. Murata, A. Sasakawa, F. Nakanishi, E. Masuda.
The necessity of multi imaging examinations to diagnose polymyalgia rheumatica (PMR)
Yura Akiko, Katayama Michihito, Teshigawara Satoru, Yoshimura Maiko, Watanabe Akane, Tanaka Eriko, Tsuji Soichiro, Harada Yoshinori, Matsushita Masato, Katada Yoshinori, Hashimoto Jun, Ohshima Shiro, Saeki Yukihiko
第58回日本リウマチ学会総会(東京 平成26年4月)
Pentraxin-3 (PTX3) in Patient with Rheumatoid Arthritis (RA): High disease activity or Infection
Katayama Michihito(Department of Rheumatology, National Hospital Organization Osaka Minami Medical Center), Tsuji Soichiro, Oshima Shiro, Yura Akiko, Teshiawara Satoru, Watanabe Akane, Yoshimura Maiko, Tanaka Eriko, Harada Yoshinori, Matsushita Masato, Katada Yoshinori, Hashimoto Jun, Saeki Yukihiko
第58回日本リウマチ学会総会(東京 平成26年4月)
リウマチ・自己免疫疾患とサイトメトリー 単球上CD64分子数値を用いた全身性エリテマトーデスの疾患活動性の評価
辻 聡一郎, 田浦 映恵, 北東部 綾子, 由良 亜紀子, 片山 理人, 勅使川原 悟, 吉村 麻衣子, 田中 枝里子, 原田 芳徳, 松下 正人, 片田 圭宣, 大島 至郎, 橋本 淳, 佐伯 行彦
Cytometry Research(0916-6920)24巻Suppl. Page45(2014.06)
皮膚筋炎に合併した若年発症中枢神経系浸潤末梢性T細胞性リンパ腫の一例
星田 義彦, 勅使川原 悟, 片田 圭宣, 由良 亜紀子, 片山 理人, 吉村 麻衣子, 渡邊 あかね, 田中 枝里子, 辻 聡一郎, 松下 正人, 大島 至郎, 佐伯 行彦, 口分田 貴裕, 山口 晃史, 前田 裕弘
日本病理学会会誌(0300-9181)103巻1号 Page295(2014.03)
多発筋炎を合併した関節リウマチに対するアバタセプトの使用経験
松下 正人, 吉村 麻衣子, 片山 理人, 渡邉 あかね, 田中 枝里子, 辻 聡一郎, 勅使川原 悟, 橋本 淳, 由良 亜紀子, 原田 芳徳, 片田 圭宣, 星田 義彦, 大島 至郎, 佐伯 行彦
第58回日本リウマチ学会総会(東京 平成26年4月)
ループス腎炎に対する複数の少量免疫抑制剤の併用療法(MIST:multiple Immunosuppressants therapy)
片田 圭宣, 吉村 麻衣子, 田中 枝里子, 由良 亜紀子, 原田 芳徳, 佐伯 行彦, 勅使川原 悟, 大島 至郎, 松下 正人, 橋本 淳
第58回日本リウマチ学会総会(東京 平成26年4月)
関節リウマチの加療中にKL-6の上昇を認めた原発性腹膜癌の1症例
片山 理人, 由良 亜紀子, 勅使川原 悟, 吉村 麻衣子, 渡邉 あかね, 田中 枝里子, 辻 聡一郎, 原田 芳徳, 松下 正人, 片田 圭宣, 大島 至郎, 橋本 淳, 佐伯 行彦
第58回日本リウマチ学会総会(東京 平成26年4月)
トシリズマブにて心機能の改善を認めた心筋症合併関節リウマチの1例
大島 至郎, 松下 正人, 片山 理人, 勅使川原 悟, 吉村 麻衣子, 田中 枝里子, 辻 聡一郎, 由良 亜紀子, 原田 芳徳, 片田 圭宣, 橋本 淳, 佐伯 行彦
第58回日本リウマチ学会総会(東京 平成26年4月)
プロピオニバクテリウムアクネによる滑膜炎を合併した関節リウマチの一例
勅使川原 悟, 由良 亜紀子, 片山 理人, 吉村 麻衣子, 田中 枝里子, 辻 聡一郎, 原田 芳徳, 松下 正人, 片田 圭宣, 大島 至郎, 橋本 淳, 佐伯 行彦
第58回日本リウマチ学会総会(東京 平成26年4月)
超早期メソトレキサート(MTX)治療介入による関節リウマチ(RA)発症抑止に関する検討
田中 枝里子, 片山 理人, 勅使川原 悟, 渡邉 あかね, 吉村 麻衣子, 辻 聡一郎, 平尾 眞, 坪井 秀規, 松下 正人, 由良 亜紀子, 原田 芳徳, 片田 圭宣, 橋本 淳, 大島 至郎, 佐伯 行彦
第58回日本リウマチ学会総会(東京 平成26年4月)
リウマチ性疾患の臨床検査 関節リウマチ患者での原病悪化、感染症合併の鑑別におけるペントラキシン3(PTX3)の有用性の検討
片山 理人, 辻 聡一郎, 大島 至郎, 由良 亜紀子, 勅使川原 悟, 渡邉 あかね, 吉村 麻衣子, 田中 枝里子, 原田 芳徳, 松下 正人, 片田 圭宣, 橋本 淳, 佐伯 行彦
第58回日本リウマチ学会総会(東京 平成26年4月)
シェーグレン症候群 シェーグレン症候群における口腔内病変と唾液中EGFの関係 3年間の変化の評価
東 直人, 片田 圭宣, 北野 幸恵, 西岡 亜紀, 関口 昌弘, 北野 将康, 松井 聖, 佐野 統
第58回日本リウマチ学会総会(東京 平成26年4月)
感染症と自己免疫疾患 細菌感染症合併RA患者における新規感染症マーカー プレセプシンの検討
辻 聡一郎, 由良 亜紀子, 片山 理人, 勅使川原 悟, 渡邉 あかね, 吉村 麻衣子, 田中 枝里子, 原田 芳徳, 片田 圭宣, 大島 至郎, 橋本 淳, 佐伯 行彦
第58回日本リウマチ学会総会(東京 平成26年4月)
サラゾスルファピリジンにより皮疹を伴わずに急性肝不全を呈した慢性関節リウマチの一例
由良 亜紀子, 大島 至郎, 原田 芳徳, 片田 圭宣, 片山 理人, 勅使川原 悟, 吉村 麻衣子, 田中 枝里子, 辻 総一郎, 松下 正人, 佐伯 行彦
アレルギー(0021-4884)63巻3-4号 Page591(2014.04)
3年間のトシリズマブ投与を行った全身性強皮症患者の生化学データの推移
嶋 良仁, 菱谷 好洋, 中林 晃彦, 平野 亨, 楢崎 雅司, 緒方 篤, 田中 敏郎, 熊ノ郷 淳
第58回日本リウマチ学会総会(東京 平成26年4月)
シェーグレン症候群における唾液の質の低下 口腔内病変と唾液中EGFの関係について
東 直人, 片田 圭宣, 北野 幸恵, 関口 昌弘, 北野 将康, 松井 聖, 佐野 統
日本内科学会雑誌(0021-5384)103巻Suppl. Page180(2014.02)
進行期膵癌患者に対するオキシコドン注射液(オキファスト注)の有用性の検討
西田 純幸, 高島 聡士, 西岡 紘治, 加藤 保宏, 松浦 良信, 前田 奈緒, 新谷 栄子, 平野 亨, 岡 芳弘, 表 八洋子, 熊ノ郷 淳
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集19回 Page269(2014.06)
トシリズマブの期間短縮投与で寛解に至った高疾患活動性関節リウマチの症例
松浦 良信, 楢崎 雅司, 加藤 保宏, 細川 貴司, 西岡 紘治, 嶋 良仁, 緒方 篤, 熊ノ郷 淳
第58回日本リウマチ学会総会(東京 平成26年4月)
2013年
ACR 2013 San Diego USA
Prognostic Factors Of Visual Functions In The Treatment With Infliximab For Uveitis Of Behcet's Disease
Akihiko Nakabayashi, Toru Hirano, Yoshihiro Hishitani, Keisuke Hagihara, Kei Nakai, Kouji Nishida, Atsushi Kumanogoh
EAACI-WAO Milan Italy June 22-26 2013
Etiology of Hypereosinophilia
Katada Y., Harada Y., Yura A., Kagawa K., Kishioka A., Yamaguchi N., Inoue N. , Hashizume T., Hashimoto J., Saeki Y., Tanaka T.
気管支喘息、好酸球性副鼻腔炎を先行したIgG4-Mikulicz病の一例
中林 晃彦, 楢崎 雅司, 新居 卓朗, 西出 真之, 濱野 芳匡, 平野 亨, 嶋 良仁, 緒方 篤, 田中 敏郎, 熊ノ郷 淳
アレルギー(0021-4884)62巻3-4号 Page480(2013.04)
ベーチェット病ぶどう膜炎に対するインフリキシマブ治療の5年
中林 晃彦, 平野 亨, 菱谷 好洋, 田中 敏郎, 熊ノ郷 淳
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集57回・22回 Page610(2013.03)
当院における睡眠時無呼吸症候群の診療の現状と課題について
原田 芳徳, 由良 亜希子, 辻 聡一郎, 田中 枝里子, 勅使川原 悟, 吉村 麻衣子, 渡邉 あかね, 松下 正人, 橋本 淳, 大島 至郎, 佐伯 行彦, 片田 圭宣
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集38回 Page201(2013.06)
血漿交換により改善した膠原病に伴う血栓性微小血管障害症4例の臨床的検討
岸 徳子, 松浦 良信, 田淵 裕也, 村上 功, 旗智 さおり, 三宅 崇文, 垣田 浩子, 池田 昌樹, 古宮 俊幸, 米本 智美, 武曾 惠理, 八木田 正人
日本アフェレシス学会雑誌(1340-5888)32巻3号 Page235(2013.10)
血漿交換療法が病勢コントロールに有用であったクリオグロブリン血症の一例
山口 亮平, 松浦 良信, 姜 伶奈, 三宅 崇文, 山本 伸也, 垣田 浩子, 池田 昌樹, 鳥越 和雄, 遠藤 和美, 米本 智美, 鈴木 洋行, 古宮 俊幸, 田淵 裕也, 村上 功, 籏智 さおり, 八木田 正人, 武曾 惠理
日本透析医学会雑誌(1340-3451)46巻Suppl.1 Page698(2013.05)
若年性側頭動脈炎の1例
籏智 さおり, 松浦 良信, 村上 功, 田淵 裕也, 岡崎 瑞江, 八木田 正人
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集57回・22回 Page672(2013.03)
骨髄異形成症候群を合併するインフリキシマブ二次無効の腸管ベーチェット病においてG-CSF製剤投与下にアダリムマブを継続し、臨床的及び内視鏡画像的寛解を認めた1例
田淵 裕也, 村上 功, 松浦 良信, 岡崎 瑞江, 籏智 さおり, 八木田 正人
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集57回・22回 Page610(2013.03)
リウマチ性疾患の画像 関節超音波検査は生物学的製剤中止後の関節リウマチ再燃を早期に予測できる可能性がある
松浦 良信, 田淵 裕也, 村上 功, 籏智 さおり, 八木田 正人
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集57回・22回 Page407(2013.03)
2012年
プロピルチオウラシルによるバセドウ病治療中に発症し、薬剤中止により寛解が得られた再発性多発軟骨炎の1例
玉田 大介, 北村 哲宏, 安田 哲行, 中林 晃彦, 楢崎 雅司, 大月 道夫, 下村 伊一郎
日本内分泌学会雑誌(0029-0661)88巻2号 Page502(2012.09)
リウマチ膠原病患者でのEPA/AAについての検討 関節リウマチ患者では、血中アラキドン酸濃度とCRPは逆相関する
萩原 圭祐, 有光 潤介, 岸田 友紀, 中西 美保, 中林 晃彦, 森島 淳仁, 吉田 祐志, 菱谷 好洋, 平野 亨, 嶋 良仁, 楢崎 雅司, 緒方 篤, 田中 敏郎, 吉川 秀樹, 熊ノ郷 淳
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集56回・21回 Page487(2012.03)
サイトカイン・ケモカイン Bio-plex cytokine arrayによる肺高血圧症患者におけるサイトカインの病態意義の解析
萩原 圭祐, 有光 潤介, 岸田 友紀, 中西 美保, 中林 晃彦, 森島 淳仁, 吉田 祐志, 菱谷 好洋, 平野 亨, 嶋 良仁, 楢崎 雅司, 緒方 篤, 田中 敏郎, 吉川 秀樹, 熊ノ郷 淳
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集56回・21回 Page455(2012.03)
感染を契機に肺高血圧が増悪し、ステロイド投与が著効したMCTDの一例
松浦 良信, 西田 美和, 村上 功, 籏智 さおり, 八木田 正人
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集56回・21回 Page673(2012.03)
インフリキシマブが有効であったtrisomy8を有する骨髄異形成症候群合併腸管ベーチェットの一例
村上 功, 松浦 良信, 西田 美和, 籏智 さおり, 八木田 正人
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集56回・21回 Page669(2012.03)
関節リウマチに対する生物製剤使用中に認められた末梢神経障害
八木田 正人, 西田 美和, 村上 功, 松浦 良信, 籏智 さおり
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集56回・21回 Page571(2012.03)
2011年
Eular 2011 London England
POSSIBLE ASSOCIATION OF CYTOMEGALOVIRUS WITH ATYPICAL HEMOLYTIC UREMIC SYNDROME
Y. Katada, Y. Harada, Y. Maeda, S. Tsuji, E.K. Tanaka, M. Matsushita, S. Oshima, E. Kitashoji, Y. Ando, S. Munakata, Y. Saeki
総説
菊田 順一, 松浦 良信, 石井 優
【慢性炎症性疾患の新たな展開】 慢性炎症の病的意義 骨代謝と慢性炎症
最新医学(0370-8241)71巻11月増刊 Page2257-2262(2016.11)
松浦 良信, 田中 敏郎
【関節リウマチ 新規治療薬による寛解への挑戦】 治療 予後改善を目指した治療の進めかた IL-6阻害薬/CTLA4-Ig製剤の使いかたMedical Practice(0910-1551)33巻10号 Page1615-1618(2016.10)
中林晃彦、緒方篤
トシリズマブ
治療薬NAVIシリーズ Vol.1 関節リウマチ治療における生物学的製剤の選択と適正使用 p52-58
日本医学出版 2015年
片田圭宣
膠原病に関する口腔病変
ENTONI(1346-2067)178号 Page56-61(2015.04)
(口腔粘膜疾患―特徴と治療の要点)友田幸一・八木正夫/編
松浦 良信, 菊田 順一, 石井 優
IL-6から見える景色(第9回) IL-6と骨破壊 反応編(4)
Keynote R・A(2187-9680)3巻4号 Page190-191(2015.10)
西岡 紘治, 松浦 良信, 緒方 篤
【リウマチ性疾患における血液・造血器異常】 血栓性細小血管障害症(TMA) TTP/HUS
リウマチ科(0915-227X)51巻4号 Page383-391(2014.04)

地域貢献

2018年11月6日

場所:堺市立健康福祉プラザ 3階 大研修室
内容:皮膚筋炎/多発性筋炎 ~病気の理解と日常生活の注意点~ 中林 晃彦

内容:皮膚筋炎/多発性筋炎 ~病気の理解と日常生活の注意点~ 中林 晃彦

2018年3月10日

場所:堺市立西文化会館ウェスティ 7階 セミナールーム
内容:関節リウマチと言われたら
   講演① 関節リウマチの早期診断・早期治療 中林 晃彦
   講演② 関節リウマチ治療の進歩 片田 圭宣
   講演③ 関節リウマチの手術治療 河野 譲二

内容:皮膚筋炎/多発性筋炎 ~病気の理解と日常生活の注意点~ 中林 晃彦

関連リンク

疾患の解説・説明

学会