診療科・部門ご案内

診療科 - 眼科 -

診療科 - 眼科 -

堺市立総合医療センタートップページ > 診療科・部門ご案内 > 診療科 > 眼科

読み上げる

眼科

目は、わたしたちが生活するうえで非常に重要となる視覚をつかさどる感覚器です。私たちが周りから得る情報のおよそ9割は目から入ってくるともいわれています。

また「みる」という動作は、日頃は何も気にせずに行っていますが、角膜・水晶体・網膜などたくさんの器官を使い、光の信号を電気信号に変換処理して脳に伝達することによって「みる」という動作ができています。

このように、目はとても精巧に出来ている器官であり、そして何より大切なものです。

当院の眼科では、この大切な器官の健康を患者さんにとってかけがえのないものと捉え、看護師、視能訓練士らとともに、日々の診療と研究に当たっています。

このページの目次

対応疾患

白内障、緑内障をはじめとした一般的な眼科診療に幅広く、かつ迅速に対応できる外来診療を心がけています。さらに当院では、前眼部(角結膜)と後眼部(網膜硝子体)の専門医が在籍しており、これらの疾患の診断治療には特に積極的に取り組んでいます。

主な対応疾患

角結膜疾患 アレルギー性や感染性の結膜炎、春季カタル、結膜弛緩症、翼状片、ドライアイ、感染性角膜炎、角膜ジストロフィーなどの角膜混濁、水疱性角膜症など
緑内障 開放隅角緑内障、閉塞隅角緑内障、急性緑内障発作、血管新生緑内障、ステロイド緑内障、偽落屑症候群など
網膜硝子体疾患 糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、黄斑浮腫、加齢黄斑変性、ポリープ状脈絡膜血管症、近視性脈絡膜新生血管、中心性漿液性網脈絡膜症など

検査・手術機器

眼科外来では、一般的な検査機器に加えて、最新の検査機器を豊富に揃えて、診断能力を高めています。中でも、微細な構造を解析できるOCT(Optical Coherence Tomography)を導入することで、今まで診断に苦慮していた病気を的確に診断治療に結びつけることが可能となりました。

当科では、このOCTを前眼部・後眼部用・緑内障用にそれぞれ活用しています。手術機器は、白内障手術装置(インフィニティ1台)と硝子体手術装置(コンステレーション1台)があり、手術用顕微鏡はカールツァイス製ルメラ(非接触広角眼底観察装置Resight装着)を使用しています。網膜硝子体手術部門では、小切開無縫合手術の最新システムである、27ゲージシステム(傷口の直径0.4mm)も導入しています。

主な検査機器

自覚的視機能検査 動的・静的視野検査、ヘスチャート(眼筋機能検査)
他覚的視機能検査 網膜電図(ERG)、多局所網膜電図(VERIS)、視覚誘発電位(VEP)などの電気生理検査
カメラ・画像解析装置 眼底カメラ、無散瞳眼底カメラ、フルオレセイン蛍光眼底造影、インドシアニングリーン赤外蛍光眼底造影、眼底自発蛍光撮影、ハイデルベルグ社スペクトラリスOCT(HRT)、前眼部OCT(CASIA)、角膜形状解析装置(OPDスキャン)、超音波検査(Aモード、Bモード、UBM)

治療

白内障手術は、眼科手術の大半を占めており、当科でも数多くの白内障手術を手がけています。ここ数年では、日帰り手術対応も積極的に進めており、現在では全手術の約半数が日帰り手術となっています。乱視の強い方には、適応を見極めた上で、乱視軽減用眼内レンズ(トーリック眼内レンズ)を挿入しています。また、前述の網膜硝子体手術システムを併用することで、難症例の白内障手術に対しても柔軟に対応しております。

専門的な治療として、平成24年9月から角膜移植手術を開始しています。基本的な術式である全層角膜移植術に加えて、表層角膜移植術(LKP)や角膜深層層状移植(DALK)、あるいは最新の角膜内皮移植(DSAEK)も手がけています。

平成27年2月からは、抗血管内皮細胞増殖因子(VEGF)抗体治療を導入し、加齢黄斑変性、ポリープ状脈絡膜血管症、近視性脈絡膜新生血管、網膜静脈閉塞症に合併した黄斑浮腫、糖尿病黄斑浮腫に対しても治療の選択肢が拡がりました。さらに平成27年7月からビスダイン療法を導入しています。

緑内障治療では、まず点眼治療が基本となります。ただし、最大限の点眼治療で十分な眼圧下降が得られないような緑内障に対しては、積極的に緑内障手術(線維柱帯切開術及び線維柱帯切除術)を行っています。また抗血小板薬内服により出血が予想される症例や、硝子体手術既往眼等のハイリスク眼に対しては、最新のインプラント緑内障手術も施行可能です。また疾患により選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)も当院にて可能です。難治性緑内障の代表である血管新生緑内障に対しては、網膜硝子体手術と緑内障手術の併用する形でも治療しています。

特色・強み

当院では角膜・網膜専門医による高度な診断技術を要する疾患を含め、幅広い眼科疾患の治療を受けていただくことが可能です。

現在、内眼手術と外眼部手術を合わせて年間約1,300件の手術を行っています。
地域の医療機関からご紹介をいただいた場合は、1か月以内を目標に手術を実施できるようにしています。

白内障手術や外眼部手術については日帰り手術も積極的に実施していますが、全身疾患や眼疾患の状態によっては入院加療にて対応させていただく場合があります。

また、眼瞼下垂などの外眼部疾患については当院形成外科と連携して、最善の治療を提供できるよう努めています。

担当医師・スタッフ

林 仁(はやし ひとし)
職名 眼科部長
アイセンター センター長
大学
(卒業年)
平成4年卒
認定資格 日本眼科学会専門医
学会 日本眼科学会
日本角膜学会
日本眼科手術学会
沢 美喜(さわ みき)
職名 網膜担当部長
アイセンター 副センター長
大阪大学招へい准教授
大学
(卒業年)
平成7年卒
専門分野 メディカル網膜疾患全般(加齢黄斑変性、中心性漿液性脈絡網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜色素線条、近視性脈絡膜新生血管、傍中心窩毛細血管拡張症、白点症候群など)
認定資格 日本眼科学会専門医
PDT認定医
難病疾患指定医
日本眼科学会指導医
学会 日本眼科学会
日本網膜硝子体学会
日本眼循環学会
モットー メディカル網膜疾患の患者さんの治療に積極的に取り組み、Quality of Vision(QOV)向上を目指したいと思います。
三浦 聡子(みうら さとこ)
職名 眼科副医長
大学
(卒業年)
平成20年卒
認定資格 日本眼科学会専門医
横山 彩子(よこやま あやこ)
職名 眼科医員
大学
(卒業年)
大阪医科大学(平成22年卒)
専門分野 白内障
認定資格 眼科専門医
春藤 卓也(しゅんとう たくや)
職名 眼科後期研修医
大学
(卒業年)
大阪大学(平成27年卒)
専門分野 眼科一般
松村 綾子(まつむら あやこ)
職名 外来応援医

外来診療日割表

外来E   新患受付時間 8:15~11:00

  
初診/再診午前

林 仁

 

春藤 卓也

沢 美喜

 

松村 綾子

横山 彩子

 

春藤 卓也

沢 美喜

 

松村 綾子

林 仁

 

横山 彩子

再診

午後

処置・検査

手術

処置・検査

処置・検査

手術

処置・検査

手術

処置・検査
PDTレーザー

研究発表

平成29年度

開催日 学会等 演 題 演 者
12月1日~12月3日 第56回日本網膜硝子体学会総会 慢性中心性漿液性脈絡網膜症のdescending tract 横山 彩子
12月1日~12月3日 第56回日本網膜硝子体学会総会 ポリープ状脈絡膜血管症に対するアフリベルセプト単独とPDT併用の短期治療成績の比較 沢 美喜
10月12日~10月15日 第71回日本臨床眼科学会 MultiColorを用いたReticular Pseudodrusenの観察 沢 美喜
10月12日~10月15日 第71回日本臨床眼科学会 慢性中心性漿液性脈絡網膜症に対する光線力学療法・アフリベルセプト併用療法の比較 横山 彩子
9月2日 第29回上方黄斑研究会 PCVに対するIVA併用PDT後の経過、あれこれ 沢 美喜
4月1日 第417回大阪眼科集談会 光線力学療法とアフリベルセプト併用療法の比較 横山 彩子

平成28年度

開催日 学会等 演 題 演 者
12月10日 第415回大阪眼科集談会 ポリープ状脈絡膜血管症に対するアフリベルセプト併用光線力学療法の短期治療成績 繁田 龍二郎
4月7日~4月10日 第120回日本眼科学会総会 滲出型加齢黄斑変性僚眼の近赤外眼底自発蛍光のパターン分類 繁田 龍二郎
4月7日~4月10日 第120回日本眼科学会総会 スペクトラリスマルチカラーを用いた中心性漿液性脈絡網膜症の観察 沢 美喜
4月2日 第411回大阪眼科集談会 滲出型加齢黄斑変性僚眼の近赤外眼底自発蛍光のパターン分類 繁田 龍二郎

平成27年度

開催日 学会等 演 題 演 者
12月12日 第409回大阪眼科集談会 口腔粘膜移植術を施行した結膜錯角化症の一例 林 仁
10月22日~10月25日 第69回日本臨床眼科学会 前眼部光干渉断層計で経過観察できた色素緑内障の一例 三浦 聡子
10月3日 第408回大阪眼科集談会 ドライアイ症状を呈する心療内科疾患について 林 仁
4月16日~4月19日 第119回日本眼科学会総会 加齢黄斑変性初期病態に関する臨床研究報告(8):眼底異常所見と網膜感度の5年経過 沢 美喜