診療科・部門ご案内

診療センター・診療科
- がんセンター -

堺市立総合医療センタートップページ > 診療科・部門ご案内 > 診療センター・診療科 > がんセンター

読み上げる

がんセンター

現在の日本人の2人に1人は、一生のうちに一度は何らかのがんに罹患すると推定されており、また3人に1人はがんにより亡くなっています。このようにがんは誰にも起こる可能性のある国民病と位置づけられています。また、がんを取り巻く環境は年々変化しており、長期化する療養環境の整備がますます求められるようになってきています。

このような背景のもと、堺市立総合医療センターのがんセンターは2004年、がん医療を統括する部門として、旧市立堺病院内に設立され、2009年3月には大阪府指定のがん診療連携拠点病院に、2014年8月には国指定の地域がん診療連携拠点病院に承認されました。がんセンターでは、堺市二次医療圏におけるがん医療の質向上を目指してがん診療連携に関わる各部門を統括し、地域におけるがん診療に関わる診断から治療、緩和ケアに至る切れ目のない集学的ながん医療を提供できるよう活動を行い、当院だけでなく他のがん診療連携拠点病院、地域の診療機関、医師会、行政などとも連携し、堺市医療圏がんネットワーク協議会等の様々な地域連携活動にも積極的に参加しています。

今後も地域の皆様に安全で安心ながん医療を提供するために、専門的な高度急性期がん診療の推進になお一層力を注ぐとともに、多方面での地域連携活動、啓蒙活動を行い、この地域で治療を受けられる患者さんにとって安定した療養環境を入院中にも通院加療中にも維持できる地域完結型の満足度の高いがん診療を展開して参りたいと考えておりますので、皆様のご支援ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

このページの目次

メンバー

神垣 俊二(かみがき しゅんじ)
- 乳腺・内分泌外科 -
職名 外来化学療法センター センター長
乳腺・内分泌外科部長
乳腺センター センター長
大学(卒業年) 大阪大学(平成7年)
認定資格等 日本外科学会専門医
日本乳癌学会乳腺専門医
マンモグラフィー読影認定医
モットー 上質な乳がん診療の提供
病診連携の推進
常に広い視野を持って諸事にあたる事
池田 恢(いけだ ひろし)
- 放射線治療科 -
職名 放射線治療科部長
放射線治療センター センター長
緩和ケア科医員
大学(卒業年) 大阪大学(昭和42年)
専門 放射線治療全般
認定資格 日本放射線腫瘍学会認定医
日本医学放射線学会放射線治療専門医
日本がん治療専門医制度機構暫定指導医
第1種放射線取扱主任者
学会 日本頭頸部癌学会(会長、理事を歴任、現監事)
日本放射線腫瘍学会(理事、監事を歴任、現代議員)
日本医学放射線学会(理事、評議員を歴任)
日本癌治療学会(評議員を歴任、功労会員)
その他、ASTRO、ASCOなど所属学会多数
モットー 状況に応じた的確な治療を受けていただくとともに、わかりやすい説明を心がけています。
その他 医用原子力技術研究振興財団理事
放射線治療品質管理機構理事
放射線医学総合研究所重粒子線治療ネットワーク会議委員
藤田 淳也(ふじた じゅんや)
- 胃食道外科 -
職名 胃食道外科医員
診療局 次長
消化器疾患センター センター長
がんセンター センター長
がん相談支援センター センター長
大学(卒業年) 大阪大学(平成元年)
専門 消化器外科・胃・食道
認定資格 日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医・がん治療認定医
インフェクションコントロールドクター(日本外科感染症学会)
がん診療緩和ケア研修修了
がんリハビリテーション研修修了
臨床研究・治験従事者研修修了
近畿外科学会評議員
日本臨床外科学会評議員
日本胃癌学会代議員
学会 日本外科学会
日本消化器外科学会
日本胃癌学会
日本癌治療学会
日本臨床外科学会
日本食道学会
日本内視鏡外科学会
日本外科感染症学会
International Gastric Cancer Association
モットー 患者さんには病状をよくご理解いただいたうえで、お一人おひとりにとって最善の治療を一緒に見つけて行ければと考えています。

関連リンク

診療支援部門

療養支援部門

予防啓発部門

がん登録部門

患者活動支援