診療科・部門ご案内

診療センター・診療科
- 血液疾患センター -

堺市立総合医療センタートップページ > 診療科・部門ご案内 > 診療センター・診療科 > 血液疾患センター

読み上げる

血液疾患センター

柴野 賢

センター長ごあいさつ

ご旧来の医師中心の科別診療ではなく、利用者に開かれたわかりやすい表記「血液疾患センター」に変更し、血液内科医と一緒に、当センターに従事する看護師、薬剤師、病理医、検査技師、放射線部門、事務部門や地域連携センターなども加わって運営していきます。広い選択範囲をもって皆(その家族も含む)で患者さんをサポートしていく時代が到来したと思います。また、患者さんに近い存在の看護師ですが、9西病棟・外来化学療法センター(ATC)・放射線治療室には同じ看護師がローテートしており、治療を受ける上で非常にリラックスしていただけるようになっています。
さて、血液疾患というものは、すぐに治る病気もあれば、長期に亘る重い病気もあり、果ては不治の病も存在します。もちろん、まずは病気を治癒させるのが第一の目標ではありますが、運命に逆らうことができない疾患があるのも事実であり、その場合は少しでも患者さん本人のQOL(生活の質)の向上を図ることを第二の目標としていきます。当センターでは、良質の治療を提供すると共に、心の安らぐ何でも相談のできるセンターを目指します。
最近は抗癌剤以外にも、各種の分子標的薬や疾患特異的抗体薬などが開発され、さらには免疫チェックポイント阻害剤なる薬剤も登場し、治療の選択範囲も広がっています。血液疾患センターはさらなる飛躍を目指して精進に励んでまいる所存でございます。
今後も皆様の暖かい御教示や御支援をよろしくお願い申し上げます。

センター長 柴野 賢

このページの目次

対応疾患

特色・強み

血液疾患センターでは、旧来よりの伝統を活かしつつ、大学に負けない治療レベルを保ち、さらに若い力を育んで、患者さんにとってより良い治療を行うことを目指します。

メンバー

柴野 賢(しばの まさる)
- 血液内科 -
職名 内科統括部次長
血液内科部長
臨床検査科部長
血液疾患センター センター長
地域連携センター 副センター長
大学
(卒業年)
昭和61年卒
認定資格等 日本内科学会認定医
日本血液学会専門医
向井 悟(むかい さとる)
- 血液内科 -
職名 血液内科副医長
認定資格等 日本内科学会認定医
日本血液学会専門医
松浦 愛(まつうら あい)
- 血液内科 -
職名 血液内科副部長
血液疾患センター 副センター長
認定資格等 日本内科学会専門医
日本血液学会専門医
木谷 照夫(きたに てるお)
- 血液内科 -
職名 名誉院長
田中 孝正(たなか たかまさ)
- 血液内科 -
職名 血液内科副医長

外来診療日割表

外来A   新患受付時間 8:15~11:00

  
初診/再診午前田中 孝正柴野 賢柴野 賢中田 潤向井 悟

再診

午前田中 孝正柴野 賢柴野 賢中田 潤向井 悟
午後

木谷 照夫

-

-

-

-

診療実績

平成28年度
疾患名 症例数
急性白血病 83例(新入院患者24例)
   急性骨髄性白血病 49例(新入院患者14例)
   急性リンパ性白血病 34例(新入院患者10例)
骨髄異形成症候群 50例(新入院患者17例)
慢性骨髄性白血病 2例(入院のみ)
骨髄増殖性腫瘍 12例(入院のみ)
悪性リンパ腫 307例(新入院患者74例)
   非ホジキンリンパ腫 276例(新入院患者68例)
   ホジキンリンパ腫 31例(新入院患者6例)
多発性骨髄腫 52例(新入院患者11例)
再生不良性貧血 3例
溶血性貧血 3例(入院のみ)
特発性血小板減少性紫斑病 10例(入院のみ)
その他 4例
   自己末梢血幹細胞移植 3例
   血友病A/B 1例(入院のみ)

その他

患者さん紹介時のお願い
血液疾患の中には超緊急の患者さんも存在します。
ご紹介の際は、できる限り地域連携センターに御一報賜れば幸甚です。
その際、文面は簡単なもので結構ですので、必ずデータの添付をお願いいたします。 状態により、急性白血病などの中には当日緊急受診をお願いする場合もございます。

臨床治験(医師主導型)
当センターでは、医師主導型の臨床治験も行っております。
・初発の急性骨髄性白血病に対するWT1免疫ペプチド療法

関連部門