地方独立行政法人 堺市立病院機構 堺市立総合医療センター

  • 黒
  • 黄
  • 青
  • 白
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください

堺市立総合医療センタートップページ > 病院からのお知らせ

読み上げる

ファミリーマート営業一時休止のお知らせ(3月26日)

2016年 3月10日
お知らせ

ファミリーマート堺市立総合医療センター店の店舗内清掃のため、

下記の時間において一時的に営業を休止します。

日時:3月26日(土)23:00~(2時間程度)

 

ご迷惑をおかけしますが、

ご理解の程よろしくお願いいたします。

 

convenience-facilitie-familymart

事業系一般廃棄物収集運搬処理業務にかかる一般競争入札についての質疑の回答を掲載しました

2016年 3月8日
お知らせ

質疑の回答を掲載しました。(平成28年3月8日)

少林寺宿舎売却等支援業務事業者募集についての質疑の回答を掲載しました

2016年 3月8日
お知らせ

質疑の回答を掲載しました。(平成28年3月8日)

小児病棟でひなまつりイベントを開催しました(3月3日)

2016年 3月8日
お知らせ

小児病棟では、入院している子どもたちのために、おひなまつりのイベントを行いました。

 

プレイルームでは、腹話術師のチャタリックさんによる演し物や、保育士によるひなまつりのお話などで楽しみました。

プレイルームに来られない子どもたちも、ひなまつりの製作遊びや、おひなさまに変身しての記念撮影で、かわいらしい表情をみせてくれました。

 

保護者の方からも、「ホッとできる空間で、母親の私が癒やされました」「面白かったです!」など喜びの声を頂きました。

DSCN6180

DSCN6168

DSCN6177

DSCN6178

市民健康講座「冬に冷たい水で指が白くなったら・・・レイノー現象かもしれません」を開催します(3月10日)

2016年 3月7日
地域の皆さま向け
市民健康講座「冬に冷たい水で指が白くなったら・・・レイノー現象かもしれません」を開催します(3月10日)

DMAT活動実績を更新しました(平成27年度)

2016年 3月7日
お知らせ
DMAT活動実績を更新しました(平成27年度)

「緩和ケアチーム学習会 シリーズ第7回~特別編~」を開催します(3月11日)

2016年 3月4日
医療関係者向け

日  時:3月11日(金) 17:30~18:30

場  所:当院1階 ホール

報  告:17:30~17:40「緩和ケアチーム活動報告」 堺市立総合医療センター 外科 中田 健        

特別公演:17:40~18:30「スピリチュアルケアとコミュニケーション」 近畿大学医学部附属病院 心療内科・緩和ケア科 大武 陽一

対  象:医療従事者

事前申込:不要

費  用:無料(但し駐車場は有料)

23

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

がん患者の会「ブランコの会」スプリングコンサートを開催します(3月20日)

2016年 3月3日
患者さん向け

SC

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

堺市がん患者会「よりそい」定例会 ほほえみコンサートが開催されます(3月13日)

2016年 3月2日
お知らせ

yorisoi20160313

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

送迎シャトルバス運行業務の委託契約に係る一般競争入札について(資料の配布は終了しました)

2016年 3月1日
お知らせ

堺市立総合医療センターにおける送迎シャトルバス運行業務に係る一般競争入札を実施します。(終了しました)

 

Ⅰ 入札公告

 

Ⅱ 日程表

 

Ⅲ 入札説明書

 

Ⅳ 仕様書

 

Ⅴ 入札にかかる注意事項

 

Ⅵ 【様式1】入札参加資格審査申請書兼誓約書

 

Ⅶ 【様式2】質疑書

 

Ⅷ 委任状

 

Ⅸ 【別紙①】封筒宛名

 

Ⅹ 【別紙②】申請担当者連絡先

関連施設

地方独立行政法人は、公的サービスを提供する役割が法律で義務付けられています。
救急医療や高度医療など市民のみなさんにとって必要な医療を、堺市がサポートしながら、これまでどおりしっかりと提供してまいります。

堺市立病院機構詳細

地方独立行政法人とは

看護部門では、患者さんやご家族が命と向き合うその瞬間(とき)を大切に、専門職としての役割が果たせるよう心がけています。また、社会が求める医療に対応できる豊かな人間性と、看護の実践力の高い看護職を育てています。

看護局詳細

看護局紹介

各科、各部門の垣根が低く、自由に意見交換できる研修環境であり、ベッドサイド教育・カンファレンス・学習会などもたくさん実施しています。各領域の日常よく遭遇する疾患をバランスよく受け持つことができるため、技能・知識をきちんと身につけることができます。

研修医・医学生の方へ

研修医・医学生募集要項

072-272-1199

※おかけ間違いにご注意ください

PAGE TOP