地方独立行政法人 堺市立病院機構 堺市立総合医療センター

  • 黒
  • 黄
  • 青
  • 白
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください

堺市立総合医療センタートップページ > 地域の皆さま向け > 教師を対象としたがんに関する教育講演を行いました〔於:堺西高等学校〕

読み上げる

教師を対象としたがんに関する教育講演を行いました〔於:堺西高等学校〕

2018年 7月31日
地域の皆さま向け

7月25日に、大阪府立堺西高等学校の教師を対象にがんに関する教育講演を行いました。

 

「がんの理解とがん教育の必要性について」をテーマに、副院長 大里 浩樹と緩和ケア認定看護師 濱中 裕子ががんの現状や生徒たちへのがん教育の実際などについてお話ししました。

 

現在、二人に一人はがんにかかると言われています。

がんについての正しい知識を持つことは「これからの人生をどのように過ごすことができるのか」に繋がっていきます。

生徒たちと関わる先生方の健康観や生き方は関わる生徒へ影響を与えことが多く、また、生徒の中にはがん闘病中の家族を持つ生徒がいるかもしれません。

安心して学校生活を過ごしてもらえる要因のひとつに、関わる大人がしっかり支える形を見せることが必要です。

 

今後も安心安全で心の通う医療を提供するとともに、教育に携わることで地域の健康寿命延伸に寄与して参ります。

 

 

 

関連施設

地方独立行政法人は、公的サービスを提供する役割が法律で義務付けられています。
救急医療や高度医療など市民のみなさんにとって必要な医療を、堺市がサポートしながら、これまでどおりしっかりと提供してまいります。

堺市立病院機構詳細

地方独立行政法人とは

看護部門では、患者さんやご家族が命と向き合うその瞬間(とき)を大切に、専門職としての役割が果たせるよう心がけています。また、社会が求める医療に対応できる豊かな人間性と、看護の実践力の高い看護職を育てています。

看護局詳細

看護局紹介

各科、各部門の垣根が低く、自由に意見交換できる研修環境であり、ベッドサイド教育・カンファレンス・学習会などもたくさん実施しています。各領域の日常よく遭遇する疾患をバランスよく受け持つことができるため、技能・知識をきちんと身につけることができます。

研修医・医学生の方へ

研修医・医学生募集要項

072-272-1199

※おかけ間違いにご注意ください

PAGE TOP