地方独立行政法人 堺市立病院機構 堺市立総合医療センター

  • 黒
  • 黄
  • 青
  • 白
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください

堺市立総合医療センタートップページ > 患者さん向け > さかいほのぼのカフェ「抗がん剤治療中の日常生活について」を開催しました(6月15日)

読み上げる

さかいほのぼのカフェ「抗がん剤治療中の日常生活について」を開催しました(6月15日)

2018年 6月28日
患者さん向け

6月15日に2階患者・家族サロン「なないろ」にて、第29回さかいほのぼのカフェ「抗がん剤治療中の日常生活について ~日常生活の疑問点にお答えします~」を開催しました。

当日は12名の方にご参加いただき、当院の薬剤師 鶴島より、抗がん剤治療中の食事について「生ものは食べてもいいの?」、感染予防対策として「うがい薬を使用してうがいをした方がいいの?」、副作用の中でも悩みの多い「しびれは、どのぐらい我慢したらいいの?」など、抗がん剤治療中の患者さんが抱えている疑問や悩みを中心にお話しました。

参加者からは、「副作用の小さな悩みも、詳しく教えていただけるのが一番ありがたい」などの声がありました。また、談話会は、抗がん剤治療を受けた患者さんの経験談をもとに活発な意見交換ができました。

 

次回は7月10日(火)14:30~15:30 「がん治療と栄養~食べたい、美味しいを大切に~」をテーマに開催します。

 

 

【関連リンク】

イベントカレンダー

患者・家族サロン「なないろ」

関連施設

地方独立行政法人は、公的サービスを提供する役割が法律で義務付けられています。
救急医療や高度医療など市民のみなさんにとって必要な医療を、堺市がサポートしながら、これまでどおりしっかりと提供してまいります。

堺市立病院機構詳細

地方独立行政法人とは

看護部門では、患者さんやご家族が命と向き合うその瞬間(とき)を大切に、専門職としての役割が果たせるよう心がけています。また、社会が求める医療に対応できる豊かな人間性と、看護の実践力の高い看護職を育てています。

看護局詳細

看護局紹介

各科、各部門の垣根が低く、自由に意見交換できる研修環境であり、ベッドサイド教育・カンファレンス・学習会などもたくさん実施しています。各領域の日常よく遭遇する疾患をバランスよく受け持つことができるため、技能・知識をきちんと身につけることができます。

研修医・医学生の方へ

研修医・医学生募集要項

072-272-1199

※おかけ間違いにご注意ください

PAGE TOP