地方独立行政法人 堺市立病院機構 堺市立総合医療センター

  • 黒
  • 黄
  • 青
  • 白
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください

堺市立総合医療センタートップページ > お知らせ > 堺市立総合医療センターDMAT(災害派遣医療チーム)が出動しました(6月18日)

読み上げる

堺市立総合医療センターDMAT(災害派遣医療チーム)が出動しました(6月18日)

2018年 6月26日
お知らせ

6月18日(月)に大阪北部で震度6弱を観測した地震に対して、堺市立総合医療センターDMATが、同日13時15分に出動。19時30分に活動を終了し帰院しました。

当院のDMATは、ライフラインが被災してしまった国立循環器病研究センター(吹田市)から、重症な患者さんを他病院へ搬送をするなどの災害医療支援活動を行いました。

 

堺市立総合医療センターでは、今後も被災された皆さまのお役にたてますよう全力を挙げて取り組んでまいります。
皆さまの安全と、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

 

堺市立総合医療センターDMATカー

  

 

患者さんの搬送の様子


 

 

DMATとは

 DMATとは”Disaster Medical Assistance Team”の頭文字をとって「ディーマット」と呼ばれる災害派遣医療チームのことです。厚生労働省が実施する救急治療を行うための専門的な訓練「日本DMAT隊員養成研修」を受講した上で、指定を受け活動することができます。
医師、看護師、業務調整員(医師・看護師以外の医療職及び事務職員)で構成され、大規模な災害や事故などが発生した際、急性期に活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームです。

 

【関連リンク】

堺市立総合医療センターDMAT

関連施設

地方独立行政法人は、公的サービスを提供する役割が法律で義務付けられています。
救急医療や高度医療など市民のみなさんにとって必要な医療を、堺市がサポートしながら、これまでどおりしっかりと提供してまいります。

堺市立病院機構詳細

地方独立行政法人とは

看護部門では、患者さんやご家族が命と向き合うその瞬間(とき)を大切に、専門職としての役割が果たせるよう心がけています。また、社会が求める医療に対応できる豊かな人間性と、看護の実践力の高い看護職を育てています。

看護局詳細

看護局紹介

各科、各部門の垣根が低く、自由に意見交換できる研修環境であり、ベッドサイド教育・カンファレンス・学習会などもたくさん実施しています。各領域の日常よく遭遇する疾患をバランスよく受け持つことができるため、技能・知識をきちんと身につけることができます。

研修医・医学生の方へ

研修医・医学生募集要項

072-272-1199

※おかけ間違いにご注意ください

PAGE TOP