地方独立行政法人 堺市立病院機構 堺市立総合医療センター

  • 黒
  • 黄
  • 青
  • 白
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください

堺市立総合医療センタートップページ > お知らせ > 新年のご挨拶

読み上げる

新年のご挨拶

2018年 1月1日
お知らせ

 

 

新年おめでとうございます。

 

市立堺病院が西区家原寺町に移転し、新しく「堺市立総合医療センター」としてスタートして2年半が経過いたしました。この地にも徐々に慣れ、救急医療と高度医療を軸とした病院体制が順調に進んできておりますこと、ひとえに関係者並びに堺市民の皆さまのご支援とご協力の賜物と心より感謝申し上げます。

 

さて、理事長・院長が交代し新体制になって3年目を迎えようとしておりますが、超高齢化社会が進行するなか、今以上に患者さん中心の診療体制を構築すべく、昨年の4月よりセンター化構想を導入し、現在、鋭意努力しております。すなわち、患者さんのどんな訴え、どんな症状にでも対応できる外来体制とし、同時に速やかに専門家の診療を受けることができるような体制づくりです。

 

本年は、この方向に向かって更に整備を進めてまいります。そして、市民の皆さまにより一層の安心・安全な医療の提供とともに健康増進に向けての役割を果たしていきたいと考えております。

 

今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします 。

 

平成30年 元旦

地方独立行政法人 堺市立病院機構

理事長 門田 守人

 

 


 

 

新年あけましておめでとうございます。

 

日頃当院をご利用いただいている住民の方々や医療機関の皆さまに、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 

当院は、救急医療、がん・脳卒中・心筋梗塞・糖尿病など多くの疾患に対する高度専門医療、身体に負担の少ない低侵襲医療、小児・周産期医療等を積極的に提供する病院として、皆さまに最善の医療を受けていただくべく、職員一丸となって日々努力しております。

 

昨年はとくに「センター化」を推進し、診療科や職種の区別なく、多診療科の医師や多職種が連携して診療にあたるシステムを取り入れました。一人一人の患者さんの診療において、医師・看護師・技師・事務職員が協同で関わらせていただいております。このシステムは、患者さんに安心・安全な治療を受けていただき、一日も早く回復していただくためにスタートしたものです。当院の強みである「総合力」を活かし、他の医療機関の先生方とも密接に協力しながら、今後さらに皆さまのご期待と信頼に応えられる医療を提供してまいります。

 

本年も、当院の使命である「安心・安全で心の通う医療」を提供してまいりますので、引き続きご指導賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

平成30年 元旦

堺市立総合医療センター

院長 花房 俊昭

関連施設

地方独立行政法人は、公的サービスを提供する役割が法律で義務付けられています。
救急医療や高度医療など市民のみなさんにとって必要な医療を、堺市がサポートしながら、これまでどおりしっかりと提供してまいります。

堺市立病院機構詳細

地方独立行政法人とは

看護部門では、患者さんやご家族が命と向き合うその瞬間(とき)を大切に、専門職としての役割が果たせるよう心がけています。また、社会が求める医療に対応できる豊かな人間性と、看護の実践力の高い看護職を育てています。

看護局詳細

看護局紹介

各科、各部門の垣根が低く、自由に意見交換できる研修環境であり、ベッドサイド教育・カンファレンス・学習会などもたくさん実施しています。各領域の日常よく遭遇する疾患をバランスよく受け持つことができるため、技能・知識をきちんと身につけることができます。

研修医・医学生の方へ

研修医・医学生募集要項

072-272-1199

※おかけ間違いにご注意ください

PAGE TOP