地方独立行政法人 堺市立病院機構 堺市立総合医療センター

  • 黒
  • 黄
  • 青
  • 白
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください

堺市立総合医療センタートップページ > お知らせ > ドクターヘリの発着訓練及び防災訓練を実施しました(1月16日)

読み上げる

ドクターヘリの発着訓練及び防災訓練を実施しました(1月16日)

2016年 1月18日
お知らせ

平成28年1月16日(土)、大規模災害発生時に災害拠点病院としての役割を果たすため、災害訓練を実施しました。

今回の訓練は、熊野灘を震源とするM8.3の海溝型地震が発生し堺市内全域で震度6弱を観測したとの想定で院内災害対策本部の設置、多数の傷病者の受け入れ、被災病棟の患者移送等をエマルゴ・トレーニング※を取り入れて実施しました。

いつでも起こりうる大規模災害に対し、災害拠点病院として最大限対応できるように今後も計画的に訓練を行います。

 

訓練場所

堺市立総合医療センター屋上ヘリポート及び1階エントランスホール

 

訓練内容

・ドクターヘリの発着訓練

・院内災害対策本部の設置訓練

・多数の傷病者の受け入れ等の訓練

・情報収集、的確な意思決定、指示・情報伝達

 

参加者

175人(職員ほか外部からの見学者、看護学生、外部スタッフ含む)

 

※エマルゴ・トレーニングとは

スウェーデンで研究開発された災害医療の机上シミュレーション教育システムです。多数傷病者発生時、限られた人的、物資的資源を最大限に有効利用するために時間内に的確な判断(意思決定)を行う実践形式の演習です。

関連施設

地方独立行政法人は、公的サービスを提供する役割が法律で義務付けられています。
救急医療や高度医療など市民のみなさんにとって必要な医療を、堺市がサポートしながら、これまでどおりしっかりと提供してまいります。

堺市立病院機構詳細

地方独立行政法人とは

看護部門では、患者さんやご家族が命と向き合うその瞬間(とき)を大切に、専門職としての役割が果たせるよう心がけています。また、社会が求める医療に対応できる豊かな人間性と、看護の実践力の高い看護職を育てています。

看護局詳細

看護局紹介

各科、各部門の垣根が低く、自由に意見交換できる研修環境であり、ベッドサイド教育・カンファレンス・学習会などもたくさん実施しています。各領域の日常よく遭遇する疾患をバランスよく受け持つことができるため、技能・知識をきちんと身につけることができます。

研修医・医学生の方へ

研修医・医学生募集要項

072-272-1199

※おかけ間違いにご注意ください

PAGE TOP