地方独立行政法人 堺市立病院機構 堺市立総合医療センター

  • 黒
  • 黄
  • 青
  • 白
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください

堺市立総合医療センタートップページ > お知らせ > 新年のご挨拶

読み上げる

新年のご挨拶

2020年 1月1日
お知らせ

 

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

当院が2012年に地方独立行政法人化して始まった新しい体制も、本年度末で第1期・第2期中期計画の計8年が経過することになります。

その途中で現在の西区家原寺町に移転しましたが、それも既に4年半が経過することになります。

また、昨年6月には事務の不祥事が発覚するということもありましたが、これは1月に内部統制室を新設したことにより、職員のコンプラアイアンスに対する意識が高まり、問題を正しく認識することができるようになった結果として表面化したものと考えております。

まさに全職員が一丸となって病院改革を推進している証左であります。

本年4月からの新しい年度は、病院の第3期中期計画が始まります。少子高齢化の真っ只中、これからの時代に相応しい病院の方向性を考えていかなければなりません。すなわち、治療医学のみならず、第一次予防、第二次予防、重症化予防等をも併せて遂行できる病院へと進化しなければなりません。

そのためには、市民の皆さまのご理解とご協力が必要と考えます。

 

何卒、よろしくお願いいたます

 

令和2年 元旦

地方独立行政法人 堺市立病院機構

理事長 門田 守人

 

 



 

新年あけましておめでとうございます。

 

当院をご利用いただいている住民の方々や医療機関の皆さまに、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 

当院は、救急医療、がん・脳卒中・心筋梗塞・糖尿病など多くの疾患に対する高度専門医療、体に負担の少ない低侵襲医療、さらには小児・周産期医療など、皆さまが必要とされる多くの医療を提供している地域の中核病院です。また災害時には災害拠点病院としての役割を担い、地域の医療機関と協働して皆さまに適切な医療を提供いたします。

 

特に力を入れているのは、多職種連携による「チーム医療」です。患者さんお一人お一人の病状やご希望に添った最善の医療を、医師・看護師・薬剤師・技師・療法士・医療ソーシャルワーカー等、多くの専門スタッフが、事務職員とともに力を合わせて提供いたします。さらに、地域の医療機関の方々とも密接に連携し、皆さまに一日も早く元の生活に戻っていただけるようサポートいたします。

 

本年も、当院の使命である「安心・安全で心の通う医療」を提供するため、職員一同一丸となって日々努力しておりますので、引き続き皆さまのご指導を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

令和2年 元旦

堺市立総合医療センター

院長 花房 俊昭

関連施設

地方独立行政法人は、公的サービスを提供する役割が法律で義務付けられています。
救急医療や高度医療など市民のみなさんにとって必要な医療を、堺市がサポートしながら、これまでどおりしっかりと提供してまいります。

堺市立病院機構詳細

地方独立行政法人とは

看護部門では、患者さんやご家族が命と向き合うその瞬間(とき)を大切に、専門職としての役割が果たせるよう心がけています。また、社会が求める医療に対応できる豊かな人間性と、看護の実践力の高い看護職を育てています。

看護局詳細

看護局紹介

各科、各部門の垣根が低く、自由に意見交換できる研修環境であり、ベッドサイド教育・カンファレンス・学習会などもたくさん実施しています。各領域の日常よく遭遇する疾患をバランスよく受け持つことができるため、技能・知識をきちんと身につけることができます。

研修医・医学生の方へ

研修医・医学生募集要項

072-272-1199

※おかけ間違いにご注意ください

PAGE TOP