地方独立行政法人 堺市立病院機構 堺市立総合医療センター

  • 黒
  • 黄
  • 青
  • 白
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください

堺市立総合医療センタートップページ > 地域の皆さま向け > 看護フェア「超高齢社会をともに考える 地域の中で自分らしく生きる」を開催しました(5月17日)

読み上げる

看護フェア「超高齢社会をともに考える 地域の中で自分らしく生きる」を開催しました(5月17日)

2019年 5月24日
地域の皆さま向け

ナイチンゲールの生誕日にちなんで定められた看護週間に当たる5月17日に、看護の力を一般市民にアピールし看護の魅力を伝え、また、超高齢化社会を目前として地域の人々とふれあいながら繋がりを深めることを目的に看護フェアを開催しました。

 

今年のテーマは「超高齢社会をともに考える 地域の中で自分らしく生きる」です。

多くの方々にお越しいただき、昨年に引き続き好評であった血管年齢・骨密度測定、アロマハンドマッサージの他、退院後訪問の紹介やACP(人生会議)の取り組みとして「わたしのノート」を紹介しました。

さらに、堺市西保健センターからは検診や地域での取り組みを、西図書館からは介護予防に関連した図書を紹介しました。

 

午後からは神戸常盤大学教授で医学博士の柳本有二さんを講師としてお招きし「生涯現役であり続けるための身体づくり~100歳になっても歩くことのできる自分を目指して~」をテーマに特別講演を行いました。

「歩く」ことに焦点を当てた認知症予防や歩行運動を継続するためのコツなどを笑いも交えてご紹介いただき、とても有意義な講演会となりました。

 

ご来院いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

 

 

【関連リンク】

看護局

関連施設

地方独立行政法人は、公的サービスを提供する役割が法律で義務付けられています。
救急医療や高度医療など市民のみなさんにとって必要な医療を、堺市がサポートしながら、これまでどおりしっかりと提供してまいります。

堺市立病院機構詳細

地方独立行政法人とは

看護部門では、患者さんやご家族が命と向き合うその瞬間(とき)を大切に、専門職としての役割が果たせるよう心がけています。また、社会が求める医療に対応できる豊かな人間性と、看護の実践力の高い看護職を育てています。

看護局詳細

看護局紹介

各科、各部門の垣根が低く、自由に意見交換できる研修環境であり、ベッドサイド教育・カンファレンス・学習会などもたくさん実施しています。各領域の日常よく遭遇する疾患をバランスよく受け持つことができるため、技能・知識をきちんと身につけることができます。

研修医・医学生の方へ

研修医・医学生募集要項

072-272-1199

※おかけ間違いにご注意ください

PAGE TOP