地方独立行政法人 堺市立病院機構 堺市立総合医療センター

  • 黒
  • 黄
  • 青
  • 白
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください

堺市立総合医療センタートップページ > 地域の皆さま向け > 新たに摂食・嚥下障害看護認定看護師が誕生しました

読み上げる

新たに摂食・嚥下障害看護認定看護師が誕生しました

2019年 2月15日
地域の皆さま向け

当院に初めて「摂食・嚥下障害看護認定看護師」が誕生しました。

当院では17領域、総勢30名の認定※1・専門※2看護師を配置しています。(平成31年2月1日現在)

 

口から食べることは、生命維持の手段だけではなく、楽しみや喜び、生きる活力です。

一人でも多くの人が「食べる」喜びを心から感じていただけるように援助していくことが摂食・嚥下障害認定看護師の役割だと考えています。

加齢や疾患などによって摂食・嚥下機能が低下し、誤嚥性肺炎や窒息を起こす患者さんが増加傾向にありますが、

一方で、医療技術の進歩により口から食べることができなくても点滴や胃瘻などで栄養や水分を補う患者さんも増えています。

その人らしく生活することを大切にして、患者さんやご家族に寄り添いながら「食べる」ことを支え、生きる力を最大限に引き出すことができる活動を目指しています。

 

 

摂食・嚥下障害看護認定看護師

舟橋 康弘

 

※1:認定看護師

日本看護協会の認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することを認められた者をいい、水準の高い看護実践を通して看護師に対する指導・相談活動を行う者をいう

 

※2:専門看護師

解決困難な健康問題を持つ個人や家族に対して、より質の高い看護ケアを提供するための、深い知識と技術を持った看護師のことである。 特定の専門分野ごとに認定される資格で、日本看護協会が行う専門看護師認定試験の合格者に与えられる

 

【関連リンク】

専門・認定ナースの活動

関連施設

地方独立行政法人は、公的サービスを提供する役割が法律で義務付けられています。
救急医療や高度医療など市民のみなさんにとって必要な医療を、堺市がサポートしながら、これまでどおりしっかりと提供してまいります。

堺市立病院機構詳細

地方独立行政法人とは

看護部門では、患者さんやご家族が命と向き合うその瞬間(とき)を大切に、専門職としての役割が果たせるよう心がけています。また、社会が求める医療に対応できる豊かな人間性と、看護の実践力の高い看護職を育てています。

看護局詳細

看護局紹介

各科、各部門の垣根が低く、自由に意見交換できる研修環境であり、ベッドサイド教育・カンファレンス・学習会などもたくさん実施しています。各領域の日常よく遭遇する疾患をバランスよく受け持つことができるため、技能・知識をきちんと身につけることができます。

研修医・医学生の方へ

研修医・医学生募集要項

072-272-1199

※おかけ間違いにご注意ください

PAGE TOP