地方独立行政法人 堺市立病院機構 堺市立総合医療センター

  • 黒
  • 黄
  • 青
  • 白
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください
072-272-1199
※おかけ間違いにご注意ください

堺市立総合医療センタートップページ > お知らせ > 平成30年度 職員表彰の特別表彰式を執り行いました

読み上げる

平成30年度 職員表彰の特別表彰式を執り行いました

2019年 1月23日
お知らせ

1月16日に、法人の理念に基づき著しい成果や実績により法人に多大な貢献をされた職員、またはその姿勢や行動によって他の模範となった職員個人を讃える特別表彰式を執り行いました。

今回は、特別表彰として7名が表彰対象となり、表彰状及び副賞が授与されました。

被表彰者 表彰の理由
放射線診断科 中村 純寿 各診療科と密に連携し、優れた見識と技術により集学的治療を実践して、質の高いがん医療に貢献されました

整形外科 部長 大野 一幸

骨折外傷に関する研究会を多数主催し、整形外傷登録制度の登録数全国第4位になり、当院の名誉に寄与されました

糖尿病内科 部長 藤澤 智巳

航空機内で発生した急病患者への処置及び救急搬送への同乗などの救護活動により、当院の名誉に寄与されました

看護局 師長 南 恵

看護局 副師長 岩元 祐樹

看護局 副師長 堀川 貴弘

東京駅で遭遇した心肺停止者に蘇生を行い、搬送手配などに尽力し、当院の名誉に寄与されました
放射線技術科 林 祐樹 精力的なボランティア活動を通じて多くのがん患者とその家族に勇気を与えられ、他の職員の模範となりました

 


       

関連施設

地方独立行政法人は、公的サービスを提供する役割が法律で義務付けられています。
救急医療や高度医療など市民のみなさんにとって必要な医療を、堺市がサポートしながら、これまでどおりしっかりと提供してまいります。

堺市立病院機構詳細

地方独立行政法人とは

看護部門では、患者さんやご家族が命と向き合うその瞬間(とき)を大切に、専門職としての役割が果たせるよう心がけています。また、社会が求める医療に対応できる豊かな人間性と、看護の実践力の高い看護職を育てています。

看護局詳細

看護局紹介

各科、各部門の垣根が低く、自由に意見交換できる研修環境であり、ベッドサイド教育・カンファレンス・学習会などもたくさん実施しています。各領域の日常よく遭遇する疾患をバランスよく受け持つことができるため、技能・知識をきちんと身につけることができます。

研修医・医学生の方へ

研修医・医学生募集要項

072-272-1199

※おかけ間違いにご注意ください

PAGE TOP