ご利用案内

救急外来

救急外来

堺市立総合医療センタートップページ > ご利用案内 > 救急外来

読み上げる

救急外来の受診を希望される方へ

堺市立総合医療センターでは救急に重点を置いており、患者さんの生命を守るために24時間365日高度な医療を提供できるよう努めています。一方、堺市は大きな都市であるため、救急患者全ての対応が当院でできるわけではありません。

近隣の診療所や病院と協力体制をとっており、当院では生命に関わる重症患者の診療を優先しております。皆様のご理解とご協力をお願いします。

  • ”いつもと全然違う!””声かけしても反応しない!”など重症と判断した場合には、119に連絡し救急車を呼んで下さい。当院かかりつけの患者さんの場合は、その旨を救急隊員に伝えてください。
  • 生命に関わる重症患者の診療を優先して行いますので、診察までお時間をいただく場合があります。
  • 救急外来では緊急性の高い検査・治療のみ実施可能です。
  • 当院救急外来での診療終了後、その後の治療については近隣の開業医やクリニックで受診していただく場合があります。

内科(救急内科)

救命救急センター外来(救急外来)では、各専門内科(総合内科・消化器内科・循環器内科・呼吸器内科・腎代謝免疫内科・血液内科・神経内科)がカバーする全ての範囲について、24時間365日体制で救急診療を行っています。

内科救急外来では、幅広い疾患に対応できるようトレーニングを積んだ医師が診療を担当します。救急医学専門の医師ではありませんが、質の高い医療を提供できるよう努めています。

救急外科

救命救急センター外来(救急外来)では、救急車搬送や他の病院から紹介された重症患者の診療を行っております。
まずは救急外科医師が診察し、必要に応じて院内他科(脳外科や整形外科、耳鼻科など)や近医に紹介します。

小児科

堺市立総合医療センター小児科では、診療時間外(土日祝日及び夜間)につきましては、近隣の先生方からのご紹介患者さん及び救急車による搬送の方のみ診察を行っております。

小児救急医療については、365日24時間救急医療体制を確保するため、地域全体で、初期救急医療(※1)を担う近隣の先生方または堺市こども急病診療センターと、二次救急医療(※2)を担う地域の医療機関との適切な役割分担を行っております。このことから診療時間外で小児科診察を希望される場合は、まずは近隣の先生、堺市こども急病診療センターへの受診をお願いいたします。

  • ※1.初期救急(一次救急)とは
    かぜによる高熱や家庭では処置できない切り傷といった症状を診察治療すること。
  • ※2.二次救急とは
    入院や手術を必要とする救急患者を診察治療すること。堺市内では、堺市立総合医療センターなど23病院が担っています。生命に危険が及ぶような重症・重篤患者になると救命救急センターが担う三次救急での対応になります。

>> 堺市こども急病診療センター

産婦人科

救急外来では緊急性の高い検査・処置のみを行っており、投薬も必要最小限のみ行います。(通常1日分)緊急性の低い場合や、詳しい検査をご希望の場合は、日中の診療時間内の受診をお願いします。また、症状が軽い場合には、まずかかりつけ医にご相談ください。

症状が重い場合はこの限りではありませんが、当院の産婦人科では当直医1人体制で入院・救急外来業務をおこなっていますので、来院時直ちに診察できない場合もあります。可能な限り、来院前にあらかじめご連絡いただき、対応可能かお問い合わせください。

※当院は、性暴力救援センター・大阪(SACHICO<サチコ>)協力医療機関です。
詳細は下記大阪府ホームページをご参照ください。
大阪府 性犯罪の被害に遭われたときは

産婦人科