新時代の手術へ - 手術支援ロボット「da Vinci(ダビンチ) Xi」導入。前立腺がん、腎がん治療に対応。

手術支援ロボット「da Vinci(ダビンチ) Xi」とは?

ロボット支援手術といっても、ロボットが独自に手術を行うわけではありません。“ロボット支援”という名の通り、ダビンチという手術用ロボットが腹腔鏡手術の支援をします。
内視鏡カメラとアームを患部に挿入し、執刀する医師はロボット操作用の台であるコンソール①から、3Dモニターを見ながら遠隔操作で装置を動かすと、その手の動きがロボット②に伝わり、手術器具が連動して患者さんに触れることなく手術を行います。
また、サポートする医師や看護師は、モニター③を見ながら手術を行います。

堺市立総合医療センター「da Vinci Xi」ダビンチ紹介動画を見る

ダビンチ手術のメリット

執刀医からのメッセージ

従前の直腸がん手術における開腹手術は、骨盤底の深く・狭く・暗いところにトンネルを掘っていくような困難さがあり、出血・合併症や後遺症・再発のリスクが高い手術でした。そして、腹腔鏡(内視鏡)手術が登場し、深く・狭く・暗いところにスコープが入り、術野が明るく照らされ近接して観察できることで手術の困難さが軽減され、出血量や合併症を減らせるようになってきましたが、それでも人の手による医療器具の操作には限界がありました。ダビンチを使用する直腸がん手術は、腹腔鏡をさらに進化させた安定した3D画像で、これまで見ることのできなかった骨盤内の微細な血管や神経を明瞭に把握できるようになりました。また、術者の手の動きのとおりに自在に可動するアームと様々な最新の手術器具を駆使して、我々外科医がこれまで理想としていた高度な手術が実現可能となっています。これにより、出血量・手術合併症のみならず、術後の後遺症や再発のリスクを軽減することが期待されています。

[呼吸器外科 部長]池田直樹

お問合せ

ロボット支援手術を希望される方、
詳細を知りたい方はこちらまでご連絡ください。

[地域連携センター]TEL.072-272-9900/FAX.0120-002-099
Copyright © SAKAI CITY HOSPITAL. All Rights Reserved.

PAGETOP