がん医療

がん登録について
(統計情報)
キャンサーボード

がん登録について(統計情報)、キャンサーボード

堺市立総合医療センタートップページ > がん医療 > がん登録について(統計情報)、キャンサーボード

読み上げる

がん登録について(統計情報)

わが国において、がんは死因の3分の1を占めており、国民にとって健康上の大きな脅威となっています。しかし、日本は他の先進国と比べて、がん情報の整備が遅れているのが現状です。

情報の多様化や相互連携の希薄化により、同様の機能を持った複数のがん情報が交錯し、類似分野で異なる基準が存在し、資源を有効かつ効率的に利用できているとは言い難い状況です。

がん対策を実施するためには、国・都道府県・医療機関の様々なレベルで関係機関および関係者が総合された医師のもとに活動を進める必要があります。そのための基本となる枠組みが国のがん対策プログラムです。がん対策を実施するためのデータベース作成には、正確ながんの実態把握が必須であり、その中心的な役割を果たすのが「がん登録」です。なお、がん登録データの取り扱いについては、個人情報保護法に則って適切に管理しています。皆さまのご理解とご協力をお願いします。

がん登録の種類

がん登録には、地域がん登録・院内がん登録・臓器がん登録の3種類があります。

地域がん登録
地域がん登録は、都道府県(市)が実施主体となります。対象地域の居住者に発生した全てのがんを把握することにより、がんの罹患率と地域レベルの生存率を計測する仕組みです。
院内がん登録
院内がん登録は、医療施設が実施主体となります。当該医療施設でがんの診断・治療を受けた全ての患者さんについて、がんの診断、治療、予後に関する情報を登録する仕組みであり、施設におけるがん診療の実態を把握し、がん診療の質の向上とがん患者さんの支援を目指し、活動を行っています。
臓器がん登録
臓器がん登録は、学会・研究会が実施主体となります。所属する医師のいる比較的大きな病院から学会・研究会の中央事務局にデータを集約することにより、全国規模の登録を実施する仕組みです。

がん登録の業務内容

登録業務
登録候補を見出し(ケースファインディング)、登録項目の抽出、コード化、品質管理
予後情報の登録
 
院内がん登録情報の集計
 
院内がん登録情報の提供
・施設内の利用、地域がん登録への届出、拠点病院全国集計への協力
・提供資料に関する問い合わせの対応

当院のがん登録状況

当院の登録件数

当院は、国の地域がん診療連携拠点病院に指定されており、院内がん登録データを国立がん研究センターに、全国がん登録データを大阪国際がんセンターを通じて国に提出しています。

※がん登録のデータは初回治療のみの登録となるため、再発治療したがんの件数は含まれていません。

がん登録件数

2016年診断症例
全体 上皮内 限局 所属リンパ節 隣接臓器浸潤 遠隔転移 不明
214 142 72 111 11 22 51 19
大腸 271 162 109 61 92 16 31 36 35
肝臓 62 44 18 41 1 6 6 8
174 117 57 1 62 16 7 72 16
乳房 167 2 165 15 93 13 9 13 24
口腔・咽頭 54 39 15 0 20 6 11 2 15
食道 36 31 5 8 8 4 9 5 2
胆のう・胆管 23 13 10 0 2 0 13 5 3
膵臓 50 29 21 1 5 0 15 29 0
喉頭 7 7 0 0 3 1 0 1 2
皮膚 46 22 24 12 31 0 0 1 2
子宮頸部 42 42 24 6 0 6 3 3
子宮体部 31 31 0 20 0 4 2 5
卵巣 21 21 9 0 4 6 2
前立腺 139 139 99 2 14 15 9
膀胱 70 58 12 33 25 0 6 1 5
腎・尿路
(膀胱除く)
65 40 25 4 38 0 9 6 8
脳・中枢神経 38 14 24 29 3 1 5
甲状腺 30 9 21 19 7 2 1 1
悪性リンパ腫 94 52 42 23 21 47 3
多発性骨髄腫 17 7 10
白血病 75 39 36
その他 48 26 22

5大がんの推移

2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
190 185 209 199 214
大腸 200 214 260 234 271
54 58 39 60 62
119 127 128 137 174
乳房 134 172 128 128 167

5大がんの推移

5大がんステージ別件数(術後ステージ優先)

0 不明
111 11 22 51 19
大腸 61 92 16 31 36 35
肝臓 41 1 6 6 8
1 62 16 7 72 16
乳房 15 93 13 9 13 24

がん登録推進法

「がん登録推進法」は議員立法で提出された法案で、超党派の議員連盟「国会がん患者と家族の会」(代表世話人・尾辻秀久元厚生労働相)によると、他の先進国に比べて、がんの情報整備が遅れていることが立法の背景にあります。がん登録は、がん対策に不可欠とされ、死亡率低下につながります。

日本のがん登録は、これまで健康増進法における地方自治体の努力義務で行われていました。今回のがん登録推進法では、他の先進国と同様に国の責任で、がんの罹患・診療・転帰などの情報を中央に集め、がんのデータベースを作成します。目的は、そのデータベースをもとに、治療方法の研究開発や効果的な予防策、行政のがん対策などに活かすことです。また、どの病院がどのがんに有効な治療をしているのかが見えてくるようになれば、患者さん自身がどこの医療機関を受診し、どのような治療を受けるのかという選択をする上でも役立ちます。

同法では、全ての病院に対して罹患情報を都道府県に届け出るよう義務づけ、がん診療に携わる診療所にも、手挙げ方式で情報の届け出を義務付けました。集まった情報は、都道府県で複数の病院が情報の照合や記載ミスなどのチェックをした後、国に提供し、さらに国が(国立がん研究センター)が各地の情報を「全国がん登録データベース」に集約します。また市町村や都道府県を通じて患者さんの生存確認情報や死亡情報も集めるため、全国がん登録データベースと照らし合わせることで、生存率のデータも解析できるようになります。同法は平成28年1月の施行を目指しています。

キャンサーボード

キャンサーボード(Cancer Board)は、手術、放射線療法及び化学療法に携わる専門的な知識及び技能を有する医師その他の専門を異にする医師等によるがん患者の症状、状態及び治療方針等を意見交換・共有・検討・確認等するためのカンファレンスのことです。腫瘍ボード(Tumor Board)は同義語で、臓器ごとに開催される場合は肺がんボード、胃がんボード、大腸がんボード、乳がんボードなどと呼ばれます。
当院でも、呼吸器カンファレンス、胃・食道カンファレンス、大腸カンファレンス、肝胆膵カンファレンス、乳腺カンファレンスが週1回定期的に開催され、外科医、内科医、放射線治療医、放射線診断医、病理医、認定・専門看護師、薬剤師など多職種が参加しています。原発不明がんや多臓器にがんが及ぶ場合、診断や治療方針決定に、全体キャンサーボードを月1回開催し、各臓器の専門家に加え、形成外科、麻酔科、緩和ケアチームなどにも参加を呼びかけ、診療科横断的に症例を検討して最善の治療提供に努めています。

キャンサーボード

当院のキャンサーボード例

  キャンサーボード名 がんの種類 メンバーの診療科名 メンバーの職名・職種
(◎:リーダー)
内容
1 上部消化管カンファレンス 胃がん、食道がん 外科、消化器内科、放射線科 ◎胃食道外科担当部長、
消化器内科部長、外科医、消化器内科医、臨床腫瘍医、放射線診断科、病理医、看護師、薬剤師
新規治療患者の治療方針の決定および経過の報告
2 下部消化管カンファレンス 大腸がん 外科、消化器内科、放射線科 ◎外科担当部長、
大腸外科担当部長、消化器内科部長、外科医、消化器内科医、放射線診断医、看護師、薬剤師
新規治療患者の治療方針の決定および経過の報告
3 乳がんカンファレンス 乳がん 外科、消化器内科、放射線科、放射線治療科 ◎乳腺外科担当部長、
乳腺外科医、外科医、形成外科医、放射線診断医、放射線治療医、がん専門看護師、薬剤師、看護師、臨床腫瘍医、病理医、整形外科医、脳外科医
新規治療患者の治療方針の決定および経過の報告
4 下部消化管カンファレンス 大腸がん 外科、消化器内科、放射線科 ◎外科担当部長、
大腸外科担当部長、消化器内科部長、外科医、消化器内科医、放射線診断医、看護師、薬剤師
新規治療患者の治療方針の決定および経過の報告